探偵の素行調査の範囲は広い!こんなことにも「素行」の問題点が・・・

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国20都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

素行調査といっても幅広い「素行」がある

探偵事務所や興信所で行われている「素行調査」についてどのようなイメージを持たれていますでしょうか?実は様々な事例に対して素行調査は行われています。一般の方がイメージしている以上に素行調査の需要は増加傾向中です。需要が増加するにつれ、素行調査の事例の範囲もどんどん広がってきています。今回はどんな「素行調査」があるのか事例も踏まえましてご紹介していきましょう。こういう調査にも素行調査が当てはまるのかというものもあるかもしれません。

探偵が行う素行調査でわかる情報

そもそも素行調査すると、どのような情報がわかるのでしょうか?素行調査の方法や対象となるものも、あわせて紹介いたします。

素行調査の方法

探偵が素行調査で行うことは大きく二つ。

一つ目は尾行・張り込みです。尾行・張り込みでは調査対象者を追跡して、いつ・どこからどこへ移動した、あるいはいつ・どこで・誰と・何をした、のような行動履歴を調査します。これらをすることにより、調査対象者の行動パターンや現在おかれている状況がわかり、より証拠に近づきやすくなるのです。また、場合によっては尾行や張り込みだけでなく、聞き込みする場合もあります。そのようにして、さまざまな「可能性」が事実なのか、そうでないのか確認するのです。

最終的な目的は確固たる証拠を探し出して、事実を特定すること。そのため、調査のために必要な時間(期間)だけ調査対象者を監視するのです。調査に必要な期間は数時間から1日で終わることもあれば、数か月から半年以上にわたることもあります。もちろん調査が長くなればなるほど、調査費用も高くなる傾向にあります。

調査後には、「確固たる証拠」として写真や音声、あるいは動画を用いて報告書を作成してくれます。その報告書にはきっと、あなたが知りたくてもなかなかわからなかった事実が記載されていることでしょう。

素行調査の対象となるもの

素行調査はさまざまな場面で行います。そして、依頼主の属性もさまざまです。表1に依頼主と調査内容の例を示します。

表1.素行調査の依頼主と調査内容

No.依頼主調査内容
1夫・妻・恋人浮気調査
2婚約者・恋人家族構成や学歴・職歴、犯罪歴などの素性確認
3採用担当者採用予定者学歴や犯罪歴など、履歴書の記載事項との相違の確認
4家族行方不明者の調査
5法人取引先企業の信用調査(反社会的勢力でないことの調査)
6住民近隣トラブルの被害調査・トラブルをかかえる相手の素性調査
7家族いじめやストーカーなどの調査
8家族遠方に住む子や親の生活実態調査
9人事担当者従業員の問題行動(業務怠慢、情報漏洩、横領など)
10大家入居予定者の素性調査

このように素行調査はさまざまな場面で、さまざまな依頼主からの依頼により行われます。素行調査とは、一部の特殊な事情をかかえる人が依頼するもの、というイメージがあるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

反対に考えると、世の中には相手のことを知りたくても、それが叶わないと思っている人(依頼主)が多いということでしょう。

人の素性は極論をいうと、本人にしかわかりません。しかし、本人に質問してもすべてを話してくれるとは限りません。仮にすべてを話してくれたとしても、本人以外の人間がそれを確認する術がありません。

探偵も調査対象者のすべてを知ることはできませんが、少なくとも依頼主の目的を達成できる情報や証拠を掴むことはできるのです。

素行調査でわかる情報

それでは素行調査すると、どのような情報がわかるのでしょうか?

たとえば浮気調査の場合、パートナーが浮気していることはもちろんのこと、会った場所や時間、行った行為など依頼主が思わず目を覆いたくなるような赤裸々な情報がわかります。場合によっては、浮気相手の素性(勤務先、仕事内容、家族関係、友人関係、住所など)もわかります。

遠方で暮らす家族の様子を調査する場合も、家を出た時間、言った場所、行った内容、会った人、ふたたび家に帰った時間など、あたかも現地で生活の様子を見ているかのような、詳細な情報がわかるのです。

採用予定者の素性調査では通っている大学、働いているアルバイト先、問題行動の有無などもわかるでしょう。近年では本人のSNSを調査することもあります。学生の中にはSNSが一般的に公開されているにもかかわらず、自分の品位を落とすような文章や写真を投稿する人もいます。このような情報も調査して履歴書の内容に嘘偽りがないか確認するのです。

探偵に素行調査を依頼するメリット

わざわざお金を払って探偵に素行調査を依頼するメリットは何なのでしょうか?

調査対象者の本当の姿がわかる

素行調査(身辺調査)をすると調査対象者の本当の姿がわかります。素行調査は調査対象者に気付かれずにするのが鉄則。そのため、調査対象者は自分が監視されているとは思わないため、普段通りの生活を送るのです。会社をサボる人は普段通りサボり、ストーカー行為をする人は普段通りストーカー行為をし、風俗店やホストクラブで働く人は普段通りそのお店で働くでしょう。

調査の時間的な負担や精神的な負担が少ない

素行調査には準備なども含めると膨大な時間がかかります。また、仮に依頼主本人が行うと私情を挟むため、精神的な負担が大きいもの。しかし、探偵に頼むと経済的負担だけで詳細な調査を行ってくれるのです。

探偵による素行調査の費用は、場合によっては高額になる場合もあるでしょう(割安・割高という考え方ではなく単純に高額)。しかし、探偵が調査しているあいだ、あなたは自分の仕事に集中できます。自分の仕事をして探偵の調査費用以上のお金を稼げばよいのです。

裁判時に客観的かつ有力な証拠となる

素行調査の結果を裁判で使用するとします。裁判では客観的な証拠が求められます。探偵のやり方で行った調査なら客観的な情報だと判断されるでしょう。しかも、探偵は素行調査のプロ。依頼主が自ら行う調査より有力、かつ確固たる証拠を掴んでくれるでしょう。そして、調査対象者にバレる心配もありません。

意外な素行調査の実例を紹介

意外な素行調査の例としては、「同僚」や「友人」に対して行われることもある点でしょう。相手の否を見つけるだけでなく、調査対象の人物を守るためにも素行調査はメリットのある調査です。どんな素行調査があるのかご紹介していきます。

同僚の素行調査

実は、職場の同僚への調査というのも素行調査の中に入っています。どのような理由で職場の同僚に対して素行調査をしている実状があるのかご紹介していきましょう。

同僚の横領

職場内の収支が合わないことはたまにあり、1円の差の原因を調べるために残業させられたという経験がある方も多いのではないでしょうか。大体の場合は勘違いだったり、計算ミスだったりといった人為的ミスが原因のことが多いでしょう。ですが、気づかないうちに同僚によって横領されていたというケースもありました。お金の動きが一人に掌握されている場合には要注意。真面目な人もお金で変わってしまうことはあります。金銭面での社内トラブルが頻発する場合には、同僚を疑うことも考えるべきです。直接調べるとなると様々な困難もあるため、探偵事務所や興信所に素行調査という形でのご依頼が増えています。

同僚のサボり

書類上は営業先にしっかり行っているはずなのに成績が微妙だという同僚もいるのではないでしょうか。一人の成績によってあなたの給料やボーナスにも影響があるため、なんとかカバーできないか、アドバイスできないかと思っている人も多いはずです。ですが、営業に行くフリをしてカフェや漫画喫茶、パチンコなどで時間を潰しているという人間もいます。真面目に働いている社員に不利益がでないよう、同僚のサボりチェックのために素行調査を依頼されるケースも増加中です。

同僚の社内クーデター

素行調査をした結果、同僚が社内クーデターを起こそうと結託していたということもありました。あなた自身の社会的地位や収入を守るためにも社内クーデターの動きをしっかりと把握することで、どちらにつけばいいのかを決めることもできます。自分の将来を守るためにも、社内の不審な動きに対して素行調査していくという方もいらっしゃいました。

同僚が社内スパイだった

同僚が社内スパイだったということが素行を調べていく上で分かったこともありました。自分たちが汗水垂らしてやっとのことで見つけたノウハウや営業先について、苦労もせず盗まれてしまったら大損害です。デジタル管理が多くなり、重要情報の持ち出しも容易になってしまっています。あなた自身や組織を守るという観点から社内スパイの炙り出しも重要でしょう。素行調査によって社内スパイ対策をするという企業も多くなっています。

友人の素行調査

ご友人の素行調査をするという方も多くいます。一生の付き合いになる友人ですから、やましい点があったら、信用できないですよね。中には友人という関係につけこんでくる様々な犯罪もあります。自分を守るだけでなく、生涯の友人を守るためにも素行調査は今、注目されてきているのも現実です。ここでは「友人」に対して行われた素行調査の例についてご紹介していきます。

友人だと思っていたのに実は自分相手に詐欺を企てていた

長年の良好な友人関係をずっと維持していたいと思うのは、人として当然でしょう。しかし、その気持ちを逆手にとって、友人相手に詐欺を企てる者もいるのが現実です。例えば、友達に誘われて行った麻雀教室が、実はねずみ講や悪徳商法の説明会だったという事例もありました。もちろん、そんな詐欺には乗らなかったのですが、この体験を機会に友人に不信感を持ち「素行調査」したところ、詐欺グループの一味だったことが分かったということもあります。

教会の日曜礼拝に誘われてついて行ったら信仰カルト宗教の集まりだった

信仰の自由が日本国憲法でも保障されていますが、中には信者を食い物にしているカルト宗教もあり、公安によって厳重に調べられています。友人に日曜礼拝に誘われてついて行ったら、正体不明の宗教団体で、怪しい数珠や経典を買わされそうになったという方からのご依頼もありました。もちろん友人を素行調査したところ、そのカルト集団の信者で、落胆した依頼主の表情がとても印象に残っています。その後、友人を脱退させるべく、カルト集団の調査をして、友人の家族を巻き込んで脱退させたというケースも事例としてありました。

いきなり派手になって金遣いが荒くなった友人が反社会的勢力だった

友人とは夜の水商売のお店で仲良くなり、親交を深めて行ったようです。友人になった最初は普通のいい人だと思いました。ですが、だんだんと付き合っていくうちに、外見も派手になり、金遣いも荒くなり、しまいには違法賭博の店に連れていかれます。その友人と縁を切ろうと思ったのですが、どんな素性の人間か分からず不安になり、素行調査の依頼を探偵事務所にしたとのことです。もちろん、その友人は反社会的勢力の人間であったため、すぐに縁を切ったという事例でした。

幅広い素行を調査できる素行調査のまとめ

一言で「素行調査」といっても幅広い内容の調査が行われています。もしかしたら、あなたが今直面している問題や不安は素行調査を行うことで解決できるかもしれません。なにかしら解決方法に困った際は、探偵事務所が行っている素行調査によって解決を図るという選択肢も考えていける時代になったのではないでしょうか。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 調査員 Y.K

調査歴10年。
年間200件以上もの調査を行う。

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page