探偵は人探しをどうやって調査しているのか?名前だけしか分からない相手は見つかる?料金の目安もご紹介

人探しをしたい時、頼りになるのが探偵です。ただ探偵は身近な存在ではないので、人探しを依頼する場合、分からないことも多く不安を感じる人も多いでしょう。

人探し調査には「家族がいなくなった」「本当の親に会ってみたい」「友人や恋人が行方不明になった」など、さまざまな依頼が舞い込みます。

今回の記事は探偵が人探しでどのような調査方法をしているのか、名前しかわらない相手は見つかるのか、料金はどのぐらい必要なのかを解説していきます。疑問を解決して、探偵への依頼を検討していきましょう。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

探偵の人探しの調査方法

まずは、探偵の人探しの代表的な調査方法を解説していきます。調査方法を知った上で依頼すると、探偵への依頼の心理的ハードルも下がるのではないでしょうか。

聞き込みや張り込み

聞き込みや張り込みは、探偵が行う調査方法の代表例です。人探しの場合は、ある程度対象者の情報が手に入った時に行われます。対象者にバレないように、探偵が培ったノウハウと技術力を活かして聞き込みや張り込みすることが多いです。

調査対象者の交友関係を洗い出し、友人などから調査対象者がよく行く場所や、よく会っている人などの情報を聞き出します。また、目撃証言をもとに調査対象者が出没しそうな場所で張り込みを行うこともあります。

そして、調査対象者を見つけ次第尾行し、居場所を突き止めます。時間や体力、根気が必要な調査で、一般の方には難しい調査といえるでしょう。

SNSやネットの情報調査

パソコンの使用履歴から、行方が分からなくなった理由や事件性などの詳細を割り出せる可能性があります。最近はLINEやFacebook、Twitter、InstagraなどのSNSを利用している方が多く、調査対象者の友人関係がすぐに分かるので、人探し調査において有効な手段となります。

SNSやネットの情報調査は、情報が少ない時に行われることが多い調査方法です。最近はLINEやTwitterなどのSNSを利用している方が多く、調査対象者の友人関係がすぐに分かるので、人探し調査において有効な手段となります。

人探し対象者のSNSアカウントを探し出し、アップされた写真から現在の居住地域やよく行く場所を割り出すことがあります。対象者本人がSNSをしていなくても、友人の写真にたまたま写っていたり、つぶやきで話題にされていたことをきっかけに探し出せるケースもあります。SNSが発展した現代らしい調査方法です。

チラシやポスターを配布

皆さんが持つ探偵のイメージとは違うかもしれませんが、調査対象者の情報を載せたチラシやポスターの配布を行うこともあります。主に情報提供が期待できそうな場所で配布を行い、目撃情報が来るのを待ちます。

ほかにもポスターをデータ加工してSNSにアップして反応を待つなど、SNSを利用した調査方法もあります。

独自の情報ソース

探偵社によっては、独自の情報ルートや有料の会員制データベースを活用して調査することがあります。探偵は断片的なデータを組み合わせて、対象者を見つける推察力を持ち合わせていることが多いです。個人では見つからなくても、探偵のノウハウや情報ソース使えば見つかる可能性が高まるでしょう。

探偵に人探し調査を依頼するときはどういう時?

そもそも、探偵に人探し調査を依頼するのはどういうときなのでしょうか。警察に依頼した方がいつでも捜索願を受け付けてくれますし、一般的には探偵よりも信頼感がありますよね。

ここからは、探偵に人探し調査を依頼するのはどういうときなのかを解説していきます。

警察が動いてくれなかった

警察は随時、捜索願を受け付けており、誰でも気軽に捜索願を提出できます。しかし警察は、捜索願の出ている人全てを積極的に捜索してくれるわけではありません。

警察は、捜索願が出ている人を下記の2つのカテゴリに分類しています。

  • 一般家出人
  • 特異行方不明者

一般家出人に分類される方は、自分の意志で家を出たとされる成人以上の方が分類されています。

一方、特異行方不明者とは、小学生などの子どもや認知症の高齢者など、1人での生活が難しい方や、誘拐などの事件性がある方が分類されています。

捜索願を出しても、捜索してほしい方が一般家出人に分類されてしまったら、警察はなかなか動いてくれません。このような場合には、すぐに探偵に調査を依頼するようにしましょう。

最後の砦になるのが「探偵」

「警察に依頼したけど捜査してくれない」「自力で探そうにも難しい」このような時に、最後の砦となるのが探偵です。

探偵の人探し調査は、警察の捜査とは違って費用がかかりますし調査規模も小さいです。ですが、警察では捜査してくれない案件を探偵が代わりに調査してくれるので、困ったときの助け舟となるでしょう。

住所調査・身元調査と平行して依頼することも可

人探しは、ストーカーをはじめとする違法行為を行いたいというものでなければ、概ね希望に沿った形で対応できます。ご要望で多く、対応ができることが多い例をまとめてみました。

  • 単に元気かどうかを知りたい
  • 伝言や手紙を渡してほしい
  • 連絡先を知りたい
  • 内容証明郵便を送りたいので住所を知りたい

正確な住所を知りたいという依頼は、住所調査や身元調査依頼に該当します。人探しに加え、住所調査や身元調査と同時に受けることも可能です。まずは探偵に相談してください。

人探しに関するよくある質問

ここからは、人探し調査に関するよくある質問を解説していきます。

探偵の人探し調査は絶対成功する?

正直に言うと、探偵の人探し調査は絶対成功するとは言い切れません。依頼者がどれだけ調査対象者の情報を提供できるかや、行方が分からなくなってどれぐらい経つのかでも調査の成功率は大きく左右されます。

スピードが重要になってくるので、行方が分からなくなったら、なるべくすぐに依頼をするようにしましょう。仮に「絶対に見つけます」と謳っている探偵事務所があれば、誇大広告の可能性があるので注意が必要です。

調査したい人の名前が分からない

探偵は調査したい人の名前が分からない場合でも、捜索を依頼できます。

しかし、調査対象者の情報があまりに少ないと、見つけることが出来ない可能性もありますのでご了承ください。なるべく詳細に情報を提供することで、調査を成功させる可能性が上がります。

調査したい人の名前だけしか分からない

名前だけしか分からない初恋の人を探してほしい今は連絡の取れない恩人を見つけ出してほしいという人は少なくありません。名前以外は分からない状態で探偵に依頼できるか、不安に感じる人も多いでしょう。探偵に依頼できるのか、解説していきます。

結論からいうと、不可能ではありません。探偵に相談してください。名前だけでも、その他の情報と結び付けて見つけ出せるケースがあります。例えば名前から聞き込みを開始し、通っていた学校、勤務先、現在の住まいと調査を進めることができた事例も少なくありません。

名前だけで調査することもできますが、他にも対象者の情報があれば些細な情報でもいいので伝えてください。例えばどこでその人と会ったのか、性別や年恰好などがあれば、調査の難易度も変わってきます。ネットで知り合った人であっても、どのサイトで交流があったのか分かるだけでも手掛かりになります。探し人につながる可能性のある情報は、探偵に伝えておきましょう。

探偵に人探しを依頼する料金の目安は?

探偵に依頼する際、気になるのが料金です。ここでは一般的な料金の目安をご紹介していきます。

人探しの費用は難易度や探偵社によって異なる

人探しの相場は、5万円から40万円ほどと幅が広いです。幅が広い理由は、調査の難易度や探偵事務所の料金体系に違いがあるからです。例えば名前だけしか分からない調査と名前に加えて以前の勤務先や住まいが分かる調査では、調査にかかる手間や費用が全く違います。その結果が料金に反映するので、料金に幅が出ます。

人探しにかかる費用がさらに高額になるケース

人探しにかかる費用は、下記のようなケースに当てはまると高額になることがあります。

  • 調査するエリアが広範囲にわたる。
  • 調査対象者に関する事前情報が少ない。
  • 依頼者と調査対象者との関係性が薄い。

これら3つのケースは、調査対象者について事前に分かる情報が少ないことが原因で起こります。そのため、調査に導入する調査員の数や調査時間が増えてしまい、人探しにかかる費用も高額になってしまうのです。

調査費用をなるべく安く抑えるには

人探しにかかる調査費用を抑えるには、下記のことを意識してみるのがオススメです。

  • 調査対象者の情報を、興信所に事細かく提供する。
  • 調査対象者の居場所をある程度把握し、調査エリアを限定する。

人探しにかかる費用は調査難易度によって変わるため、調査対象者について知っている情報をなるべく興信所に伝えましょう。

容姿や交友関係、最後に連絡を取った日など、調査対象者に関する情報なら何でも大丈夫です。依頼前にある程度調査対象者の居場所が分かっている場合なら、興信所に調査エリアを限定してもらっても良いでしょう。

また、同じ難易度でも料金を安くしたいなら、なるべくリーズブルな探偵社を選ぶことも大切です。例えば探偵興信所PIOでは、所在調査(調査料)¥40,000~(税別表記)とリーズブルでわかりやすい価格で利用可能です。

探偵に人探しの依頼をしてみよう

探偵は、培ったノウハウや情報網を活用して人探しをします。名前だけしか分からない場合も、まずはご相談ください。調査の結果、見つかる可能性もあります。

料金について不安がある方は、まず無料の見積もり相談を利用してみてください。探偵興信所PIOは無料で見積もりの相談を実施しています。まずは電話かメールで、気軽に問い合わせください、

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page