筆跡鑑定から分かる、書いた人の健康状態と異常

筆跡鑑定がもっとも使われる場面としては、遺言書などが本人によって書かれたものか判断するためでしょう。

また、文字にはその人の性格が現れると言われます。

ハネをしっかりする人は粘り強い、1を縦一直線に「│」とする人は素直といったような性格であると言われています。

テレビなどでやっているのを見かけて、試しに書いてみたことがある人も多いでしょう。

しかし、文字を見ることで性格や個性以外にも多くのことが分かるのです。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

筆跡鑑定から分かる、書いた人の健康状態と異常

文字が大きく乱れているのは高血圧のしるし?

血圧が上昇すると、手や指がふるえて文字に乱れが出てくることがあります。
不安を抱えた状態になると血圧が上昇しますが、不安な時にうまく文字が書けなくなってしまうのも血圧が関係してきています。

また、文字の大きさが一定ではなく小さかったり大きかったりするのも、血圧の高さから表れる筆跡の特徴といえます。

妊娠中の子供の性別も分かる?

妊娠72時間程度しか経っていなくても、筆跡で妊娠を見極めることができるという話もあります。

妊娠した女性が書く曲線には特徴があらわれ、妊娠後6週間ほどでその子が男の子なのか女の子なのかといったことも分かるようになってきます。

ただ統計的にそうであるというだけなので、男女の判別に関しては病院で確認するようにしてください。

統合失調症で筆跡が別人に!

統合失調症をわずらうと筆跡が別人のようになっていきます。

統合失調症は自分の言動が自分で振り返れない状態になり、妄想が進み普通の生活が困難になっていく病気です。

この病気になると、鬱病や多重人格なども引き起こし、症状が進むと筆跡が健康なときとまるで別人に変化してしまいます。

自閉症が筆跡鑑定で分かる?

自閉症は心の病気と思われている人も多いですが、実は運動機能障害が原因で症状が現れる病気でもあります。

脳と上肢の連携が上手く行かず文字が上手く書けない、あるいは書きたい単語がしっかり書けないなんていうことも起こってきます。

神経の伝達が上手く行かないために、「リンゴが食べたい」と書きたいのに、「リゴンが食べたい」と書いてしまったりしてしまうことも。

また、自閉症とアスペルガー症候群の人には共通して「字がうまく書けない」という特徴があります。
もちろん、ただ文字が下手なだけという場合もあるので他人の文字を見て勝手に決めつけてしまうのは早計です。

この他にも、筆跡鑑定はうつ病を前もってしる手立てになったり、アルツハイマーや、パーキンソン病を早めに見るける事ができるとも言われています。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page