探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

風俗通いの夫と離婚はできる?そもそも浮気になるのかも解説します

日本の繁華街にはたくさんの風俗店があり、気軽に利用することができます。夫が風俗に通いつめていることが判明し、妻から離婚を切り出したけど、「風俗は浮気に該当しない」と言って全く離婚に応じない。このような話しは実際に起きていることです。しかし夫が言うように、風俗通いは浮気に該当しないのでしょうか?

今回は風俗は浮気に該当して離婚をすることができるのかどうか、そして夫の風俗通いの疑いを明確にする方法を紹介します。

日本にある主な風俗の種類

風俗と一口に言っても、日本にはさまざまな種類の風俗があります。まずは主な風俗の種類を見ていきましょう。

本来の風俗の定義は広い

風俗と聞くと、性的なサービスを受ける場所とイメージする人がほとんどではないでしょうか。しかし本来の定義は幅広く、性的なサービスを受ける場所以外にもゲームセンターや雀荘、パチンコ店、キャバクラ、クラブなども含まれます。

営業を行う際は公安委員会に、風俗営業の届出を行わなければいけません。

ソープランド

風俗の代表格とも呼べるのがソープランドです。日本には売春防止法という法律があって、金銭の授受を伴った性行為は禁止されています。しかしソープランドでは実際に性行為が行われるのが一般的です。

ソープランドは個室があり、それぞれの個室にベッドや浴室が完備。表向きのサービスは「体を洗ってもらうサービスを受ける場所」となっており、性行為の提供はないことになっています。客として出向いた男性と、体を洗う女性スタッフが一時的な恋愛関係となり、その場で性行為を行っているとされているのです。

ヘルス

ヘルスの看板を掲げる風俗業も巷には多く見られます。ヘルスには主に2種類あり、個室がある店舗でサービスを提供するタイプと、男性客の自宅や宿泊しているホテルに出向くタイプです。

ヘルスも建前上は性行為を行っていないことになってはいますが、実際にはサービスが提供されています。密室で行われているため、性行為の事実が外部に知られにくいのですね。

風俗通いの夫と離婚はできる?離婚請求ができるケース3つ

風俗に通っている夫と離婚をすることはできるのでしょうか?裁判における離婚は、民法の第770条に記載がされています。

離婚請求ができるのは「不貞行為」「悪意の遺棄」「3年以上の生死不明」「回復しがたい精神病」、そして「その他婚姻を継続し難い重大な事由」の5つです。

これら5つの条件の中から風俗通いによる離婚請求ができるのは、不貞行為と悪意の遺棄、そしてその他婚姻を継続し難い重大な事由の3つです。それぞれの内容を見ていきましょう。

不貞行為

1つ目は不貞行為です。不貞行為とは、結婚相手以外の他者と性行為を持つこと。つまり浮気ですね。風俗通いで離婚請求をする場合、多くのケースで不貞行為に該当すると思われます。

夫が風俗へ通って女性スタッフと性行為をしていることが証明できれば、離婚事由として認められる可能性は高まります。また離婚が成立すれば慰謝料を請求することもできるでしょう。

ただし不貞行為として認められるには、ある程度の期間と回数、風俗を利用した証拠が求められます。一般的に1回や2回利用しただけでは、不貞行為として認められないことがあるので注意しましょう。

悪意の遺棄

2つ目は悪意の遺棄です。悪意の遺棄とは、結婚相手やその家族を意図的に見捨ててしまうことを指します。民法では夫婦は互いに助け合わなければいけないと示しており、違反すると悪意の遺棄に該当することになります。

夫の風俗通いが悪意の遺棄に該当する場合のポイントは、お金の浪費です。風俗に頻繁に通いつめた結果、お金を浪費し、家族が生活していける十分な生活費を入れなかった場合、悪意の遺棄に該当すると言えるでしょう。

また風俗通いが原因で自宅に帰る機会が少なくなった場合も、家族を意図的に見捨てていると判断される可能性もありますね。

その他婚姻を継続し難い重大な事由

最後は、その他婚姻を継続し難い重大な事由です。風俗に通っていることが何かしらの原因となって、夫婦間の結婚生活を続けることができなくなったことを指します。

夫の風俗利用が原因となって、夫婦間の信頼関係に修復不可能な大きな溝ができてしまった、長期間別居をしているなどが該当します。

ただしやはり風俗に1回や2回行っただけや、風俗に行ってはいるものの夫婦関係は維持しようと努力しているような場合は、その他婚姻を継続し難い重大な事由に該当しない可能性が高いでしょう。

夫が風俗に通っているかも?疑いを明確にする方法

夫が風俗に通っている疑惑が出た場合は、疑いを明確にしましょう。風俗にどっぷりのめり込んでしまうと、夫婦間の信頼関係や金銭面などにひずみが生まれてしまいます。早めに対処をすることで離婚の危機を回避することができますよ。

風俗に通っているかどうかを明確にするなら、探偵事務所に依頼をするのがベストです。確実に、そして効率的に風俗通いの証拠を集めてくれますよ。

前述したように風俗店は密室なため、性行為の証拠を集めることは非常に困難です。また夫に問い詰めてもシラを切ることもあるため、自分一人で疑いを明確にさせるのは難しいでしょう。

探偵事務所であれは豊富な実績と高度な調査スキルから、確実に風俗通いの疑い、そして不貞行為の疑いを明確にしてくれます。

まとめ

風俗は日本の繁華街には必ずといって良いほど存在し、日本人男性にとっても身近な存在と言えるでしょう。表向きには性行為の提供を行っていないことになっていますが、実際には性行為のサービスがあります。

風俗通いが原因で離婚請求できるのは不貞行為と悪意の遺棄、そしてその他婚姻を継続し難い重大な事由に該当した場合です。

風俗に通っている事実、そして不貞行為を行った事実を自分一人で証明するのは簡単ではありません。確実に、そして効率的に調べるのであれば探偵事務所に依頼をするのがベストです。

多くの探偵事務所では無料相談を行っているので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら