探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

もしかして虐待? 児童の虐待を疑った調査の方法とは……

もしかして虐待? 児童の虐待を疑った調査の方法とは……

ニュースでもよく取り上げられる児童虐待の事件。泣き声や大人が怒鳴りつける声が度々聞こえると、子どもが虐待されているのではないかという不安がよぎります。

近所の子どもが虐待されているかもしれないという疑いに直面したら、具体的にどのような調査が可能なのでしょう。
今回は児童虐待の定義や、児童虐待の調査方法を紹介します。

児童虐待の定義

・身体的虐待

その子どもの福祉に責任のある人から受けた外傷の残る暴行、あるいは生命の危険のある暴行のことを身体的虐待といいます。
具体的には、殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄で縛り一室に拘束するなどです。

・性的虐待

性的虐待とは、成人ないし年上の他人(親族を含む)に性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせることです。
そのほか非接触的なものも含まれ、露出癖的行為や児童ポルノグラフィに巻き込んだり、他人が行う性的行為に児童を介入させることも性的虐待に該当します。
性的虐待と判断される際に重要な児童の年齢については、家族内性的虐待では18歳未満、家族外性的虐待では原則として14歳未満とし、強姦ないし強姦未遂については18歳未満とされています。

・ネグレクト

ネグレクトは主に3種類あります。 身体的ケアの拒否や遅れ、放置、家からの追放、他の親権問題、不適切な監護などの身体的ネグレクト。
長期の怠学を許可する、学校に行かせない、子どもに必要な特殊教育を受けさせないなどの教育的ネグレクト。
長期で著名な夫婦喧嘩を目撃させたり、子どもの薬物やアルコール乱用を放置するなどの情緒的ネグレクトです。

・心理的虐待

心理的虐待とは、保護・養育すべき責任にある者が、モラルや社会の常識を逸脱した状況を強要または容認し、日常生活が困難になるほど児童の精神に支障を与えることです。
「嫌なら出ていけば?」「お前達は親に捨てられたんだ」などの言葉の暴力は心理的虐待に該当します。

児童虐待の調査方法

異変に気づいたら、まずは自分で確認できる範囲でチェックしましょう。
夜になっても一人で遊んでいる、いつもどこか怪我をしている、いつも服が汚れているなどの異変は普段から子どもを観察することで確認できます。
また、いつも子どもの泣き声や喧嘩が聞こえる家があれば、町内会など地域の人にも情報を共有し注意を呼びかけることで、チェックの目を複数にすることができます。

明らかな虐待の事実を目撃しても、親切心から個人的に子どもの両ども親に注意するのは避けたほうがいいかもしれません。逆恨みを受けたりする可能性もないとはいえないからです。
そこで最初に選択されるのは、児童相談所(全国共通189番)への通報です。
通告、相談は匿名で行うこともでき、通報者やその内容に関する秘密は守られます。

また興信所を利用するという方法もあります。徹底したプライバシー管理により、依頼者の希望する守秘事項を守った上で事実調査が可能です。
具体的な調査方法は、張り込みや尾行による証拠撮影、監視カメラの設置、虐待が起こる背景の調査、公的機関への相談や告訴する際の同席などです。

児童虐待の対処で何よりも大切なのはスピードです。
死に至る最悪のケースを防ぐためにも、対処に困ったら一人で抱え込まず、誰かと相談し迅速に対応しましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら