探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

浮気調査を素人探偵に依頼し離婚となった例【浮気なし編】

こんにちは。

ピアイオ探偵社です。

いつもピアイオ探偵社のコラムをお読みいただきありがとうございます。

素人探偵とプロ探偵の違いを、あなたはご存知でしょうか?

幸せいっぱいの生活に探偵の出番はありません。

しかし目の前の幸せが揺らぎ、わらにもすがる思いのとき、素人探偵とプロ探偵の違いを知っているか、知らないかで人生がまったく違った方向に進む可能性があります。

なぜなら、素人探偵に依頼したばかりに希望とは真逆の結果を招いてしまう恐れがあるためです。

最近は立派なホームページがすぐに作れてしまいます。

そのため嘘で固められた華やかなサイトを見て、信じて申し込んでみたら素人探偵で、とんだ目に遭ったというお客様もいらっしゃいます。

今日は過去に起きた事例をもとに、素人探偵とプロ探偵を見分けるコツやプロ探偵の行動についてお伝えします。

素人探偵に依頼=希望と真逆の結果(離婚)になったのはなぜ?

岡野愛美さん(仮名。以下愛美さん)が夫の浮気調査を依頼したのは、夫婦関係を修復させたかったからです。

パートナーの浮気調査を依頼する理由は大抵、「有利な条件で離婚を進めるため」か「パートナーの浮気の有無を確かめ、関係を修復するため」のどちらかですが、関係修復を望む人も多いです。

愛美さんもそのうちの1人でした。

悩みの原因となっている「夫の行動の真実」を知ることが第一目的といえます。

浮気がなければ一番嬉しいし、浮気が発覚した場合はつかんだ証拠をもとに夫婦で関係修復に向けて話し合いたかったのです。

ところがプロ探偵と信じて依頼したのが「素人探偵」だったために離婚という結末になってしまいました。

しかも、夫は一切浮気をしていなかったにもかかわらず離婚したのです。

なぜ、依頼時の希望とは真逆の最悪の結果を生んでしまったのでしょうか。

理由は簡単です。

素人探偵が夫を尾行中に失態を犯し、浮気調査がバレたためです。

夫婦の信頼関係の根幹が崩れ、あっという間に離婚となりました。

浮気調査は、何があっても絶対にバレてはいけないのです。

しかし我々、プロ探偵にご依頼いただいていれば起こるはずのない事態が、素人探偵に依頼すると起きてしまいます。

最後の望みを素人探偵にかけてしまったばかりに、最悪の結果を自ら招いてしまったのです。

浮気調査がバレた瞬間

浮気調査は、5回目の尾行の最中に夫にバレました。

(我々探偵ピアイオでは、依頼者になんの報告もないまま「5回も尾行を続ける」ことはあり得ません。先に被調査人:夫の周辺についてリサーチし確証が取れそうなタイミングでのみ行動調査と追跡を行います。)

5回目となるこの日、素人探偵は夫の行動を一日中監視すべく、大阪から岡山まで車で尾行していました。

岡山のとある事務所に夫が入ったため、出てきて夫が車を発車させるまで待とうと、事務所のすぐそばに車を停めてボウっとしていたその時。

「ドンドンドン」素人探偵Aの乗った車のドアガラスを夫が勢いよく叩きました。

Aはうろたえ、必死の形相で車を発車させて逃走。

慌てふためいて逃げた姿は、皮肉にも余計に「尾行していた」ことを決定づけたのです。

(プロ探偵は尾行の最中に万一相手に声をかけられた場合、逃げることはありません。そこにいるべき具体的な理由を準備しておき、淡々と応対します。もっとも、声をかけられる状況になること自体、ほとんどありませんが。)

幸せな家庭だったのに・・・

愛美さんは、司法書士の資格取得を目指す予備校で、夫と知り合いました。

愛美さんには「司法書士資格を持った男に婿養子に入ってもらい、父の事務所を継いでもらう」という理想がありました。

一方夫(当時は彼氏)は、末永く働ける事務所を探していました。

2人の思惑は合致し、愛美さんは婿養子を快諾してくれた夫とめでたく結婚できたのです。

夫は、父の司法書士事務所で働き、持ち前のカンと営業力で事業を発展させていきます。

2人の間には、男の子が1人誕生。

子育ては大変だけど、充実した幸せな日々を送っていたのです。

しかしそのうち、夫の仕事はどんどん忙しくなり、自宅に帰らない日が出てきました。

聞くと、岡山市周辺に集中して顧客がいるようです。

おまけにこのタイミングで、子どもに少し発達の遅れがあることが判明します。

夫が帰ってきた日に子どもについて話し合いたいと思い、夫に色々話しかけても、疲れ果てている様子であまり分かってもらえません。

おまけに、こちらが質問しても単語しか返ってこないのです。

愛美さん:どこに行ってたの?

夫:岡山

愛美さん:何していたの?

夫:仕事

夫はもともと口数の多い人ではありませんでしたが、こうなるとコミュニケーションもままなりません。

そうしてストレスが溜まりに溜まっていく中で、次第に浮気しているのではないかという疑念がわいてきます。

そういえば、岡山に行きだしたころから夜の営みもなくなっていった。

そういえば、そのころから会話が減っていった。

前はもっと、帰ってから子どもがどうだったかを聞いてくれていたのに。

パズルのピースが綺麗にはまっていくかのように、すべての答えが「浮気」につながっていく・・・。

しかし、最近の夫は何を聞いても顔色一つ変えずに単語で返事をするだけです。

夫に直接聞いて事実を吐かせるのが不可能であることは目に見えています。

とにかく事実を知りたい。

気付くとスマホを触れば「浮気」で検索する自分が居ました。

検索していると、探偵社のHPが目に飛び込みました。

「コレだ!証拠をつかめば話し合える!」

素人探偵に依頼、そして

愛美さんは周りに相談せず、HPだけを見て探偵に依頼しました。

その探偵社に決めた理由は、「浮気発見実績100%かならず証拠をつかみます」というキャッチコピーに惹かれたからです。

(プロ探偵は「浮気発見実績100%」といったキャッチコピーは絶対に使用しません。相手が浮気をしていない場合もあり、100%などあり得ないためです。)

愛美さんは、男性の素人探偵Aに事情を説明しました。

Aのムスッとした対応に焦りながらも、証拠を掴んで欲しかったので訴えました。

「浮気相手は岡山に居る。岡山にさえ行けば、かならず証拠はつかめるはずです」と。

(探偵社ピアイオは、ベテランの女性相談員が無料相談に対応します。親身になってお話をお伺いし、依頼者の不安に寄り添うことから始めます。このケースのように威圧感を与えて依頼に誘導するような素人探偵には要注意です。)

素人探偵Aは「浮気調査・・・50万円+諸経費(先払い)」などが書かれた料金表を見せながら、愛美さんに告げました。

「この料金表は、あくまで近距離を想定したものです。遠方となるとさらに調査費がかかります。証拠が取れるかどうかに関わらず調査費は発生しますがよろしいでしょうか?」

(プロ探偵社は、一括で大金を払わせ、かつ総額がいくらか見せないような料金設定はしません。我々ピアイオは、お客様のご相談をお聞きし、なるべくリーズナブルで効率の良い調査をご提案します。そのうえで、お見積もりを作成し料金を明確にします。)

愛美さんは一瞬「おかしいな、発見実績100%なんじゃないの?」と疑問を抱きました。

でも焦っていて、「でも岡山までいく調査費用もかかるし、仕方ないのかな・・・。今はケチっていられる状況じゃないな」と思い直します。

愛美さん:「いくらかかっても結構です。お願いします。」

素人探偵A:それではこちらにサインお願いいたします。基本料金と概算の調査費20万を足した70万円で始めましょう。もし追加が出ればまた言いますね。

(焦らせて、サインさせるあたり、悪徳とも呼べる手口です。もしこのような状況になれば、一度その場を離れることを強くおすすめします。)

愛美さんはその場で70万円を現金で支払いました。

こうして素人探偵Aの浮気調査が始まったのです。

「岡山に行けば証拠はかならずつかめる」という愛美さんの発言を鵜呑みにした素人探偵は、何のリサーチ行わずひたすら尾行のみ。

しかし、岡山に行っても、女性の影はこれっぽっちも見えません。

(プロ探偵は、なんの行動調査もせずに尾行だけをすることはあり得ません。尾行は怪しまれる可能性の高い調査方法のため、事前に綿密にリサーチしたうえで、最小の回数で最大の効果を狙います)

夫は3回目の尾行あたりから、岡山に行くときにいつも同じ車が自分の近くを走っていることに気付いていました。

そして5回目の尾行の日、事務所に車を停めた夫は、近くに停車した白い車を見て確信したのです。

「白い車は俺の後を付けている。でも一体誰なのだろうか。」

真相を突き止めようと、事務所の裏口から出て注意深く尾行車両の後ろにまわり、素人探偵の車や、ナンバーをスマホで撮影しながら近づきます。

ドアガラスに近づきざま、顔も撮影できたところで、窓ガラスを叩いたのです。

必死の形相で逃げる探偵の車を見て、夫は「愛美が探偵を雇ったのかもしれない」と思いました。

仕事関連なら、いくらなんでも名乗るはずです。同じ業界でバレたら相手にも不利になるため、名乗らず去ることはあり得ません。

なぜ顔を見ただけで必死の形相で逃げたのかを考えると、家庭内のことしか答えがないのです。

浮気調査がバレた後、真の修羅場がはじまる

夫は家に戻ってすぐ、愛美さんに聞きます。

「これ、なに?」

スマホで撮影された写真の数々。白い車、中の男性、ナンバープレート。

これらすべて、浮気調査の動かぬ証拠です。

愛美さんは、浮気の動かぬ証拠を突き付けて夫に謝罪させ、家庭を元通りに戻すつもりでした。

それがいまや逆に、夫に突き付けられているのです。

立場が完全に逆転しています。

しかも愛美さんは、逃げ帰った素人探偵Aからは何も聞かされていませんでした。

浮気の事実がまったく無かったことも、浮気調査がバレたということも。

事前に聞いていれば、なにかうまい言い訳を考えられたかもしれないのに。

(プロ探偵は、依頼者に何の報告もしないなどあり得ません。浮気の事実がなさそうだと分かった時点で必ず経過を伝えます。バレた可能性がある際も同様ですが、まずバレること自体があり得ません。くわしくは後ほど)

いきなり写真を突き付けられた愛美さんは、その場に凍り付きます。

凍り付いた様子を見て、夫は愛美さんの仕掛けたことだと確信したのです。

「んじゃ、終わりだな。これからのこと、考えてくるわ」

それだけ言って、夫はその場を離れました。

後ろ姿を見ながらも、愛美さんは何も言えませんでした。

妻が手に入れたものは・・・?

妻が探偵に払った70万円で手に入れたものは何だったのでしょうか。

もちろんその後、素人探偵Aのところにクレームを入れに行きました。

しかしそこでこう言われてしまいます。

「奥さんは、岡山に行けばかならず証拠はつかめるとおっしゃったじゃないですか。しかし何度尾行しても女の匂いひとつもなかったですよ。証拠がつかめなくても調査費がかかることも事前に了承済みのはずです」

そこで初めて、「自分が雇った探偵は素人探偵だったんだ」と押し寄せる後悔と共に理解できたのです。

浮気調査がバレないまま、夫が浮気をしていないとわかれば、それだけでよかったのに。

妻、愛美さんが手に入れたのは、望んでいなかった離婚と後悔のみです。

浮気調査は絶対にバレてはいけない

浮気調査は絶対にバレてはいけません。

それ以前にバレるような浮気調査そのものがアウトです。

今回のケースで

・まったく同じ車で何度も至近距離で尾行を続けた

・岡山の事務所付近でなんの警戒もせず待ち続けた

この時点で完全に素人探偵の「バレるような浮気調査」なのです。

弊社ピアイオは、被調査者や近所の人に気づかれないように仕事を進めます。

怪しまれている空気を敏感に察知し、調査方法を変更します。

そのため、バレることそのものがあり得ません。

たとえばふと、「怪しいな」と感じても、その後一切尾行や張り込みなくなったとしたらどうでしょう?

「怪しいとか思っちゃって、俺の勘違いだったな」で済みます。

浮気調査は「なんだかおかしいな」という思いが確信に近くなった時点で負けなのです。

また今回、夫に窓を叩かれた際に堂々と話さなかったことは確実にマイナスに働きました。

弊社ピアイオは、万一調査者と話す状況になってしまっても、逃げませんし探偵だとは絶対に言いません。

もちろんその後大幅に調査方法を変更するため2度同じ目に遭うようなこともいたしません。

さらに万一、警察を呼ばれた場合においても、警察に「探偵だ」とは言いますが、依頼者が誰かは絶対に言いません。

これは個人情報の守秘義務にあたるので、警察であっても言う必要などないからです。

調査者は、「さすがに警察に行けばすべてを吐くだろう」と思います。

そこでも依頼者を言わないため、その後の混乱を最小限に抑えられるのです。

常に依頼者の未来が明るくなることを望んで動くのがプロ探偵。

調査費を稼ぐことだけを望んで動くのが素人探偵。と結論できそうです。

大切な人生の変わり目にプロ探偵がついてくれたら、女性相談員が親身に相談に乗ってくれたら、それだけで、人生の方向性は少しでも明るくなるのではないしょうか。

弊社ピアイオが受任する依頼は年間12,000件。月々1,000件ほどあります。

創業47年(2020年)ですので、歴史とノウハウと人脈には自信を持っています。

もし今あなたが不倫や浮気でお困りであれば、是非一度お声がけください。

相談は無料になっていますし、希望の場所にベテラン女性スタッフがお伺いします。

実際の仕事が発生しない限りは、ご請求することはありませんし、秘密厳守は情報を扱う上で基本事項ですので、安心してご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら