探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

驚くべき盗聴の裏事情~あなたの暮らしにコッソリ潜む危険

盗聴の裏側

こんにちは。探偵興信所ピアイオです。

もしも、あなたの日常が誰かに盗聴されているとしたら・・・。と、想像するだけでも少し気味が悪くなるものです。こうした「日常以上、犯罪未満」といった案件は、昔からたいてい探偵にお呼びがかかります。

もちろん我々ピアイオでも「盗聴・盗撮機器発見」について、長年ご依頼いただいております。しかしながら、盗聴の現状についてはいわゆる裏の世界の出来事のようで、あまり広く知られていません。

そこで今回のテーマは「盗聴」。

盗聴機器の現状から、盗聴によって得た浮気証拠の採用可否まで、ギュッと濃いコラムをお届けします。

盗聴機器とは

盗聴機器とは、盗聴に使うための機器一般をそう呼びます。具体的には、会話をマイクで拾い、特定の電波に乗せて発信する「会話用発信機」と、その発信した電波を受信する「受信機」をセットで使用する機器です。

盗聴機器をわかりやすい身近なものでたとえると、発信機はラジオ局で受信機が家庭のラジオのようなものだといえるでしょう。実際に盗聴を目的として家に取り付けられるのは、「会話用発信機」の方です。

この「会話用発信機」は、身近なものに化けるようにして、非常にうまく作られています。

たとえば、「三穴コンセント型」や「電源タップ型」、「パソコンのマウス型」などは、実際に見ても本物と何ら変わらず、まったく見分けがつきません。しかも、実際に本物のその家電の役割もしっかりと果たすので、なおさら気付かないのです。
(取扱説明書に、「見分けがつかないため、ほかの三穴コンセントなどと同じ場所に保管しないように」といった注意書きがあるほどです。)

こうしたコンセント型やマウス型は身内の会話を盗聴するのによく使われます。わざわざ、「家に電源タップが増えた!」と指摘する家族は意外と少ないものです。たいていは「なにか用事があって使っているのかな」くらいにしか思いません。そのため、気付かれずに設置しやすいのです。

ほかには、「電気式アロマポット型」や、「デジタルの置時計型」といったものもあります。会話用発信機そのものは、非常に小さな機器なので、どんなものにでも内蔵できてしまうのです。

こうしたアロマポット型や置時計型は、プレゼントとして相手の家に送り、使用し始めた時点から盗聴するといった方法で使用されます。たとえば、お目当てのアイドルにプレゼントとして渡し、部屋に置いてくれたらラッキーというわけです。

さて、今ご紹介した盗聴機器の共通点は、一体なんでしょうか。

それは、「常に電力を得られる」点です。コンセントや電気式アロマポットは、直接電源につながれていますし、置時計やマウスも電池式でそこから電気エネルギーを取っています。

つまり、発見し撤去するまでは、半永久的に会話を傍受し続けるのです。

実をいうと、盗聴器は隠れた巨大市場ともいわれ、年間生産台数は約40万台、その市場規模は約15億円ともささやかれています。なぜなら年々新商品が発売されるためです。

たとえば、30年前には大きな三脚つきビデオカメラを設置してホームビデオを撮影していたのが、今や手のひらサイズのスマホで動画を撮るように変化したのと同じく、盗聴機器の世界も小型化が進み、今も技術革新を重ねています。

そんなわけで、表通りで新型iPhoneに人が並んだように、裏では新型盗聴機器が売れまくっているのです。とはいえ、「盗聴って、盗むという文字が入っているくらいだから、違法なのでは?」と、思いますよね。そこで次は盗聴の違法性に迫ります。

盗聴の違法性

現在のところ、盗聴そのものを「違法」として罰する法律は存在しません(2020年現在)。

そのため、盗聴器を売るのも買うのもまったくの自由です。その証拠に、私が今すぐAmazonでポチ押しして購入すれば、数日後には私の家に立派な盗聴器が届きます。さらに、買った盗聴器を取り付け、別室で会話を受信して聞くのもまた、自由なのです。まるでラジオでも聴くのと同じように。

では、どうなれば違法性を帯びてくるのでしょうか?そこをひも解く鍵が、「電波法」と「刑法」です。

電波法・刑法

電波法は1950年(昭和25年)に施行された電波の利用に関する法律です。驚くことに、盗聴器の売買が自由なのも、この電波法で守られているお陰といえます。なぜなら、第四条において、以下のように定められているからです。

(無線局の開設) 
第四条 無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。ただし、次の各号に掲げる無線局については、この限りでない。
一 発射する電波が著しく微弱な無線局で総務省令で定めるもの

引用:電波法 (電子政府の総合窓口 e-Gov ) 

要するに、販売されているのは「著しく微弱な無線局」の基準を満たした会話用発信機であり免許がなくても購入し、使えるというわけです。ただし、電波法には許可するだけではなく、きちんと罰則もあります。それが第五十九条に定められている「秘密の保護」です。

(秘密の保護)
第五十九条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない

引用:電波法 (電子政府の総合窓口 e-Gov ) 

つまり、会話を盗聴したことそのものや、会話内容などを他者に漏らしたり、秘密を漏らすことについては、禁じられています。さらに罰則もあります。

第百九条 無線局の取扱中に係る無線通信の秘密を漏らし、又は窃用した者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
引用:電波法 (電子政府の総合窓口 e-Gov ) 

これらを総合すると、一人コッソリ聞くだけは合法だが、外に出した時点で違法となるといったところでしょうか。電波法だけでは盗聴被害にあう側として不安ですが、ほかに取り締まってくれる法律があるとしたら、刑法しかありません。

というのも、家族以外が発信機を設置する場合、何らかの形で住居に侵入して取り付けます。そこで出てくるのが刑法の住居侵入罪です。

(住居侵入等)
第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

(未遂罪)
第百三十二条 第百三十条の罪の未遂は、罰する。

引用:刑法 (電子政府の総合窓口 e-Gov)

我々としては、盗聴に及ぶ者は、断じて許したくありませんが、こうした法律を見る限り、盗聴は「犯人を見つけ出して警察に突き出す」のが難しい行為であるというのが現状のようです。そのため、愉快犯が現れやすいと考えられます。

では、大した理由もなく盗聴におよぶ「愉快犯」はいったいどのような存在なのでしょうか。

『愉快犯』の存在と危険性

愉快犯は、盗聴先の会話を聞き取り、スリルを味わい、喜ぶために盗聴します。

実際に、盗聴機器の設置先として、女性の一人暮らし用のマンションや寝室が多いことを考えていただくと、少し想像していただけるかと思います。盗聴に及ぶ者は「聞かれているとも知らずに、女性の日常会話や夜の営みがなされていること」に興奮するのです。

そのため、アイドルや人気俳優などの有名人も愉快犯による被害を受けやすい人たちといえるでしょう。では彼ら愉快犯たちは、どのようにして盗聴機器を設置するのでしょうか。

現状、彼らは不動産業者や引っ越し業者、リフォーム業者を装って(または実際にその業務にあたりながら)盗聴機器を設置するケースが多いようです。なぜなら、今はマンションの空室に無許可で侵入するのは難しく、業者として入れば堂々と設置できるからです。

ほかには、先程のアロマポットのように、プレゼントと見せかけて宅配便で届けて使用させ、堂々と盗聴機器を置くという手法もあります。

こうした盗聴は、被害に遭う側からすると非常に恐怖で気味の悪いものです。誰だか知らないものに日常をさらすも同然なのですから、とてもコワイ思いをします。かといって、警察に110番通報したところで、駆け付けた警察官が即座に盗聴器発見できるわけではなく、目に見える被害が出るまではあまり相手にしてもらえません。

そこで、我々探偵の出番です。

探偵による盗聴器発見

我々ピアイオが、盗聴機器発見のご依頼を受けた際には専用の機材を使用し、100%の確率で発見し、その場で可能な限り機器を撤去しております。(ごくまれに、配線内部に仕掛けられているものもあり、その場合には工事のうえ撤去となります。)

愉快犯の場合は、二度目に仕掛けるケースはほぼありません。なぜなら、業者として侵入して仕掛けられるチャンスは一回のみ、あとは見知らぬ人が侵入できるスキがないからです。また、ご自宅を調査した際に、気を付けてほしいことなども入念にお伝えしますので、今後の被害を防げます。

もし仮に二回目があるとしたら、それは愉快犯ではなく「知っている人」の犯行だったという証。盗聴で本当にコワいのは、愉快犯ではなくあなたの身近な知っている人が犯人の場合なのです。

実は愉快犯よりコワい「知っている人」

盗聴行為でもっとも恐ろしいのは、パートナーや恋人など、知っている人が機器を取り付け、盗聴している場合です。なぜなら、手を変え品を変え何度でも機器の設置ができてしまうからです。いつでもその家、その部屋に堂々と出入りできる彼らには、チャンスは無限にあります。

さらに知っている人の行為で恐ろしいのは、充電式の会話用発信機を取り付けできるところです。

というのも、愉快犯は一度の侵入で発信機を取り付けた後、それ以上同じ場所には入れないので、会話を傍受し続けるには電源につながった機器を使用しなくてはなりません。ところが、部屋に入れる知人は、充電式の小さな盗聴器を思いもしない場所に設置し、定期的に充電すれば、続けて会話の傍受ができてしまうのです。

そこで不思議なのが、「身近な人がなぜ、盗聴機器をつけるのか」ということ。理由はきっとさまざまでしょうが、過去の事例をいくつかご紹介します。

妻が浮気の証拠を得るべく仕掛けたケース~証拠能力にご注意を~

まず、妻が盗聴器を仕掛けた事例をお伝えします。仕掛けた場所は固定電話です。(昔は携帯電話やスマホはなく浮気中の会話も固定電話だったため)

夫の浮気を疑った妻は、自分が不在の間に愛人と電話しているはずだと狙いを定め、電話に発信機を仕掛けたのです。そして、妻が外出したとたん、狙い通りに夫は愛人とラブラブトーク。その内容を妻が外で受信し、記録します。

さらに後日、その記録をお持ちになって、奥様は我々ピアイオの元へいらっしゃいました。彼女は「これで浮気は確実です。あとはどんな女か写真で見せてください!」と、厳しい表情でおっしゃったのです。我々は驚き、盗聴内容を公表する違法性についても丁寧にお伝えしました。

この時、盗聴の会話内容だけをもとにご主人を問い詰めなかった奥様は、賢明なご判断をされたといえます。なぜなら盗聴により手に入れた証拠の証拠能力は実際の裁判では弱い場合も多いためです。

実際のところ、浮気の証拠を自分自身の力で手に入れるために、盗聴器を使う手段を思いつく人もいます。しかし、お金をかけ、苦労した割に証拠として採用してもらえない場合もあるので注意が必要です。その理由は、盗聴した事実や内容を他人に漏らすと電波法(秘密の保護)に触れるにもかかわらず、最初から公表する目的で盗聴するためです。

もちろん、盗聴した録音データが証拠として認められた裁判の判例は過去に存在します。しかしながら証拠として認められるか否かは裁判官や録音データの内容、案件によってまったく異なり、過去の判例をもって「証拠として使える」とはならないのです。

ご自身で集める証拠は無理のない範囲にとどめ、決定的な証拠はプロである探偵に任せるのが賢明といえるでしょう。

一緒には住んでいない彼氏が盗聴器を仕掛けたケース

次に、一緒に住んでいないが、よく部屋を訪れる他人が盗聴器を仕掛けた事例です。仕掛けたのは彼氏で、設置場所はコンセント(三穴コンセント)でした。

実は、彼女が普段からマンションで使用していた三穴コンセントとコッソリ交換したのです。しかも後で聞くと、三穴コンセントの使用は彼からの提案で、最初は一緒にホームセンターで購入したというのですから、用意周到にも程があります。

付き合い始めたふたりのデートは週に一回程度。彼女のマンションで過ごす日もあれば、外で会う日もあります。ところが、順調にお付き合いが進むうち、彼女はある異変に気付いたのです。

最初に「あれ?」と感じたのは、仕事の愚痴をこぼしたときでした。彼女は三日前に友達に電話で話した愚痴を、彼に会った日に同じように伝えたのです。てっきり驚いてくれると想定していたのに、なぜか反応がイマイチで、「あれ?この話、彼にもしたっけ?」と感じました。

その後も、朝、寝坊して遅刻しそうになった日のことをなぜか知っている様子だったり、夜帰宅が遅かった日に、帰ってすぐ携帯に電話がかかってきたりするうちに、彼女は「何か見られている気がする」と、恐怖を感じるようになったのです。

そこで、彼女は我々ピアイオに「盗聴・盗撮機器発見」を依頼しました。(はたから見ると、「本人に直接聞けばよいのでは?」と思いがちですが、こうした疑いを彼氏に直接問うにはかなりの勇気を要し、実際その立場になると簡単にはできないものです。)

早速彼女の自宅マンションを調べた結果、すぐに三穴コンセント式盗聴器を発見。彼女はショックを受けながらもコンセントを元に戻し、数日後、彼に問い詰めました。すると彼は盗聴器を付けたことをあっさりと認め、そればかりでなく「俺といない間にほかの男と会っていないか心配でつけた」と、盗聴した驚きの理由を語ったのです。

そのせいで彼女は一気に恋の熱が冷めてしまい、結局別れることになりました。別れ話の最後には、「私はいざとなったら探偵を雇うし、警察にも行くから」とクギをさしておいたそうです。

盗聴・盗撮機器発見はピアイオへ

ピアイオの盗聴・盗撮機器発見率は、仕掛けられている場合において100パーセントです。

なぜ、除菌スプレーなどに表示されているような99.99%ではなく、100%を断言しているのかと申しますと、我々は、常にこの100%を維持し続けるべく、盗聴機器の最前線を独自ルートで追い続けているからです。

何よりも、盗聴器を仕掛けられたかもしれない恐怖を抱えながらピアイオに来られるご依頼人に対し、「ひょっとしたら、残っているかもしれません」などとは、口が裂けてもいえません。我々にとって、「0.01%、発見できていない可能性がある」という結果は、発見率0%と同じなのです。

すなわち、常に100%であり続けることこそが、ピアイオ品質といえます。

実は、盗聴機器発見のご依頼に限っては、初回面談が非常に短いという特徴があります。それは、まず何より機器発見と撤去が、ご依頼人にとっての最優先事項であるためです。

その代わり、ピアイオによる機器発見と撤去が完了したあと、ゆっくりと今後に向けた面談を致します。再びコワい思いをしなくて済むように、ご依頼人それぞれに合わせた万全の防止策を共に考え、ご依頼人が心から安心されるのを見届けるのです。

盗聴に関するお困りごとがあれば、機器発見も、安心も100%のピアイオにぜひお声掛けください。全国どこにでも急行し、1分でも早くご安心いただけるよう馳せ参じます。ご相談はもちろん無料です。電話やメールでもお気軽にお問い合わせください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら