探偵に名前だけで人探しを依頼できる?調査の流れと、依頼する際のコツを紹介します

「もう一度、あの人に会いたい」「トラブルの相手が行方不明になってしまった」など、人探しをしたい場合に、どうすれば良いのかお悩みではないでしょうか?探偵であれば、手がかりが名前だけしかない場合でも人を探すことができる場合もあります。今回は、「人探し」について詳しく紹介します。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

探偵は名前だけでも人探しは可能?

人探しは名前だけでも可能

探偵は、名前だけでも人探しが可能です。探偵事務所は、専門的な知識と技術を駆使して、名前やその他わずかな手がかりからでも人を見つけ出すことができます。SNSや公開データベース、さらには独自のネットワークを活用し、迅速かつ効率的に調査を進めます。行方不明者の捜索や恩人を探すなど、さまざまなケースに対応するため、まずは探偵事務所に相談してみることをお勧めします。

人探しの料金は?

探偵に人探しを依頼する場合、料金は調査の難易度と期間によって変わります。複雑な調査や長期間にわたる調査は、より高額になる傾向があります。例えば、対象者が国外にいる場合や、特定の場所を頻繁に移動する場合は、調査が難航するため、費用が高くなります。

調査員の人数

調査に必要な調査員の人数も料金に影響します。通常、1人の調査員で済む簡単な調査と、複数の調査員を配置する必要がある複雑な調査では、費用に大きな差があります。

地理的条件

調査が行われる地理的条件も料金に関係します。調査範囲が広い場合や、遠隔地での調査が必要な場合は、移動費や宿泊費などが追加されることがあります。

探偵事務所の料金設定

探偵事務所の料金設定は、成果報酬型と時間報酬型があります。成功報酬型は、調査が成功し、依頼者が求める結果が得られた場合にのみ、追加料金が発生する仕組みです。成果報酬の額は、事前に取り決められた成功基準に基づいて決まります。時間報酬型の場合は、調査に要する時間によって料金が決まります。

探偵に人探しを依頼するときに必要な情報

探偵に人探しを依頼する際のコツは、できるだけ多くの情報を提供することです。ホクロがある、顔に小さな傷があるなど些細な情報であっても、手がかりとなる可能性があります。可能な範囲で情報を集め、探偵に提供することで、かかる料金や時間を抑えることができます。

人探しに必要な情報

氏名

フルネームが分かる場合、調査の精度が向上します。ニックネームなども手がかりとなります。

生年月日

正確な年齢や誕生日を知ることで、他の同姓同名の人物と区別するのに役立ちます。

電話番号

過去に使用していた番号でも、重要な手がかりとなることがあります。

本人の写真

最近の写真があると、探し出す際に非常に有効です。全身や顔が正面から分かるものが理想です。

身体的な特徴

おおよその身長や体重、細身、肩幅が広いなどの骨格の特徴、ホクロの位置、目立つ傷やタトゥーなどは、個人を特定するための重要な情報です。

交友関係

友人や知人の情報は、所在を突き止めるための重要なネットワークとなります。

母校

過去の学歴も調査範囲に含まれ、旧友や同窓生への聞き込みが可能です。

SNSアカウント

SNS上の活動履歴や友人関係から、最新の情報を得ることができます。

実家の住所

実家の情報から家族に接触することで、行方を追う手がかりとなります。

勤務先

職場の情報は、その人物の現在の生活状況を把握する手がかりになります。

当時の状況

探している人と出会ったとき、交流があったときの状況も重要な手がかりとなります。

場所

どの場所で出会ったか、どこで交流があったかを知ることで、行動範囲を絞り込みやすくなります。

日時

正確な日時を知ることで、タイムラインを構築しやすくなります。

初めて会ったときの状況

どのような状況で知り合ったのかを知ることで、過去の行動パターンを分析しやすくなります。

話し方の特徴

話し方のクセ、方言やなまりなど、言葉の特徴も重要な手がかりです。

会話に含まれていた情報

趣味や仕事、家族や友人のことなど、会話で知り得た情報は、その人物の背景を把握するのに役立ちます。

当時の写真

写真からは外見だけでなく、撮影場所の手がかりも得られることがあります。

探している人が利用していたサイト

オンラインで出会った場合、使用していたサイトやアプリの情報も重要です。プロフィールや投稿写真などから手がかりを得ます。

自分で人探しの情報を集める

自分で人探しの情報を可能な限り集めてから、探偵に依頼することで、最終的にかかる料金を抑えられます。以下に、効果的な方法を紹介します。

1. SNSの活用

ソーシャルメディアは人探しに非常に有効です。Facebook、Instagram、X(Twitter)、TikTokなどで対象者の名前を検索し、プロフィールを見つけて連絡を取ることができます。共通の友人や知人を通じて情報を得ることも可能です。

2. インターネット検索

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って、対象者の名前を入力し、関連する情報を探します。過去の住所や勤務先、参加しているイベントなどの手がかりを得られます。

3. 電話帳やオンラインディレクトリ

オンラインの電話帳や人名検索サイトを活用して、対象者の連絡先情報を調べます。古い住所や電話番号が手がかりになることもあります。

4. 公的記録の確認

登記簿、官報情報などの公的記録を調べることで情報を得ることが可能です。ただし、これらの記録は個人情報保護の観点から、利用には一定の制限があります。

5. 地元のコミュニティや掲示板

対象者が住んでいた地域のコミュニティ掲示板や地元のSNSグループに参加し、情報を求める投稿をすることで、地域の人々から手がかりを得られる場合があります。

6. 知人や友人に聞く

共通の友人や知人に連絡を取り、対象者に関する情報を尋ねることも有効です。特に、昔の同級生や職場の同僚などが有力な情報源となることがあります。

人探しは、無理のない範囲で情報を集め、探偵に依頼する前に内容をまとめて置く事がポイントです。

探偵に人探しを依頼するよくあるケース

探偵に人探しを依頼するケースは多岐にわたります。プライベートシーンで会った人にもう一度会いたい場合、トラブルの解決のために人を探さなければならない場合などです。具体的なケースとその背景について詳しく説明します。

1. 家族や親族の行方不明

家族や親族が行方不明になると、精神的な不安や焦りが生じます。このような場合、警察に届け出ることが一般的ですが、探偵に依頼することでより迅速かつ個別の対応が可能です。探偵は、行方不明者の生活習慣や交友関係を徹底的に調査し、最新の情報を収集します。特に、成人した子供や高齢の親の行方がわからなくなったケースでは、専門的な知識と技術を駆使して、迅速な解決が期待できます。

2. 元恋人や旧友の捜索

過去に親しかった人々との再会を望む場合も、探偵の力が役立ちます。元恋人や旧友の捜索は、昔の思い出を再び蘇らせるために重要です。依頼者が持っている限られた情報からでも、探偵はSNSや公開データベース、さらに独自のネットワークを活用して、対象者の現在の所在を特定します。特に、氏名や過去の住所、勤務先などの情報があると、より精度の高い捜索が可能です。

3. ストーカー被害の解決

ストーカー被害に遭っている場合、その解決には専門的な知識が必要です。探偵は、被害者の安全を最優先に考え、証拠収集や加害者の特定を行います。さらに、警察との連携を図りながら、被害者が安心して生活できる環境を整えるサポートも提供します。依頼者が提供する情報(加害者の氏名や住所、行動パターンなど)をもとに、徹底的な調査を行います。

4. 浮気調査

配偶者やパートナーの浮気が疑われる場合、探偵に依頼することで真実を明らかにすることができます。探偵は、尾行や監視を通じて証拠を収集し、依頼者に詳細な報告を行います。このような調査は、離婚や法的手続きを進める際にも有効な証拠として利用することも可能です。依頼者が提供する携帯電話番号やSNSのアカウント情報は、調査を効率的に進めるために重要な手がかりとなります。

5. 子供のいじめ調査

子供がいじめに遭っている可能性がある場合、探偵に依頼することで事実を明らかにすることができます。学校や友人関係の調査を通じて、いじめの実態を把握し、適切な対策を講じるための情報を提供します。親が提供する情報(学校名やクラスメートの名前など)をもとに、詳細な調査が行われます。

探偵の人探しの流れ

探偵に人探しを依頼する場合、以下のステップを踏むことでスムーズに進行することができます。

1. 初回相談

最初のステップは、探偵事務所に連絡して初回相談を行うことです。多くの探偵事務所では初回相談が無料で提供されており、電話やメール、面談での相談が可能です。この段階では、依頼内容や調査の目的について詳しく説明します。

2. 依頼内容の確認と見積もり

初回相談の後、探偵は依頼内容を基に調査の計画を立て、見積もりを提示します。この見積もりには、調査にかかる費用や期間が含まれます。依頼者は提示された見積もりを確認し、納得した上で契約を進めます。

3. 契約の締結

見積もりに納得したら、正式に契約を締結します。契約書には、調査の詳細、費用、期間、守秘義務に関する事項が記載されています。契約を結ぶことで、探偵事務所は調査を正式に開始する準備が整います。

4. 調査開始

契約が締結された後、探偵は調査を開始します。この段階では、依頼者から提供された情報を基に、対象者の行動や居場所を特定するための調査が行われます。調査中も、必要に応じて進捗報告が行われることがあります。

5. 追加情報の提供

調査が進む中で、新たな情報が必要になる場合、依頼者に追加情報の提供を依頼することがあります。

6. 調査結果の報告

調査が完了したら、探偵は依頼者に対して調査結果を報告します。報告書には、調査の経過や結果、収集された証拠などが詳細に記載されます。必要に応じて、報告書をもとに追加のアドバイスやサポートも提供されます。

7. 事後対応

調査結果を受け取った後、依頼者はその情報をもとに次のステップを決定します。例えば、法的手続きを進める場合や、失踪者との再会を目指す場合などです。探偵事務所は、依頼者が適切な行動を取れるようにアドバイスを提供することもあります。

探偵に人探しを名前だけで依頼する注意点

探偵事務所は、依頼者のさまざまな問題を解決するために尽力しますが、法令遵守と倫理的な観点から、以下のようなケースでは人探しの依頼を受けることができません。

1. 法律に違反する調査

探偵は、法律を遵守して業務を行う義務があります。違法な手段や手続きでの調査は、一切受け付けられません。例えば、無断で他人の住居に侵入する、盗聴・盗撮するなどの違法行為は行いません。

2. ストーカー行為の助長

対象者を不当に追跡し、ストーカー行為を助長するような依頼は受け付けません。これは、探偵が倫理的に正しい行動を取るべきであり、依頼者の意図がストーカー行為に該当する場合、依頼を断ることになります。

3. 差別や偏見に基づく調査

人種、宗教、性別、性的指向、国籍などに基づく差別や偏見を助長するような調査は受け付けられません。これには、特定のグループや個人に対して不当な扱いをするための情報収集が含まれます。

4. プライバシーの侵害

個人のプライバシーを侵害する恐れがある調査も受け付けられません。これは、対象者の許可なく個人情報を収集し、公開するような調査が該当します。例えば、個人の医療情報や金融情報を不当に取得することは許されません。

5. 不正な目的のための調査

不正な目的、例えば詐欺や脅迫、恐喝などに利用される可能性がある調査は受け付けられません。

6. 犯罪に関連する調査

犯罪行為に関連する調査も受け付けられません。これは、犯罪の幇助や隠蔽を目的とした調査が含まれます。

7. 調査の安全が確保できない場合

調査員の安全が確保できない状況での依頼も受け付けられません。これは、戦闘地域や極度に危険な場所での調査、または暴力団などの危険な組織に関連する調査が含まれます。

人探しは「PIO探偵興信所」へ

名前だけの人探しは、PIO探偵興信所がおすすめです。在籍する探偵は、長年の経験と実績を持つベテランです。さまざまなケースに対応する知識とスキルで課題の解決へと取り組みます。

PIO探偵興信所は、法的および倫理的な基準を遵守しながら業務を遂行し、依頼者が抱える問題を正当な方法で解決するためのパートナーとして、信頼される存在であることを目指しています。

人探しでお困りの際は、PIO探偵興信所へお気軽にお問合せください。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 調査員 Y.K

調査歴10年。
年間200件以上もの調査を行う。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page