探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気相手に慰謝料は請求できる?できない?具体的な慰謝料相場まとめ

パートナーの浮気が発覚した際、パートナーにはもちろん浮気相手に対しても怒りがこみ上げてきますよね。

浮気によって与えられた精神的苦痛の代償として、慰謝料を請求したいと考える方が多いです。

しかし、もちろんパートナーには慰謝料を請求できますが、浮気相手にも必ず慰謝料を請求できるわけではありません。

そこで気になるのが、「浮気相手への慰謝料請求は、どういったときにできるのか。」ですよね。

今回は、浮気相手に慰謝料が請求できるケースやできないケース、具体的な慰謝料相場について解説していきます。

本記事で得られる具体的なメリットとしては、主に下記の3つ。

・浮気相手に慰謝料を請求できるケース・できないケースを把握できる

・浮気相手に請求できる慰謝料の相場が分かる

本記事を参考に、パートナーと浮気相手の双方に的確な罰を与えましょう。

浮気相手に慰謝料は請求できる?請求可能な3つのケース

まずは、浮気相手に慰謝料を請求できるケースについて解説していきます。

具体的なケースとしては下記の3つ。

・既婚者であることを知っていて浮気した

・婚姻関係の破綻を浮気相手が軽信していた

・浮気によって夫婦関係が破綻した

それでは1つずつ解説していきます。

既婚者であることを知っていて浮気した

パートナーが既婚者であることを知っていて浮気した場合、浮気相手の故意が認められて慰謝料を請求できます。

既婚者との肉体関係は民法の規定に違反するため、故意に浮気関係を持った場合はあなたの権利を侵害したとみなされるのです。

婚姻関係の破綻を浮気相手が軽信していた

パートナー側から「すでに婚姻関係が破綻している。」などの誘い文句があった場合、これを浮気相手が軽信して肉体関係を持つと慰謝料請求の対象となります。

浮気によって夫婦関係が破綻した

パートナーの浮気によって夫婦関係が破綻した場合、慰謝料請求が認められます。

夫婦生活を平穏に送る権利を侵害されているため、精神的苦痛を受けたことは明確。

そのため、仮にパートナーと離婚しない場合でも、浮気相手に対して慰謝料を請求できます。ただし離婚しない場合は、夫婦関係の破綻が原因で離婚する場合よりも精神的苦痛が少ないとみなされ、請求できる慰謝料額は少なくなります。

浮気相手に慰謝料を請求できない5つのケース

次に、浮気相手に慰謝料を請求できないケースについて解説していきます。

・既婚者であることを知らなかった

・夫婦関係がすでに破綻していた

・パートナーとセックスレスだった

・浮気相手の意思に反する肉体関係だった

・ダブル不倫をしていた

それでは1つずつ解説していきます。

既婚者であることを知らなかった

もし、パートナーが既婚者であることを浮気相手が知らなかった場合、浮気相手の故意・過失は認められません。

そのため、仮に肉体関係を持っていたとしても、慰謝料の請求は難しいです。

夫婦関係がすでに破綻していた

パートナーが浮気した時点で夫婦関係が破綻していた場合、浮気相手に慰謝料を請求できません。

そもそも夫婦関係が破綻している時点で、夫婦生活を平穏に送る権利が失われています。

そのため、浮気関係があっても夫婦関係を破綻させた原因とはならないのです。

パートナーとセックスレスだった

あなたとパートナーのセックスレス状態が長い場合、浮気相手に対して慰謝料を請求するのは難しいです。

この場合も、セックスレスの時点で夫婦関係は破綻していると見なされてしまうためです。

場合によっては、離婚時にパートナーからあなたに慰謝料を請求される可能性も。

ただし、夫婦関係の破綻として認められるセックスレス期間は、大体5~10年程度。

半年や1年程度のセックスレス期間なら、浮気相手に慰謝料を請求できるかもしれません。

浮気相手の意思に反する肉体関係だった

例えば、パートナーがほかの異性を強姦した場合、当たり前ですがその異性に故意・過失はありません。

そのため、その異性に対して慰謝料を請求するのはまず不可能です。

ただし、本当にその異性の意思に反している浮気なのかは簡単には分かりません。

パートナーやその異性、あなたの意見をまとめ、慎重に判断する必要があるでしょう。

ダブル不倫をしていた

パートナーと同じくあなたも浮気(ダブル不倫)をしていた場合、夫婦関係はすでに破綻しています。

そのため、パートナーの浮気相手に慰謝料を請求するのはかなり難しいでしょう。

もし慰謝料を請求できたとしても、あなた自身もパートナーから慰謝料を請求される可能性があります。

浮気相手に請求できる慰謝料相場

最後に、浮気相手に請求できる慰謝料相場について解説していきます。

浮気相手に請求できる慰謝料は数十万~300万円が相場

浮気相手に請求できる慰謝料は、数十万~300万円が相場となっています。

こちらの慰謝料額は、下記の条件によって大きく変動します。

・浮気関係が長期間にわたっている

・浮気期間に高頻度で性交渉が行われていた

・パートナーが既婚者であることを浮気相手が知っていて、故意に近づいた

・浮気の事実を否定してうやむやにした

・これまでに何度も浮気が発覚しており、反省がない

浮気相手とパートナーに慰謝料を請求するなら、浮気の証拠を集めよう

いかがでしたか。

浮気相手に慰謝料を請求できるのは、浮気によって夫婦関係を破綻させられたり、浮気相手が故意にパートナーと関係を持った場合などになります。

浮気相手にまったく故意・過失がなかった場合、慰謝料の請求は認められません。

また、浮気相手とパートナーに慰謝料を請求するには、浮気の事実を証明する必要があるでしょう。

浮気の証拠を入手するなら、私たち探偵興信所PIOの浮気調査がオススメです。

浮気調査に関する相談や見積もり作成を無料で受付ており、誰でも気軽に相談できる環境が整っていますよ。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら