探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

中途応募者を採用する「メリット」と「デメリット」

中途応募者を採用する「メリット」と「デメリット」

最近の求人を見ると「新卒よりも中途採用の枠が大きい」と感じたことがあるでしょう。

新卒と中途採用の人材にはそれぞれメリットとデメリットがあり、会社側はその結果中途採用希望者を積極的に取り入れているようです。

新卒と中途採用人材のメリットとデメリットを見て行きながら、その理由を探っていきましょう。

新卒の「メリット」と「デメリット」とは?

新卒の一番のメリットは、新しくフレッシュな人材だということです。
どの会社にも入ったことがない新卒人材は、
入った会社に染まりやすいとも言えます。

また、高学歴などの将来の出世コースの人材をゼロから育て上げるという面では、新卒人材は使いやすく欲しいと思ってもらえます。

しかし新卒は社会人経験がなく、会社での振舞いや立ち位置を理解するのが苦手で、手をかけてあげなければ伸びないというデメリットが企業側にはあるようです。

中途採用のメリット

新卒人材と比べて、中途採用人材はメリットが大きいと言われています。
ある程度の社会人経験を積み、社会的な常識を見につけてわきまえた上で、新しい会社に馴染んでくれるため、
ゼロから教える必要がありません。
そのため、
人件費が結果的に安くなるというデータもあります。

また、今まで働いてきた会社の特色などもとり入れることが出来るため、会社に良い意味で新しい風を吹き込んでくれる種となる場合が多いと言われています。

中途採用者はここが無くなればもう就職先がないと気合を入れて働く人も多いので、企業側はこぞって今、中途採用人材を集めているのです。

中途採用のデメリット

中途採用人材のデメリットは、前の会社を辞めたことにあります。
「何故辞めてしまったのか」を明確にしないと「ここでもすぐに辞めてしまうのでは?」「何か仕事上に問題があるのでは?」という疑念がつきまとうのがデメリットです。

過去の評価や仕事の仕方が分からないため、どの程度この人材に任せていいか会社側に迷いが生じる場合があります。

また、他の会社で何年も働いていると、最初の会社の色が抜けずに一人孤立してしまう中途採用人材も結構多いようです。

採用する企業側の立場からすれば、その人がどのような人か分かれば採用に踏み切ることができます。
採用したい人材がどのような人間か分からない時は、プロの力を借りてみるのもお勧めです。
探偵事務所に依頼し、その人の普段の生活や、前の会社との付き合いなどを調べることで、信用できるのかどうかを知ることもできるようになります。

新卒も中途にもメリットとデメリットはつきまといます。
会社の現状と将来像を見据えて、今どちらの人材が必要かをはっきりとさせることが第一歩ではないでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら