探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵による人探しの料金相場は?調査方法と探偵社の選び方を紹介

探偵による人探しを頼むとき、気になるのが料金です。人探しの料金相場は幅広く5~100万円ほど。調査の難易度や調査期間によってはそれ以上になる可能性があります。

無事見つけ出せたとしても、依頼後にトラブルが発生することも。トラブルを回避するためにも信頼できる探偵社に依頼したいですね。

本記事では探偵による人探しの料金相場をケース別に紹介します。探偵の調査方法や上手な探偵社の選び方についても触れていくので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

探偵に人探しを依頼したときの料金相場

ひと口に人探しといってもさまざまなケースがあります。あなたが探したい人物の情報をどれくらい持っているかによって料金が変動します。

調査しやすい場合の料金相場は15~25万円ほど、難しい案件であれば40~80万円です。

人探しの料金形態は探偵社によってそれぞれ異なります。一般的には「基本料金+成功報酬」を支払いますが、調査料がプラスされることも。

手紙を渡すなどの代行サービスをオプション料金で受けている探偵社もあります。料金の内訳がどのようになるのか、依頼前に確認が必要です。

まずはケースによって変わる料金相場を見ていきましょう。

名前・住所がわかっているケース

探したい人物の名前や住所がわかっているなら、料金は5~12万円ほどです。調査期間は1週間~数か月ほどかかります。

初恋の人や学生時代の恩師に対して懐かしみ、会いたい気持ちから探偵への調査依頼をおこなうこともあるでしょう。

しかし、相手の所在を確認し悪質な行為をもくろむ人間が存在する世の中です。探偵も依頼に対して慎重になります。

暴力事件やストーカー被害など犯罪の引き金となる可能性もあるため、現在は個人情報の保護がかたくなに守られるご時世です。

探偵に依頼する際は、あなたが相手に対し悪意がないことを伝えるのも大切です。仮に嘘をついたとしても探偵は見破ります。調査が打ち切られるので、最初から嘘なく向き合いましょう。

名前だけわかっているケース 

探したい人物の名前がわかっているのであれば、料金は15~40万ほどです。調査期間は2週間~数か月ほど。同姓同名の別人に行きつくこともあります。

家族の浮気相手や家出した家族などを探したい場合は、写真や電話番号などの情報もあれば調査しやすくなります。

インターネットで知り合った人などは全国規模の調査です。偽名の可能性もあり調査期間が長引き料金がが高くなることも。

自分から失踪して身を隠している人物であれば調査の難易度も上がります。

名前も住所もわからないケース

まったく手がかりがないケースでも探偵による人探しの調査は可能ですが、料金や調査期間は千差万別です。

探偵は出会った日時や場所、会話の内容などからあなたが探している人物を調査します。依頼の際は相手のどんな小さな情報でも探偵に伝えましょう。情報が豊富であればそのぶん成功率が上がります。

名前も住所も不明の場合は、あなたが探したい人物と最後に別れてから探偵に依頼するまでの期間が大切です。

時間の経過はあなたの記憶を曖昧にします。期間が空くと相手が住んでいた街から引っ越す可能性も。なるべく早めに依頼することが探し人を見つけ出す、成功の秘訣です。

探偵による人探しの調査方法

個人情報保護法や探偵業法により、探偵は住民票や戸籍謄本を照会できません。これらのこれらの個人情報に関してアクセス可能なのは弁護士や同一世帯の家族、本人のみです。

探偵は独自の情報網やツール、スキルを駆使して人探しの調査に挑みます。

しかし調査が難しい場合もあり、探偵が案件を引き受けられないことも。また、探偵がおこなう人探しの調査は探偵業法に基づいたものです。

情報収集は人探しのかなめです。

実際に探偵がどうやって人探しをおこなうのか、調査方法について見ていきましょう。

対象者の私物やSNSを調査

探偵は探したい人物の持ち物から調査します。持ち物にはごみも含まれます。領収書や愛用品、かつて使用していた携帯電話、衣類、服用していた薬、古い年賀状なども大事な参考品です。一見関係ないように見えるものでも重要な手掛かりになりえます。依頼時には探し人の情報をまとめておくとよいでしょう。

登録していたSNSなどインターネットを使用した調査も欠かせません。一般の方では見つけるのは至難の業ですが、探偵はこの道のプロフェッショナル。

インターネットが普及した現在、SNSは貴重な情報源です。SNSはユーザー登録している使用者本人のIDとパスワードが必要になります。そのため「自分以外はアクセスできないSNSからは自分の行方は辿れないだろう」と考えた対象者のガードが甘くなる傾向があります。

聞き込み・張り込みによる調査

探偵は硬い表情にならないよう注意しながら聞き込みや張り込み調査をおこないます。これは地域の住民だけでなく対象者に不審がられないためです。探偵は探し人が利用していた店や交通機関などを調べ、積極的に出向きます。

張り込みは探したい人物をしっかりと監視できるように、3~4通りものルートを事前に計画。対象者に気づかれないよう細心の注意を払って行動、追跡します。

聞き込みの場合は、直接現地におもむくこともあれば電話で聞くことも。こそこそしているイメージの強い探偵ですが、企業に取材を申し込む際は堂々と名乗ります。

調査理由を明確に伝え、身元を明らかにした上で聞き込みに挑むのです。

独自のデータベースによる調査

探偵社によって異なりますが、プロの探偵は独自のデータベースによって調査をおこないます。

SNSとは異なる手段で登録されたデータから情報収集をおこなう方法です。たとえば探したい人物が普段利用していた飲食店や大型スーパーのポイントカード情報、アンケート回答。実は名簿業者に問い合わせれば利用者の情報がわかります。

違法のように聞こえますが、「個人情報保護法・第23条第2項」により一定の一定の情報の販売は認められています。

人探しをまかせる探偵社の上手な選び方

探偵に依頼するには決して安価とはいえない料金がかかります。探したい人物の情報が比較的新しいものであれば、探偵が探しやすいと判断した場合は安価で請け負う案件もあります。

しかし記憶が曖昧だったり何十年も経過したりしている情報であれば、調査の難易度は格段に上がります。そのぶん調査費用もかさみますから、依頼するなら信頼できる探偵に頼みたいものです。

それにプロとして看板を掲げているとはいえ、なかには悪質な探偵社もないとはいえません。

あなたが探し人調査を依頼する際に役立つ、際に役立つ上手な探偵社選びについて紹介します。

1~3社に相談する

探偵への依頼は1社に限らず、3社ほどの複数に問い合わせましょう。電話やメール、ホームページのメッセージフォームなどから気軽に相談できます。

はじめての相談で聞いておきたい内容は以下のとおりです。

●調査が可能かどうか

●調査にかかる調査にかかる期間はどのくらいか

●料金はいくらか

●予算に合ったプランはあるか

●契約以外の料金はかからないか

相談した上で担当者が信頼できる人物かを見極めます。少しでも違和感を持ったなら契約は考え直しましょう。

信頼関係が築けない探偵社では、その後イレギュラーやトラブルが発生したときの対応があなたの望みとかけ離れることも。あなたの要望や目的に合った探偵社に依頼することが大切です。

探偵業の届け出を提出しているか確認する

届出書を提出していない探偵社があれば、法律違反です。

探偵として仕事をするには、各都道府県の公安委員会に「探偵業開始届出書」を提出する義務があります。これは探偵業法により定められているものです。

当然ながら、探偵は違法調査をおこなえません。盗聴や盗撮はもとより、威圧的な行為や探したい人物が嫌悪感をいだく張り込みや追跡も「軽犯罪法1条28号・追随等の罪」となります。

また探偵は「住居・建造物侵入罪・刑法130条」により、居住していないマンションなどの敷地や建物に無断で入れません。

その他、地域によって異なる条例を理解し、法律に触れず、正当な調査のみ実施している良質な探偵社を選びましょう。

アフターサービスをおこなっているか確認する

探したい人物が見つかるまで、あなたのメンタルは期待と不安が入り混じります。

不安定な心理状態のなか無事調査が終了しあなたの探し人が見つかったとき、アフターケアもしっかりおこなう探偵社を選びましょう。

調査が終わってからが本当の意味でのはじまりです。探していた本人と話し合うにも、どのように話を進めればよいものか悩みますね。

トラブル対策はもちろん、あなたや探し人が二度と困らないように親身になって話を聞き、最後までフォローしてくれる探偵社は信頼できます。

人探しは信頼できる探偵社に依頼しよう

対象者の情報を得て調査し、任務が終わればそれで終了。それだけの探偵なら信頼できるとはいえません。

あなたが望んだ目的達成のために尽力を注ぎ、最後まであなたに寄り添えるのが本物の探偵です。

私たち探偵興信所PIOの経験豊富な調査員が培われたノウハウを活かし、あなたが抱えるお悩みの解決をお手伝いします。

調査のなかで正確な情報を入手し、あなたのパートナーとして親身になって対応します。相談やお見積もりは無料です。ぜひ一度、探偵興信所PIOにご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら