探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

【深刻な風評被害も】「裏サイト」の発見法と対処法

【深刻な風評被害も】「裏サイト」の発見法と対処法


インターネットが普及した現在、便利になったと同時にそれを利用した風評被害も深刻化しています。

特にいわゆる「裏サイト」を利用したものは増加の一途をたどっています。
接客を伴う自営業者にとって、経営にも大きな影響を与える風評被害は深刻な問題です。

ここでは「裏サイト」がもたらす被害、サイトの発見方法を紹介します。

「裏サイト」による風評被害とは

飲食店や販売店など、接客を伴う商売をしている自営業者にとって、ネットの悪評はかなり深刻です。

掲示板などは匿名で投稿できるため犯罪意識が低く、簡単に誹謗中傷や人権侵害などの書き込みをしてしまう人が増えています。
悪評が書かれたサイトがインターネットでの検索上位に上がってしまうことで、多くの人の目についてしまいます。

こういった嘘の情報を鵜呑みにしてしまう人は少なくありません。
するとその情報が瞬く間に広まり「あそこの店はマズい」といった悪いイメージだけが独り歩きし営業に支障をもたらします。

売上に影響が出るだけでなく、最悪の場合は経営者やスタッフの個人情報流出といった人権問題につながることもあるのです。

「裏サイト」を見つけるには

まずは自分たちの店舗名や会社名を検索してみましょう。
関連性のあるサイトがたくさん上がってくるはずです。
いくつか気になるサイトを閲覧し、気になるものがあれば印刷をしておきましょう。

個人のホームページやブログなどは面白半分で書き込んでしまうことも多く、またそういった内容に乗っかってしまう人が多いのです。個人のブログだからと油断をしてはいけません。

アフィリエイトなど不特定多数の人に閲覧されることを目的としたサイトは、より注意が必要です。
一個人の発言が世間の全体の意見、というようにとらえられてしまうことも少なくありません。

また2ちゃんねるなどスレッドをまとめたようなサイトも、人目につきやすく検索の上位にも上がりやすいので注意が必要です。

もし「裏サイト」を見つけたら


まずはその内容が風評被害をもたらすような、誹謗中傷や人権侵害に当たるかどうかを見極めます。

実際にあったクレームに関しては、ひとつの意見としてしっかりと受け止めることも必要です。

しかしあることないことが書かれている場合も残念ながら多くあります。
そういった場合、まずはそのサイトよりも検索が上位になる対策サイトを立ち上げましょう。

裏サイトの順位を下げることで人目につきにくくするだけでなく、確かな情報を流すことでネットからの集客も望めます。

それでも被害が深刻な場合は、プロの探偵や興信所などの力を借りることもひとつの方法です。
無料相談を行っている探偵事務所も多いので、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら