探偵も調査に失敗する?失敗しない探偵の選び方、成功させるコツをご紹介します

探偵事務所の浮気調査は、いくつかの理由で失敗することがあります。調査に失敗すると費用が無駄になってしまうため、失敗する原因は排除しておくことがおすすめです。今回は、探偵事務所が調査に失敗するケースについてご紹介します。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

目次

探偵でも調査に失敗する?

探偵でも、浮気調査に失敗することがあります。探偵事務所はプロフェッショナルな調査技術を持っていますが、すべての調査が必ずしも成功するとは限りません。調査が失敗するケースには、以下のような理由が考えられます。

1. 情報の不足

依頼者から提供された情報が不十分な場合、調査が難航することがあります。例えば、対象者の名前や住所、勤務先などの基本情報が欠けていると、手がかりが少なく、調査が行き詰まることがあります。

2. 対象者の警戒心

調査対象者が調査されていることに気づくと、警戒心を強めて行動を隠す場合があります。このような状況では、尾行や監視が困難になり、調査が失敗することがあります。

3. 法的制約

法律に基づく制約がある場合、調査が進められないことがあります。例えば、個人情報保護法やプライバシー保護に関する法令を遵守しなければならず、違法な手段での情報収集はできません。

4. 地理的な制約

調査対象が海外にいる場合や、非常に広範囲にわたる地域での調査が必要な場合、地理的な制約が調査の成功を妨げることがあります。移動距離やアクセスの困難さが調査の進行に影響を与えます。

5. 対象者の意図的な逃避

対象者が意図的に行方をくらませている場合、調査が困難になることがあります。

6. 技術的な問題

使用する機材や技術にトラブルが発生する場合、調査が中断されることがあります。例えば、通信障害、通信機器のトラブルが発生すると、調査が遅延または中止されることがあります。

7. 外部要因

天候や交通状況、その他の外部要因が調査に影響を与えることがあります。悪天候による移動の制約や交通渋滞による時間のロスなどが調査の進行を妨げることがあります。

8. 調査期間の制約

依頼者が希望する調査期間が短い場合、十分な情報収集ができず、調査が失敗することがあります。特に、短期間で結果を求められる場合、時間的な制約が調査の成功を妨げる要因となります。

探偵が調査に失敗してしまう原因

調査は、直接的な原因で失敗するケースもあります。

調査の対象者に尾行や聞き込みがバレる

対象者に、探偵の尾行や聞き込みが発覚すると、対象者は警戒心を強め、行動を隠すようになります。このような状況では、正確な情報収集が困難となり、調査が失敗することがあります。対象者が調査を意識することで、探偵の活動が無駄になる可能性が高まります。

依頼者が調査していることを伝えてしまう

依頼者自身が口論になった際などに、調査の事実を対象者に伝えてしまうと、調査が失敗するリスクが高まります。例えば、調査の進行状況や意図を漏らすことで、対象者が対策を講じる可能性があるためです。調査を知った対象者は警戒心を持ち、探偵の調査が難航することになります。

また、浮気調査が調査相手に分かってしまうと、離婚裁判などで不利になる場合もあります。調査が精神的な苦痛となり、浮気や離婚に至った理由として挙げられるケースもあるため、慎重な行動が必要です。

調査結果を裁判で証拠として使用できない

探偵が収集した調査結果が、法的に有効な証拠として認められない場合、調査の目的が達成できないことがあります。例えば、違法な手段で取得された証拠や、証拠の信憑性が疑わしい場合は、裁判で証拠として採用されない可能性があります。このようなケースでは、依頼者が求める結果が得られず、調査が失敗と見なされます。

依頼者が悪徳業者に依頼する

探偵業界には、悪徳業者が存在することがあります。依頼者が信頼できない業者に依頼してしまうと、調査が適切に行われず、結果が出ないことがあります。悪徳業者は、依頼者から料金を騙し取るだけでなく、裁判で使用できない適当な調査報告を提供することもあります。

探偵が調査に失敗したら返金はしてくれるか

探偵に依頼した調査が失敗した際に、料金が返金されるかどうかは、探偵事務所の方針や契約内容によります。以下に、返金に関する一般的な状況を説明します。

返金されるケース

探偵事務所が成功報酬型の契約の場合は、調査が成功した場合にのみ報酬が支払われるため、失敗した場合は着手金や手数料、経費などを差し引いた金額を返金することが一般的です。失敗とされる定義は、調査結果が依頼者の期待に添わなかった場合や、特定の成果が得られなかった場合などです。

一部返金されるケース

時間報酬型の探偵事務所の場合は、契約期間内に調査が完了しない場合や失敗した場合に、残り時間に応じて返金が行われることがあります。未使用の調査時間に対して返金されますが、どの程度返金されるのかは、契約内容によります。

返金されないケース

結果にかかわらず返金されない探偵事務所も多くあります。これは、探偵事務所が調査に費やした時間やリソースが報酬に含まれているためです。調査の結果に関わらず、調査員の労力や費用はかかるため、契約内容で定められている場合、失敗しても返金が行われない場合があります。

探偵が調査に失敗しないための依頼のポイント

探偵が調査を成功させるためには、以下のポイントに注意することが重要です。これらのポイントを押さえることで、調査の精度と成功率を高めることができます。

依頼者からの詳細な情報収集

依頼者からできるだけ多くの情報を収集することが成功の鍵です。名前、住所、電話番号、勤務先、写真などの基本情報に加え、趣味や行動パターンなどの詳細な情報も提供してもらうことで、調査の精度が向上します。

目的の共有

探偵事務所と依頼者の目的が一致していることが重要です。調査の目的が単なる事実確認に留まるのか、裁判での有効な証拠が必要なのか、などを共有します。

法律と倫理の遵守

法律と倫理を遵守することが不可欠です。違法な手段での情報収集や、プライバシーを侵害する行為は避けなければなりません。違法な手段で入手した情報は、裁判で証拠として使用することができません。合法な手段を用いて調査を進めることで、後々のトラブルを避けることができます。

対象者への注意深い接触

調査対象者に調査の存在を気づかれないようにすることが重要です。尾行や聞き込みの際には、慎重に行動し、対象者の警戒心を煽らないようにします。探偵業務には、プロフェッショナルな技術と経験が必要とされます。また、依頼者も日常生活のなかで、調査対象者から不審に思われる言動を避ける必要があります。

綿密な計画と準備

綿密な調査計画と準備を行うことで、予期せぬ事態に対応しやすくなります。事前に調査の目的や方法、タイムラインを明確にし、必要なリソースを確保することが大切です。調査対象者の行動予定などを、正確に探偵事務所と共有します。しかし、調査対象者の予定を何度も詳しく聞き出そうとする行動で、調査に気付かれる可能性もあるため注意が必要です。

定期的な報告とコミュニケーション

依頼者と探偵事務所は、定期的な報告とコミュニケーションを維持する必要があります。探偵事務所は、調査の進行状況を依頼者と共有することにより、依頼者の要望や懸念に迅速に対応することが可能になります。

迅速な対応と柔軟性

迅速な対応と柔軟性を持つことが、調査の成功に繋がります。状況が変わった場合には、迅速に対応し、必要に応じて調査方針を変更することで、確実な成果に近づきます。

信頼できるネットワークの構築

信頼できるネットワークの構築は、調査を円滑に進めるために重要です。警察や法律の専門家、技術専門家と探偵事務所が協力し、依頼者との良好な関係を築くことが、調査を成功に導きます。

調査を成功させるコツ

調査を成功させるコツは、正確な情報と目的を共有するためのコミュニケーションです。探偵に依頼する場合は、要望を明確な言葉にして伝え、納得できる成果を手に入れましょう。

探偵調査の依頼を失敗しないために避けるべき行動

探偵調査の依頼を成功させるためには、依頼者として適切な行動を取ることが重要です。以下に、依頼者が避けるべき行動をまとめました。

不正確な情報を提供する

不正確な情報や不完全な情報を提供することは、調査の成功を妨げる大きな要因となります。対象者の名前や住所、連絡先など、可能な限り正確で詳細な情報を提供することが重要です。

調査を急かす

過度に急かすことは、調査の質を低下させる原因となります。調査には時間がかかる場合があり、探偵が慎重に調査を進めるためには一定の時間が必要です。急かすことで、調査が不十分になる可能性があります。

調査の事実を漏らす

調査の事実を対象者や第三者に漏らすことは絶対に避けるべきです。これにより、対象者が警戒心を持ち、調査が難航することになります。依頼内容は探偵と依頼者の間で秘密にしておくことが重要です。

調査方法に干渉する

探偵の調査方法に干渉することは避けるべきです。プロの探偵は、経験と知識に基づいて最適な方法を選択します。無断で特定の方法を要求すると、調査の効率が下がる可能性があります。

正確な情報提供

思い込みや曖昧な情報は、調査を混乱させます。知り得た情報を正確に提供することが重要です。

契約内容を十分に確認しない

契約内容を十分に確認しないことは、後々のトラブルを招く原因となります。料金体系、調査範囲、期間などの詳細をしっかりと理解し、納得の上で契約を結ぶことが重要です。

調査に過度の期待を持つ

調査結果に過度の期待を持つことも避けるべきです。探偵はできる限りの努力を尽くしますが、必ずしも期待通りの結果が得られるわけではありません。現実的な期待を持ち、柔軟に対応することが大切です。

コミュニケーションを怠る

探偵とのコミュニケーションを怠ることは、調査の成功に影響を与えます。定期的な報告や相談を通じて、進捗状況を確認し、必要に応じて新しい情報を提供することが重要です。

悪徳業者を避ける

探偵に調査を依頼する際に、もっとも重要なことは悪徳業者を避けることです。

探偵の悪徳業者とは?

探偵の悪徳業者は、依頼者を騙し、不正な手段で利益を得ようとする業者のことを指します。悪徳業者は、適切な調査をせずに高額な料金を請求したり、偽の調査結果を提供したりすることが一般的です。以下に、悪徳業者の特徴とそれを避ける方法を説明します。

悪徳業者の特徴

  1. 明確な契約書がない
    悪徳業者は、口頭での約束や曖昧な契約を好みます。これにより、後で高額な料金を請求する口実を作ることができます。
  2. 料金が異常に高いまたは安い
    正当な探偵事務所の料金と比べて、極端に高いか安い料金を提示してくる場合は注意が必要です。極端な料金設定は、依頼者を引きつけるための手口の場合があります。
  3. 成功を過剰に保証
    調査の成功を100%保証するような業者は、信頼性に欠ける場合があります。調査にはリスクが伴うため、過度な成功保証は現実的ではありません。
  4. 評判が悪い
    インターネットの口コミや評判が悪い業者は避けるべきです。過去の依頼者からの苦情や悪評が多い場合、その業者は信頼できない可能性があります。
  5. 調査方法が不透明
    具体的な調査方法やプロセスを説明しない業者は、信頼性に欠けます。調査内容が不透明な場合、適切な調査が行われていない可能性があります。

悪徳業者を避ける方法

  1. 契約内容を確認する
    明確な契約書を確認し、内容を十分に理解することが重要です。契約書には、料金体系、調査範囲、期間、返金ポリシーなどが詳細に記載されている必要があります。
  2. 調査方法を質問する
    具体的な調査方法やプロセスについて質問し、納得できる説明を求めます。透明性のある業者は、調査の詳細をしっかり説明してくれます。
  3. 成功保証に注意する
    成功を100%保証する業者には注意が必要です。調査にはリスクが伴うため、現実的な説明をしてくれる業者を選ぶことが重要です。
  4. 法律に準拠しているか確認する
    探偵業法に基づく届け出がされているかどうかを確認します。適切な登録や資格を持っている業者は、信頼性が高いといえます。

探偵のご依頼は「PIO探偵興信所」へ

PIO探偵興信所には、創業から51年間の信頼に支えられた実績と経験があります。ベテランの探偵が多数在籍しており、幅広いニーズにお応えすることが可能です。

また、「探偵業の業務の適正化に関する法律」を遵守した合法的な手段で、価値ある成果を目指して調査に取り組みます。ご依頼者様からご提供いただいた情報やご相談内容は、徹底した情報管理で守られているため、ご安心ください。
探偵による調査をご検討の場合は、信頼と実績を持つPIO探偵興信所にお問合せ下さい。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 調査員 Y.K

調査歴10年。
年間200件以上もの調査を行う。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page