探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

字の書き方でその人の性格が分かる!

サムネイル

字の書き方でその人の性格が分かる!

人はそれぞれ色んなクセを持っていて、そのクセによってその人がどんな性格か分かることがあります。

その中でも、字の書き方はその人の性格や普段の行動が
よく表れる
と言われていて、筆記心理学というものが
あったり、筆跡鑑定が行われたりするほどです。
なぜ筆跡によって性格や行動が分かるのでしょうか?

今回は、文字の書き方で分かる性格についてお話します。

なぜ筆跡で性格がわかるのか?

文字を書くということはとても日常的なことです。

しかし、文字を書くときに「ここの線は長く書こう」、「文字は大きく書こう」と考える方は少ないはずです。

文字を書くときは、何を書くかは考えてもどのように書くかは考えません。

つまり、字にはその人の癖がそのまま表れていて、同時に深層心理が映し出されているといえます。
なので、字によってその人がどんな人物でどんな行動をとる人なのかが分かると言われています。

性格が出る!文字に現れるそれぞれの特徴

では、具体的にどのような文字で、どのような性格診断ができるのでしょうか?

・「口」という字の書き方で大体の性格が分かる
その人がどんな性格の持ち主か判断するためには、
「口」という字を書いてもらえば大まかな性格が
分かる
そうです。

口という字を書いたとき、きちんと四隅がくっついていて、角がしっかりと折れている人は几帳面でルールに忠実な真面目な人と判断できます。

四隅のうちどこか一か所開いている人はサバサバした考えの人、二か所開いている人はかなり融通がきくタイプです。

それから、口という字の右上の角が丸くなる人は容量が良くユーモアのあるタイプと言えます。

また、右上がりに書く人は積極的でエネルギーに満ち溢れた人、右下がりに書く人は独自性を好む評論家タイプの人が多いと言われています。

・字を大きく書く人はおおらかで大胆
文字の形だけでなく、大きさでもその人の人物像がわかります。

たとえば与えられたスペースからはみ出すくらい大き目の字を書く人は細かいことにこだわらない
タイプで、おおらかで大胆な性格をしている方が多いです。

逆にスペースがたくさんあるにも関わらず小さい文字を書く人は、消極的で気遣いのできるタイプ。
協調性も持っています。

・文字間の広さでも人物像が分かる
文章を書いたときの文字と文字の間の広さでもその人がどんな人間かわかると言われています。
文字間が広い人は一つ物事を達成すると一息入れてから次に進む落ち着いたタイプ、文字間が狭い人はせっかちな性格の方が多いそうです。

実際に自分で文字を照らし併せてみて、文字による性格診断を行ってみてください。
無意識に、自分の性格が文字に現れているかもしれません。
友人や家族と性格判断をしてみるも良いでしょう。

自分の性格や行動で直したいと思っていることがあるなら、字の書き方を意識して変えてみるのもいいかもしれません。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら