探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

興信所の身辺調査の料金はどのくらいかかる?何をしてくれるのかも解説

興信所の身辺調査とはどのような調査なのでしょうか?

身辺調査の料金から、どこまで調べられるのか紹介します。

興信所の身辺調査とは

興信所の身辺調査は調査対象者の身元、素性、生活、評判などを調べるものです。

身辺調査の種類と、調査するメリットを紹介します。

結婚前の調査

結婚する前に婚約者の身元や素性を調査します。

以前は結婚する当人の親からの依頼が大半でした。

しかし、現在では結婚する本人からの依頼が増えています。

マッチングアプリや婚活パーティーなどでの出会いが増え、結婚まで婚約者の身元を知らない場合が増えてきたからです。

犯罪に巻き込まれそうな場合の調査

ストーカーや嫌がらせ行為は相手が何者か分からないこともあり、のちに重大な犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

また、いじめには犯罪行為が隠されているケースもあります。

トラブルを起こしている人物を調査し、被害者の安全を守るために、加害者と物理的な距離をとるように指導します。

浮気相手の身辺調査

依頼者のパートナーの浮気相手を調査します。

パートナーに浮気を止めさせる、離婚をする、どちらの選択をする場合でも、浮気相手の素性を知ることは必要です。

また浮気相手に慰謝料請求する場合、浮気相手がどこの誰かを特定できないと、請求できません。

従業員、またはこれから従業員にするかもしれない人の調査

従業員を採用するときに、会社の依頼によって従業員の身辺を調査します。

履歴書に書いている経歴、資格はあくまで自己申告なので、その裏付けをとり、採用しても安心な人物かを確認します。

興信所で行う身辺調査の料金システム

身辺調査の料金は、調査目的、範囲によって大きく変わってきます。

そのため料金も1件ずつ変わってきます。

身辺調査の最低料金

結婚前の調査は、人生を決める重大な情報を扱うため、慎重かつ念入りに行います。必然的に他の身辺調査よりも費用が高額となり、相場は約30万円と言われています。

身辺調査は調べる内容が多くなればなるほど金額が上がるのが特徴です。

職歴、収入、交友関係、親族、借金などの確認調査5項目であれば、約15万円。

職歴、収入、交友関係、親族、借金、所有資産、婚姻歴などの確認調査10項目であれば約30万円となります。

身辺調査の見積もりの見方

よくある身辺調査の金額相場は以下のようになっています。

・経歴確認:約3~3万5,000円

・反社チェック確認:約1万円~25万円

・一般社員:約3万~7万円

身辺調査

他にも家族や親戚に関わる身辺調査の場合、簡易的なケースであれば10万円前後かかり、

数日間の調査を行う場合の費用は30万~60万円になります。

金銭問題

金銭問題に関わる調査では約6万~20万円になります。

調査員1人で調査を行う場合は、時間価格は1時間5,000円から1万5000円が相場となり、調査員の人数×時間価格になります。

行動調査

調査対象者の素行調査をする、いわゆる行動調査の場合は尾行や張り込みなどの調査が必要になります。調査対象者を見失わないように必ず2人以上の調査員を投入する必要があるので、1人で調査するより費用がかかります。

その他調査経費

調査には費用が発生します。

駐車料金、交通費、宿泊費など調査範囲が広がるほどその経費も高くなっていきます。

調査報告書は有料?

一般的には調査報告書は調査費用に含まれており、別途請求されることはありません。

身辺調査で調べられないこと

興信所での身辺調査では調べられないこともあります。

調査できないこと

興信所の身辺調査は探偵業法にのっとって行われます。そのため法律にしたがい、以下に記すような「人の生活や権利を侵害する調査」は行いません。

・別れさせ屋の工作

・復縁工作

・復讐工作

・ストーカーやDVの加害者から逃げている人の身辺調査

・不法侵入、盗撮、盗聴などの法に違反した調査

・本人を偽っての戸籍調査や債務状況の照会行為

・違法な手段を使った情報収集

これらの手段・調査を行えるという興信所は注意した方がいいでしょう。

安心して依頼できる興信所・探偵事務所は?

身辺調査を依頼するのに信頼できる興信所・探偵事務所はどこで見分ければいいのでしょう

見分け方のポイントを7つお伝えします

1.探偵業の届け出を出している

平成19年に探偵業法が制定され、探偵業者は公安委員会への届け出が義務づけられています。探偵業の届け出がなければ、興信所は開業できません。

届け出の表示がない興信所・探偵事務所は避けましょう。

2.契約書を交わす

興信所が調査を開始するには、依頼主と契約書を取り交わす必要があります。契約書を取り交わさずに調査を始めようとする興信所・探偵事務所は注意しましょう。

3.クーリングオフの説明がある

興信所の契約では、契約後一定期間であれば、クーリングオフができます。

契約時には必ずクーリングオフの説明が義務づけられています。

クーリングオフの説明がない興信所・探偵事務所には注意が必要です。

4.事務所での面談を避けない

ネット上にある興信所・探偵事務所の中には、実態はないのにあたかも実在するように見せかけるところもあります。また、副業でアマチュア探偵が調査している場合もあります。

事務所以外でしか面談しない事務所は実態がない場合があります。

5.会社の所在地を明かしている

4の例と同じように住所を公式サイト上に掲載していない場合も信用できません。バーチャルオフィスで住所だけを借りている場合もあります。

6.相談で高額な費用を求められる

多くの興信所・探偵事務所の相談は無料ですが、相談・面談だけで費用が発生する事務所もあります。興信所は調査が仕事なので、正当な興信所では相談だけで法外な費用は発生しません。

7.違法な調査をしない

正当な興信所では先の項目でも述べた違法な調査は行いません。違法な手段を使って調査を行う興信所・探偵事務所は避けましょう。

身辺調査は信頼できる興信所へ依頼しましょう

身辺調査を成功させるためには、信頼できる興信所選びが重要です。

この記事をしっかり読んで、間違いない興信所を選んでください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら