探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

夫が浮気をしている…?疑ったらやるべきことと浮気の対処法

一緒に暮らす夫に対して「もしかして浮気しているかも?」と疑ったら、どうしても不信感は簡単に拭えないものです。事実を確かめるために強引な行動を起こしたり、感情的になって問い詰めたりする方も多いでしょう。今回はそんな「夫の浮気を疑ったら」チェックしておきたい特徴ややるべきこと、自分で調べる方法はどこまで有効なのかをご紹介します。パートナーの浮気に悩む方はぜひ参考にしてください。

浮気しがちな夫に見られる特徴

まずは浮気をしている男性に見られる特徴をチェックしていきましょう。いくつか当てはまることがあれば、注意して夫の行動を見守ることをおすすめします。

経済的に余裕がある

浮気といっても、デート代や食事のお金、プレゼント費用など何かとお金がかかります。不貞行為に及ぶためにはホテルなどに宿泊することと思いますが、そのお金を作るのも大変です。

ここで経済的に余裕のある男性は、こうした交際費を捻出しやすいため浮気する方が多いのだそう。例えば医師や航空機操縦士、大学教授など、高収入の職業に就いている男性が当てはまります。もし、仕事自体が比較的高収入でなくとも、パチンコや競馬、ボートレースなどで一時的な収入を得た男性にも、注意が必要です。

性欲が強い

性欲が強く、一人の女性では満足できないタイプの男性。性格的に浮気に走りやすいと言われているため、夫があてはまっていないかを考えてみてもよいかもしれません。

特に婚前から浮気に悩まされていた、一度不倫をしたけれど許した、という場合は、浮気・不倫を繰り返す可能性も考えられます。衝動的に妻以外の女性と関係を持ってしまうため、同窓会や飲み会などのシーンでは気を付けておくとよいでしょう。

連絡がマメで器用な性格である

「まさかうちの夫に限って」と信じられない気持ちを抱く方の中には、「夫は普段から連絡をマメにくれるし、浮気をしているとは思えない」と混乱する方もいるかもしれません。このようにマメな連絡を女性と取ることができ、一見家族のことを思っている男性ですが、同じように他の女性ともこまめに連絡を取り続けている可能性も考えられます。

LINEなどのメッセージが淡泊でなく、やりとりがスムーズな男性は他の女性からももてやすいです。さらにスマホや端末の仕組みに慣れているため、浮気の証拠を隠すことにも長けているためなかなか浮気に気付けない…というパターンも多く見られます。

寂しがりやな性格である

他者とのつながりを求め、寂しがりな性格だと、妻が出産育児で里帰りしたタイミングや妊娠中で性交渉できない期間などに、「妻の代わり」を他の女性に求めてしまうことがあります。こうした日常生活で満たされない思いを浮気で埋めるタイプは女性にもよく見られますが、夫側にもあるため注意が必要です。

特に先ほど挙げた「夫婦がバラバラで過ごす時間」は、夫は浮気に走りやすいもの。このタイミングから「浮気しているのでは?」と疑い始めた方や、思い当たることがある方は次に紹介する確かめる方法を参考にしてみてください。

浮気している?確かめる方法をチェック

浮気を疑うと、まず確かめたいのが「浮気の有無」ですよね。浮気を調べるにしても、確実に浮気相手がいることが分からなければ何も始まりません。

ここでご紹介するのはあくまでも「浮気の可能性」段階であるため、確実な浮気の証拠を手に入れたい方は記事後半を参考にし、まずは確かめる程度にとどめておきましょう。

スマホの扱い方をチェックする

浮気相手と連絡を取るなら、個人で所有するスマートフォンを使う方が圧倒的に多いです。このスマホの使い方を見てみると浮気が分かることもあるため、以下の3点を確認してみてください。

・スマホを肌身離さず持っている

・置くときは液晶画面を伏せるなど、こそこそしている素振りがある

・連絡すると返信が遅い時間がある

まずはスマホを肌身離さず持っているケース。浮気する夫にありがちな行動です。このときの心理としては「浮気相手からの連絡を見逃したくない」「知られてはならない相手と連絡を取っているため、スマホをそのまま置いておけない」が考えられます。

普段であれば浴室にまで持ち込むことはないのに、トイレの個室までスマホを持って行っているなど、怪しい行動があれば慎重に行動を見ておくことをおすすめします。

加えてスマホを置くとき、液晶画面を伏せている。通話着信があったら、外へ出て会話をしているなどの、こそこそとした行動にも要注意。これも、浮気相手からの連絡を家族に隠そうとするサインである場合があります。

また、浮気中は「あれほど携帯しているスマホである」にもかかわらず、返信は遅くなりがちです。返信が遅くなる時間帯などが一定であれば浮気相手と会っている可能性も考えられるので、チェックしておきましょう。

仕事関係の行動をチェックする

次は仕事関係での行動です。特に浮気している方にありがちなのが、

・いつもになく残業が増える

・休日出勤が頻繁にある

・会社関係の飲み会や接待が増えた

という点です。これらをひとつずつ解説していきましょう。

まずは残業が増えたり、休日出勤があったりと業務量が増える様子。実際に企業によっては繁忙期になると忙しくなるため一概には言えませんが、「いつもとちょっと違うな」と思ったら注意しておきましょう。この増える理由も、浮気をする口実のひとつです。中には出張を偽って浮気相手と旅行に行く男性もいるため、不自然な時期に出張や仕事が入っているときは、行先や帰宅時間を尋ねておくとよいでしょう。

また会社関係の飲み会、接待が増えるのもやや様子がおかしいですよね。特に男性は女性と比べて「嘘を吐くのが苦手」である方が多いです。そのため、「実際に飲み会には行ったけれど二次会は浮気相手と二人きりだった」というパターンもあるので、頻繁に飲み会や接待で家を留守にしているときは、気を向けておいた方が良いかもしれません。

人間関係をチェックする

浮気を始めると、「旧友と会ってくる」「一人で出かけてくる」といった家を留守にする口実が必要です。そのため、夫の人間関係にも変化が現れるため以下の点をチェックしてみましょう。

・一定の友人と定期的に飲み会の予定がある

・異動や新年度などで職場の人間関係が変わった

・趣味をすることが増えた

・同窓会や友人同士の飲み会に積極的に参加するようになった

一定の友人との定期的な飲み会は、一見怪しいとは思えません。しかし、中には友人まで巻き込んだ浮気の口実に使われていることも多く、もし浮気だと確信して友人に聞き込みを行っても、うまく口裏を合わせていることもあるでしょう。定期的に飲み会に行く=定期的に一人で行動しているのは浮気の証拠でもあるため、冷静に見守っておくことをおすすめします。

浮気が分かったら。やるべきこと3つ

次に浮気が分かったらやるべきことを確認してみましょう。浮気はひどい裏切りであり、夫を許せない気持ちが先走ることもありますが、まずは冷静な行動を心がけることをおすすめします。

その1問い詰めず静かに見守る

後ほど説明しますが、夫が浮気をしていると思ってもできる限り「浮気を疑っていると思わせず、泳がせておく」ことが大切です。なぜなら浮気を疑っていることがバレると、夫は証拠を隠して慎重に行動しはじめるからです。

浮気を知ってショックを受けたり、怒りを覚えたりする気持ちは十分理解できますが、一度静かに見守るのもひとつの手段です。

その2浮気を疑った日付・時間帯を記録しておく

浮気の証拠を集めるためにスマホを勝手に見たり、相手の持ち物を探ったりするのは逆効果。まずは「浮気しているかも?」と感じたときの日時をしっかり記録しておきましょう。

この記録は浮気をするパターンを推測することもできる上、プロの力を借りようと思った際に調査に役立てることもできます。浮気の実情が分かるだけでなく、夫にバレにくい方法でもあるためぜひやってみてください。

その3探偵や興信所の「浮気調査」を利用する

この後でご紹介しますが、浮気の証拠を集めようと思ったら「慰謝料請求の際にも認められる」「裁判や調停で証拠として提出できる」レベルのものを自分では収集することはできません。できても労力と時間が莫大にかかるため、現実的ではないです。

夫の浮気の結果、夫婦で冷静に今後について話し合いたい、夫に浮気を認めて謝ってほしいと思う方は、まず専門家の意見を伺うことをおすすめします。探偵や興信所では裁判でも有利に動ける証拠を集める「浮気調査」を依頼できます。調査料金はかかりますが、もし頼れる人がまわりにおらず、一人で悩むようならぜひ相談からでも始めてみることを検討しましょう。

自分で調べることはできる?よくある「浮気を調べる方法」を解説

結論から言うと、自分で調べる手段はありますが「浮気の証拠として提出できるのかどうか」で言えば、やや根拠や訴求力に欠けるものしか集まりません。ネットで噂されている浮気を調べる方法を解説していきましょう。

アプリやボイスレコーダーで調べる

浮気を調べるために、「相手のスマホに浮気発見アプリを仕込んで、浮気現場を押さえる」というものがあります。これにはいくつかやってはいけないことがあり、まずはいくら夫とはいえ他人の端末に勝手にアプリをインストールすることは、立派な違法行為です。

さらに浮気発見アプリとして「Zenly」や「ケルベロス」などが挙げられますが、もし夫からの了承をもらってインストールできたとして、ここで得た情報(位置情報やスマホの使用頻度など)をいくらたくさん集めたとしても、実際に慰謝料請求までできるほどの確かなものかと言われれば、そうではありません。

ボイスレコーダーも同じことが言えるでしょう。確かに「浮気・不倫を認める発言」を録音したものは証拠にはなりますが、いざ話し合いの場で証拠として出しても「強要されて言った」「録音は改ざんされたものだ」など、なんとでも言い訳できてしまいます。よって、やや弱い証拠とみなされる場合が多いため、アプリ・ボイスレコーダーを使って浮気の証拠を集めるのはおすすめできません。

浮気の可能性程度であれば調べることは可能です。複数の証拠と合わせることで、より強固な証拠にもできるのですが、調べる間も夫にバレないように立ち回ることが原則であるので素人がやるにはやや不安が残ります。

自分で聞き込みや張り込みを行う

探偵や興信所が行う調査方法とは、

・聞き込み

・張り込み

・尾行

です。意外と「単純な方法だな」と思う方も多いのではないでしょうか。一見簡単そうに見えますが、探偵業の知識と経験がない素人が真似するのはとてもリスクが高いことです。

まず聞き込みを行ったとして、夫と近しい関係の人物は「あなたが妻だ」ということがバレていますよね。また張り込みや尾行をするにしても、自家用車を使えば夫には簡単に見抜かれてしまうでしょう。

繰り返しになりますが、浮気の証拠を集める上で最も避けたいのは「相手に浮気を疑っていることがバレる」事態です。これからの調査が難しくなるうえ、警戒した夫は浮気を巧みに隠すようになるでしょう。

近くで暮らしている夫婦間だからこそ、浮気の証拠を集めるのはとても難しいです。さらにこの方法をするには「どのラインから違法行為か」ということも知っておかなくてはなりません。深追いすると浮気相手へのストーキング行為とみなされたり、私有地や立ち入り禁止の場所、駐車禁止の場所で張り込みをしてしまったりと、あなたの立場を弱くする可能性もあることを頭に入れておきましょう。

まとめ

夫の浮気を疑ったら、浮気する男性に見られる特徴や見抜き方、やっておくべきことを解説しました。パートナーの浮気を知ったら、「まずは事実を調べる」という方は多いかと思いますが、本当に証拠が欲しいのであれば冷静に行動すべきです。また、自分だけで調べるのはリスクが高く、集めるにも時間がかかります。浮気に対する慰謝料請求を考えているとき、または今後の離婚を考えているとき、そうでなくても相手に浮気を認めてもらい夫婦関係の再構築を図りたい方も、一度事実を知るために探偵の浮気調査を利用しましょう。無料で見積もりと相談から始められるため、ぜひ検討してみてください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら