探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

LINEやメールはもう古い! Gmailを使ったイマドキの浮気

LINEやメールはもう古い! Gmailを使ったイマドキの浮気


浮気の証拠といえばメール、LINEなどが主流でしたが、現在はGmailを使った浮気が増えつつあります。
しかし、なぜ「Gmail」なのでしょうか?

Gmailを使った浮気の手口と、Gmailを使われていた場合の証拠の押さえ方についてご紹介しましょう。

Gmailが浮気に使われる理由

Gmailは多くのスマホに元からインストールされているので、気軽に使えるようになりました。
もちろんこれも一つの理由として挙げられます。

しかし、近年のようにGmailを使った浮気が増えたのは、メールやLINEなどにない「浮気をするためのメリット」がGmailにあるからです。

アカウントを複数持てる

Gmailはフリーメールなのでアカウントを複数持つことができることが、一つの理由です。
相手に合わせてアカウントを使い分けることができますし、出会い系やSNSアカウントもGmailアカウントの数だけ作ることができます。

いざとなればアカウントごと消してしまえば証拠は一切残らないので、証拠が残るキャリアのメールやLINEなどに比べれば安全だからというのもポイントです。

カレンダー共有・アカウント共有で連絡を取れる

Gmailがメールとして相手のやり取りに使われるのはもちろんですが、Gmailの優れている点はお互いGoogleアカウントを取得すれば、カレンダーの共有が可能になること。

つまり、デートなどの約束がしやすくなるという点が挙げられます。
メールアカウントを共有して「メールの下書き」状態でお互いのメッセージをやり取りする、という方法もあります。
このようにGmailの機能を駆使すれば、浮気相手との連絡に履歴を残しにくくすることができるのもGmailが選ばれている理由です。

浮気の証拠を探すなら、Gmailの受信トレイ以外もチェック

もしパートナーに浮気の影がちらついて、メールやLINEから証拠が取れなかった場合は、スマホやパソコンにGmailを使った形跡がないかチェックしましょう。
もしパートナーの端末からGmailが確認できるなら、受信トレイだけでなく送信トレイ、下書き、カレンダーなども確認することをおすすめします。

スマホの場合、GmailアプリではなくブラウザからGmailを使っている場合があるので、ブラウザの履歴も要チェックです。
ただしブラウザからのGmailへのログインは、記録が残るので本人以外のアクセスに気づかれやすく注意が必要です。

Gmailのやり取りだけでは、証拠としては弱い

Gmailに限らず、浮気を裏付けるメッセージがあったとしても、浮気の事実を証明することができません。
深い仲にはなっていない可能性や単なる悪ふざけの可能性もあり、メッセージだけでは本当に浮気をしたかどうかを第三者には確かめようがないのです。

婚姻関係にある場合、浮気を理由にパートナーやその相手に慰謝料請求などを考えている方もいらっしゃるでしょう。
その場合、宿泊施設へ出入りしている写真といった、確実な証拠を押さえておくのが無難です。
実際の証拠集めのためには、当人が行動するよりも興信所を利用するほうが安全ですし、確実だといえます。

LINEやメールのようにスマホ本体に証拠が残りにくく、さまざまな抜け道があるGmailは浮気にはぴったりの存在です。
不倫の気配はするものの尻尾がつかめない時は、Gmailを使っているかもしれません。
どうしても証拠が欲しい時は、興信所の利用がおすすめです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら