離婚成立後に浮気が発覚した場合、慰謝料は請求できる?

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

離婚成立後に浮気が発覚した場合、慰謝料は請求できる?

夫婦関係が破たんし、離婚に至る理由は夫婦によってさまざまです。

どちらか一方が悪いときもありますし、性格の不一致などお互いに原因があるときもあるでしょう。


お互いに原因があるときは慰謝料なしで離婚することも多いかと思いますが、もし離婚が成立したあとに相手の浮気が発覚したとしたら悔しいですよね。

その場合、離婚後であっても慰謝料を請求することはできるのでしょうか? 気になるポイントをいくつか見ていきましょう!

離婚成立後でも慰謝料の請求は可能


相手が浮気していた事実があり、しっかりと証拠集めができていれば離婚成立後でも慰謝料の請求は可能です。

しかし、離婚成立後に慰謝料を請求したい場合には、いくつかの条件が発生します。
どんな条件が揃えば慰謝料が請求できるのか、ポイントをおさえておきましょう。

・離婚成立から3年未満である
離婚成立後も慰謝料は請求できますが、いつまでもできるわけではありません。
法律的には、離婚成立後3年以上が経つと慰謝料の請求はできなくなります。
3年というのは離婚が成立した日から数えます。

・浮気が原因で離婚に至ったことが証明できる
浮気を理由に慰謝料を請求する場合「相手の浮気が原因で精神的苦痛を受けたため離婚に至った」ということが証明できなければいけません。
性格の不一致などで離婚が成立してしまっていた場合、慰謝料の請求は難しくなるでしょう。

・離婚協議書に慰謝料を請求しないと書いていない
離婚をするときは離婚協議書を作成することになりますが、ここに「相手に対して慰謝料は請求しない」と書いていないことも、離婚成立後に慰謝料が請求できる条件になります。
離婚をしたときには「相手に慰謝料は請求しなくていい」と思っていたとしても、万が一のときのために慰謝料は請求しないと明記しないほうがいいでしょう。

これらの条件が揃っていれば、離婚成立後でも慰謝料を請求できる可能性が高くなります。
浮気していた疑いが少しでもあるのであれば、調査をしてみてもいいかもしれませんね。

離婚前に浮気などの事実がないか調査しよう

もし、性格の不一致など浮気以外の理由で離婚することになったとしたら、離婚する前に浮気などの事実がないか調査しておくことをオススメします。

離婚成立後でも慰謝料は請求できますが、浮気以外の理由で離婚してしまった場合慰謝料を請求できないこともあります。

また、離婚成立後に慰謝料を請求するとなると、連絡を取り直したり話し合いの場を設けなければならなかったりと面倒なことが長引くことになります。
離婚した元配偶者と揉めることになってしまうと、精神的にも肉体的にも大きな負担となることも。
そうならないためにも、離婚前に興信所や探偵に依頼して相手に不貞行為などがなかったかどうかをあらかじめ調べておくとスムーズです。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page