探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

【その行動はNG?】妻に浮気された後に夫がとるべき行動とは

「最近怪しい行動が多いなと思っていたら、妻が浮気していた」

あまりの出来事に、ほとんどの男性は混乱してしまいます。

本記事を読んでいる方の中にも、浮気をされて混乱、もしくは落ち込んでしまっている方がいるのではないでしょうか。

まずは落ち着きましょう、あなたは何も悪くないのですから。

深呼吸をして落ち着けたら、これからあなたが行うべきことを整理しましょう。

とはいっても、妻に浮気をされた後は、何をすれば良いのかよく分からないですよね。

そんな方のために今回は、妻に浮気された後に夫がとるべき行動やNG行動、夫婦のこれからについて解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、下記の3つです。

・妻に浮気された後にあなたがとるべき行動が分かる

・とってはいけない行動も把握できるので、余計なトラブルを回避できる

・夫婦のこれからを決めて、明るい未来に進める

それでは解説していきます。

妻に浮気された後に夫がとるべき行動3つ

妻に浮気をされていることが発覚したときは、落ち着いてこれから解説する3つの行動をしましょう。

具体的には下記のとおりです。

・妻が浮気している証拠を集める

・妻の浮気相手の素性を知る

・妻と話し合いをする

それでは1つずつ解説していきます。

妻が浮気している証拠を集める

まずは、妻が浮気しているという決定的な証拠を集めましょう。

妻と話し合って浮気をやめさせたり、離婚を承諾してもらうには、明確な証拠が必要になるからです。

ただし、頑張って集めた証拠が浮気の証拠にならないこともよくあります。

例えば、浮気相手とのメールやSNSのメッセージ履歴に、「会いたい」などと書かれていた場合、これだけでは遊びで書いただけの可能性も考えられるので、法的にも浮気の証拠と見なされないのです。

具体的な浮気をしている証拠になる例は、下記のとおりです。

・浮気相手とラブホテルに出入りしている写真・動画

・浮気相手とどちらかの家に出入りしている写真・動画

・浮気相手との性交渉中の写真・動画

このような証拠の入手は自分だけでは難しいので、まずは探偵に浮気調査を依頼してみましょう。

妻の浮気相手の素性を知る

妻と離婚するのか。

それとも関係を再構築したいのか。

どちらにしても、浮気相手との関係を断ち切らなければいけません。

実は浮気をされた夫は精神的苦痛を与えられているので、妻だけではなく浮気相手にも慰謝料を請求できます。

そのためには、嫌悪感を抱いていても浮気相手の情報を認知しておく必要があります。

妻が浮気したことをすでに認めている場合は、直接聞くことで浮気相手の情報を得ることも可能ですが、そうでない場合は探偵に依頼すると良いでしょう。

妻と話し合いをする

証拠を集めることができたら、妻と話し合いましょう。

直接浮気について尋ねることで、この問題を解決する最初の一歩を踏み出すことができます。

嫌な気持ちを抑えながら、浮気の詳細や妻の心境についてなどをゆっくり話し合います。

このときに、妻が自身の気持ちを全て吐き出せるように、落ち着いた環境を作ることが大事です。

苦しい気持ちは分かりますが、いきなり怒号を浴びせてはいけません。

もしかしたら、妻の話を聞くことで今まで見えていなかった夫婦の問題点や妻の不満などを理解でき、夫婦関係の再構築の糸口が見つかるかもしれません。

まずは、落ち着いて妻の話を聞くことを意識しましょう。

妻に浮気された後にとってはいけないNG行動3つ

妻に浮気されたことで、ショックを受けるのは当然です。

しかし、混乱した状態のままだと冷静な判断や行動ができなくなってしまいます。

まずは落ち着いて、下記の行動を決してしないようにしましょう。

・カッとなっていきなり妻を問い詰める

・妻の浮気相手にいきなり会いに行く

・妻に対する監視行動

それでは1つずつ解説していきます。

カッとなっていきなり妻を問い詰める

妻の浮気が発覚して、カッとなってしまう気持ちは分かります。

しかし、絶対にその気持ちのまま妻を問い詰めてしまってはいけません。

なぜなら、簡単には浮気を認めない妻がほとんどだからです。

沸々とした気持ちを抑え、まずは浮気の証拠集めを優先しましょう。

妻の浮気相手にいきなり会いに行く

妻の浮気が発覚したときに、その状況によっては浮気相手の素性が分かることもあります。

しかし、決して怒りのまま浮気相手のところに会いに行ってはいけません。

決定的な証拠がない状態で問い詰めても、浮気を認めることは少ないからです。

さらには、浮気相手に激高して万が一暴力を振るってしまった場合、その後の展開であなたが不利になる可能性があります。

まずは浮気の証拠を集め、冷静に話ができる状態になってから会いましょう。

妻に対する監視行動

妻の浮気が発覚してしまうと、妻の行動すべてが「これから浮気をするつもりではないか」と思えてしまい、疑心暗鬼になってしまうことがあります。

そうなってしまうことは仕方ないですが、決して妻に対して監視行動はとらないように気を付けましょう。

監視している夫に対して、妻は嫌悪感を抱いてしまいます。

そうなると、さらに浮気相手への気持ちが大きくなってしまう可能性があります。

浮気発覚前と変わらない態度で接することが大事です。

夫婦のこれからを決めよう

浮気の証拠を入手し、妻の気持ちを聞き終えたら、夫婦のこれからについて決めましょう。

夫婦関係を再構築するのか、それとも離婚するのかで注意すべき点が変わりますので、それらをパターン別で解説していきます。

妻と和解し合って夫婦関係をやり直す

妻と和解し夫婦関係をやり直すのであれば、まずは妻に浮気相手との縁を切ってもらうことが大切です。

目の前で浮気相手の連絡先を消してもらいたり、直接別れを告げさせるのが良いでしょう。

ほかにも、妻に浮気を二度としないと誓約書に明記してもらいましょう。

浮気を再犯したときの罰として、「罰金100万円」などを記載しておくと浮気防止に役立ちます。

最後に注意していただきたいのは、浮気問題が一度解決したら、今後一切話題に出さないことです。

一度解決した問題をネチネチ言い続けてしまうと、再びまた夫婦関係の破綻を招く可能性があるからです。

妻と離婚することを決める

離婚をする場合は、前提として入念に浮気の証拠を固めておくことが大切です。

妻に慰謝料を請求する場合や財産分与、親権の取り決めなどに有効な証拠が必要になるからです。

また夫婦で話し合ってもなかなか話が進まない場合は、離婚調停や裁判などを起こすことも視野に入れましょう。

この場合も、有効な浮気の証拠を持っているかが重要になってきます。

1人で抱え込まずにまずは専門家に頼ろう

妻に浮気をされた後に、夫がとるべき行動は多いです。

混乱している中、気持ちを落ち着かせて証拠集めなどを行うのは、正直難しいところもあるでしょう。

そんなときは、浮気調査のプロである探偵に相談してみましょう。

私たちPIO興信所探偵社は、浮気調査に関する無料相談を行っています。

経験豊富なアドバイザーがあなたのご相談を親身になってお聞きし、悩みや不安の解決や、最適な浮気調査の方法をアドバイスします。

1人で抱え込まずに、まずは私たちに相談して一緒に解決していきましょう。

妻に浮気をされた後は現実と向き合うことが大事

いかがでしたか。

本記事では、妻に浮気をされた後に夫がとるべき行動を解説していましたが、実際には妻の浮気に気づいていても、見て見ぬふりをする方は多いです。

浮気していることを妻に問い詰めてしまうと、夫婦関係に支障をきたし場合によっては離婚もあり得ます。

それらに恐怖心を持っている方が多いのです。

しかし、浮気の事実を見て見ぬふりし続けても、あなたには何もメリットがありません。

あなたが自分自身の明るい未来を望むのであれば、現実と向き合ってまずは行動することが大事なのです。

本記事が、あなたのお役に立つことができれば幸いです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら