探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

法的に有効な浮気の証拠とは?自分で証拠を集める方法をご紹介

パートナーの浮気や不倫に気がつき、悔しい気持ちから問い詰めたくなる人もいるのではないでしょうか。しかし、証拠がないままに相手に詰め寄ってしまうと自分が不利な立場になる可能性が高いです。ここでは、パートナーの浮気が発覚した後、慰謝料請求したいと考える人に向けて、どのような証拠を集めるべきか解説していきます。

どんな慰謝料請求で認められやすいか

はじめに浮気の証拠として集めておくべきものをご紹介します。

最も有力な証拠は、肉体関係があることがわかる写真

パートナーの不倫が発覚し、慰謝料請求したいと思う方も少なくありません。その場合、必要な証拠を集める必要があります。証拠といえば、デートしている様子が伝わるメールや電話の履歴を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、それでは浮気していることを法的に認められない可能性が高いです。浮気の確固たる証拠として認められるのは、肉体関係があることを証明するものです。例えば、ホテルに出入りする写真や、その目撃情報を記載した探偵の報告書、性行為の場面を写した写真や動画などです。このような証拠があると非常に有利な立場になれるので、慰謝料を請求したい人は覚えておきましょう。

浮気や不倫の様子がわかるメッセージなど

メールやLINE、FacebookなどのSNSでのメッセージのやり取りは有力な証拠にはなりにくいですが、内容次第で強い証拠になります。浮気相手と宿泊を伴うデートに行った後のメッセージをチェックし、旅行に行ったことが分かる内容であれば、証拠として残しておきましょう。その際、デジタルデータは改ざんが疑われる可能性があるので、スクリーンショットではなく自分の携帯などで撮影した方が良いでしょう。配偶者のスマートフォン全体が分かるように撮影し、文字や日にちも写しておきましょう。

また、メッセージなどで浮気調査する場合、気をつけておかないといけないのは、プライバシーの侵害です。配偶者のスマートフォンを勝手にロック解除して盗み見する場合、プライバシーの侵害にあたります。しかし、不倫を暴くためにスマートフォンを見た場合は、違法性が認められるケースは少ないでしょう。ログインが必要なSNSを観覧する場合は、勝手にパスワードを入力すると不正アクセス禁止法につながる危険もあります。自宅の共有のパソコンで自動ログインされている場合は、これに当たらない可能性が高いですが、いずれも自分が不利な状況にならないように注意して行動しましょう。

パートナーが浮気を認めた音声データ

パートナーが浮気したことを自白した音声データは、有効な証拠になります。ただし、強制的に自白させると、内容の信憑性がなくなるので証拠として認められない可能性が高いのでやめておきましょう。場合によっては、脅迫やプライバシーの侵害にあたるので、自分が不利になってしまいます。また、音声データのみでは、浮気の証拠としては不十分なことが多く、不貞行為が分かる写真などと一緒に残しておく必要があります。決定的な証拠がない段階で、パートナーに詰め寄ってしまうと警戒され、証拠を集めにくくなってしまいます。浮気を自白させたい場合は、証拠となる資料を集めたあと、一番最後にしておいた方が良いでしょう。

難易度別!浮気調査の手段

続いては、自分でできる浮気調査について難易度別にご紹介します。

カバンや財布

ほかの方法に比べて、難易度が低い浮気調査は、カバンや財布の中を見て浮気の証拠を集める方法です。見つかる可能性がある証拠は、下記の通りです。

・IC乗車券の履歴

・ホテルのポイントカード

・レシートや領収書

・クレジットカードの明細

ICカード乗車券には、電車の移動履歴が記録されています。券売機で確認できるほか、アプリやインターネット上でも観覧が可能です。パートナーが不審な行動をした場合、確認してみるとよいかもしれません。クレジットカードの明細やレシート、領収書には浮気相手と宿泊したホテルの明細や、プレゼントとして購入したものの内容が出てくる可能性もあるでしょう。

自宅のパソコンやスマートフォン

先ほど、パソコンやスマートフォンを見る際は、慎重に行う必要があると説明いたしましたが、共有のパソコンなどがある場合は、比較的簡単に調査が行えます。中でも、インターネットの検索履歴は簡単に観覧が可能です。検索エンジンのキーワードを入力するところにも、過去に検索したワードが残っている可能性があるので、チェックしてみましょう。調査の最後には自分の調査履歴を消すことも忘れずに。

決定的な写真を撮るには、尾行が有効

浮気による慰謝料を請求したい人が必ず手に入れておくべき証拠は、パートナーと浮気相手の間に肉体関係があったことが分かるものです。携帯やパソコンをチェックして、不貞関係であることが証明できる写真などが手に入らなかった場合、追跡調査という手もあります。追跡を開始する前にパートナーの行動をしっかりと把握し、いつ・どこで浮気相手と会うか事前に知っておきましょう。探偵が対象者を尾行する時は、気づかれないように複数人で交代しながら追跡を行います。街中の追跡は意外と難しく、一旦見失ってしまうと再度探すことが困難です。そのため、可能であれば友人などにお願いし、2人以上で追う方が良いでしょう。

浮気調査の心得とは

最後に、浮気調査する上で事前に知っておきたいことを3つご紹介します。

証拠を掴んでも問い詰めない

先ほどもお伝えした通り、浮気の証拠になるものを見つけてもすぐに聞き出すことはやめておきましょう。浮気について話し合う前に、今後の夫婦関係をどうしたいのか冷静になって決めておくことが大事です。そのためにもパートナーと浮気相手の間に肉体関係があることが分かる証拠を集めておき、言い逃れできないようにしておきましょう。その上で、証拠をもとに話し合いの場を設け、相手が今後どうしていきたいのか聞き出すことが大事です。夫婦関係を再構築できない場合は、慰謝料の請求、子どもの親権、財産の分与について決める必要があります。

途中でバレないように徹底的に調べる

浮気調査している際に、パートナーに気づかれてしまうと浮気の痕跡を消されてしまう可能性があります。浮気の強い証拠となる肉体関係が分かる証拠を集めるには、ホテルに出入りしている様子などを撮影する必要が出てきます。浮気相手とパートナーがいつ会うか分かっていれば、追跡できるかもしれませんが、そのような情報がない場合は、長時間の尾行などが必要になってきます。パートナーが尾行すると顔が知られているため気づかれる可能性も高まるので、細心の注意を払う必要があります。自分で尾行するのが不安な場合は、その部分だけ探偵に依頼することも可能です。浮気相手とのメッセージをチェックしておいて、いつ落ち合うかなどの情報を手に入れておけば、調査時間の短縮につながり、それだけ安価に調査してもらえるでしょう。

浮気調査のゴール設定を決めておく

浮気調査するとき、あらかじめ目標を設定しておくと、どのような行動を取ればよいか明確になるでしょう。浮気の有無を知りたいだけなら、探偵に依頼した場合でも、調査期間が短く済みます。反対に慰謝料を請求したい場合は、1つの証拠だけでなく、複数の証拠を集める必要があります。そうなると調査期間も長くなるので、自分がどうしたいかよく考えておきましょう。

追跡調査は探偵へご相談を

これまで、浮気の調査方法についてご紹介しました。その後の話し合いで自分が優位に立てるような強い証拠を集める場合、追跡などが必要になることがあります。自分で追跡調査もできますが、途中で気付かれてしまう可能性も否めません。自信のない方は一度、探偵事務所に相談してみても良いでしょう。

PIO興信所探偵社では、浮気調査に関する相談を無料で受け付けています。

これまで多様な相談を受けてきた専門家があなたの悩みを聞いてベストな方法をお伝えします。少しでも依頼したいと思ったら、ぜひお気軽に相談してみてくださいね。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら