探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

悪質! 同業他社からの【嫌がらせの実態】

悪質! 同業他社からの【嫌がらせの実態】

ビジネスや経営に関わっている場合、同業者を意識せざるを得ないものです。

ただ、意識しているだけなら良いのですが、世の中には同業他社に対する「悪質な嫌がらせ行為」が蔓延しています。

このような同業他社による嫌がらせには、一体どのようなものがあるのでしょうか。
また、そのような嫌がらせに対しては、どのような対策をとるのが効果的なのでしょうか。

悪質な同業他社からの嫌がらせの実態

世の中にはいろいろな悪質な同業他社による嫌がらせがあります。
嫌がらせの内容は、業種や経営形態などによっても異なりますが、たとえば以下のようなものがあります。

1、 酒類販売の業者であるA社が、新たに市場に参入していったところ、業界内の古くからの他社らによる嫌がらせが始まった。
具体的には、A社の代表者が業界団体の集まりに呼び出されてつるし上げに遭ったり、A社の卸値を調査しそれより低い価格で提供するよう皆で申し合わせて、A社を市場から閉め出そうとした。

2、 ネット販売をしているB社は、業界内の他の業者らから、低い評価をつけるコメントを大量に書き込まれて、評判を落とすこととなった。

3、 お土産屋さんに商品を納入しているC社は、自社の商品が欠品していると言われて納入先のお土産屋さんを見に行くと、自社製品がすべて一番下の見えにくい棚に置かれていて、非常に気づきにくい状態にされていた。

あげていけばきりがありませんが、それぞれの業種において、上記のようなさまざまな態様で、嫌がらせがなされている実態があります。

同業他社からの嫌がらせ対処法


では、このような悪質な同業他社による嫌がらせに対しては、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

そもそもこのような嫌がらせ行為は違法です。
損害が発生していれば賠償請求の対象となりますし、場合によっては業務妨害信用毀損の罪に問うことも可能です。

そこで、嫌がらせの対処法としては、相手方に損害賠償や刑事告訴をする可能性があるなどと通知して、嫌がらせを止めさせることが考えられます。

また、その際嫌がらせの証拠を収集していることが非常に大切になります。
よって、嫌がらせを受けているときは、その証拠を集めておきましょう。

たとえば、上記の事例で言えば
1、 つるし上げに遭っているときの録音データ
2、 低評価のレビューのデータ
3、 自社製品が一番下の棚に集められている様子の写真
などが証拠になるでしょう。

このような証拠集めに自信がない場合は、探偵や興信所などのプロを雇って対処を依頼するのも有用です。
泣き寝入りすることのないよう、しっかりと証拠を集めて対処するようにしましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら