探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

ギャンブル依存症の配偶者と離婚するときに考えることとは?

サムネイル

ギャンブル依存症の配偶者と離婚するときに考えることとは?

配偶者がギャンブル依存症になった場合、離婚を検討する方も少なくありません。
家庭のお金を使ってまでギャンブルをされてしまうと、その被害が自分にも及ぶ可能性もあります。

もし配偶者との離婚を検討していくのであれば、こうなる前にギャンブル依存症のパートナーに何らかのアプローチをかける必要がありますが、どのような対応をしていくべきなのでしょうか?
今回はギャンブル依存症の特徴を紹介するとともに、その配偶者と離婚する際に必要な心得をまとめていきます。

ギャンブル依存症の特徴

自分のお金だけでギャンブルをする分には特に大きな問題にはなりませんが、ギャンブル依存症の特徴として「家計の圧迫」「借金」などの例があります。
そこから夫婦喧嘩に発展し、夫婦仲も悪くなる傾向もあり、話は決してギャンブル依存症だけにとどまるものではありません。

また借金をするだけして失踪してしまう事例もあるため、パートナーとしてはたまったものではありませんよね。
このような事態になる前に対策をとっておく必要があるのです。

もし「離婚」を考えているのなら


パートナーの依存症克服が難しいと判断し離婚を考えるのであれば、できるだけ早めに対策をとっていく必要があります。
計画を立てているうちに配偶者が失踪したり、最悪自殺してしまったら、増えに増えた借金が全て自分にのしかかってくることにもなりかねません。

またもし現時点では離婚を考えていなかったとしても、お子様がいらっしゃるのであれば子供のために離婚することも選択肢に入れておく必要があります。
子供に使う生活費までギャンブルに使用されてしまってはお子様の今後の人生にも大きく影響を与えてしまうため要注意です。

このようにギャンブル依存症の配偶者とは早めに距離をおく必要はありますが、元々結婚には「互いに相互扶助しなければならない」という法律があり、民法の上では互いに助け合っていく必要があります。
「ギャンブル依存症」だけではそう簡単に離婚することは出来ない場合もあることを覚えておきましょう。

離婚のための情報集めには興信所を!


離婚を本気で考えているのであれば、とにかく配偶者の情報を集め離婚をすべき理由を用意する必要があります。
そのため1人で問題解決を試みるのではなく、興信所などで相談し、現在の状況を報告することで離婚成立が実現しやすくなります。
また興信所を利用し、離婚のプロから話を直接聞くことにより、今後の方針なども決めやすくなるためお勧めです。

「自分の配偶者がギャンブル依存症」ということはなかなか口に出しにくい事かもしれません。
ですが心の中に留めてばかりいるとお金がどんどんなくなり、生活ができなくなるリスクもあります。
パートナーがギャンブル依存症に陥っていることが分かったら、早めの対策を心がけましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら