探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

「結婚調査」は必要なの?調査をおすすめするケースをチェック

婚約相手に対して、「その人と本当に結婚してもよいのかどうか」を調べるための結婚調査。家柄を大切にする方や、富裕層の方が依頼するイメージが強い調査ですが、最近ではSNSで知り合った方や結婚相談所を介して知り合った方と結婚するなど、自由な恋愛が増えてきたために一般的な調査となりつつあります。ただ、結婚調査が気になってはいるものの「婚約者に怪しいと思う点はあるけれど、調査するまではないかも…」と調査依頼を迷ってはいませんか?そこで今回は、結婚調査とは何か、結婚調査をおすすめするケースをチェックしていきましょう。

探偵や興信所に依頼できる「結婚調査」とは?

探偵・興信所に依頼できる調査の中で、「結婚調査」があります。これはどんな調査なのか、詳しく解説していきましょう。

婚約者の身辺調査をする結婚調査

結婚調査とは、結婚を約束している・予定している相手を調べるものです。本来、結婚する相手はよく知った人物であることがほとんど。ですが、最近ではSNSを通じて知り合った人物と結婚したり、結婚相談所や婚活パーティを介して結婚したりといったケースが増えています。少し前であればお見合い結婚が主流で、相手の職業や性格・家柄などすべて知った上で結婚する方が多くありましたが、自由な恋愛が主流である現代において、結婚する前まで「本名も知らなかった」という方もいるのです。そうした基本的な情報を調べたり、婚約者本人には聞けない不審に思う点を調べたりする目的で結婚調査は活用されます。

結婚調査を依頼するパターンには、結婚する本人が依頼するときと、親族や家族が代わりに依頼するときが考えられるでしょう。結婚とは夫婦が一緒に人生を歩むだけでなく、家族と家族が結びつくことです。結婚後、生活を継続できない重大なトラブルが起こらないために、またよりよい親族関係と家庭を築くために結婚調査を利用しましょう。

結婚調査で分かること

結婚調査で分かることをここではご紹介します。

浮気相手の有無など

結婚調査をすることで、相手の異性関係を聞き込みや尾行調査によって調べることができます。すべての場合に当てはまるわけではありませんが、中には婚約しているにもかかわらずほかの異性とも交際しており、二股や浮気が発覚するケースもあるのです。

また異性関係のトラブルがないかどうか、友人や周辺の人間に聞き込みをして探ることも可能。結婚生活に深くかかわるのが浮気・異性トラブルなので、しっかりと調査することをおすすめします。

職場や居住地など

基本的なことですが、事前に聞いている職業や住所は本当かどうかが分かります。「年収を少し多めに見積もって伝えている」程度の情報の誤りであれば、結婚自体に深刻な影響は出ないでしょう。ただ、中には結婚詐欺のレベルでプロフィールを偽られているときもあるため、注意が必要です。

学歴や職歴など

事前に聞いていた学歴や職歴があれば、結婚調査によってこの真偽を調べることは不可能ではありません。ただし、探偵や興信所が職場や教育機関から直接回答を求めることは、個人情報保護法などが関わるため「本人の同意書」が必要となります。

浪費癖や借金の可能性など

結婚調査で周囲の人間から話を聞く、行動調査で消費者金融への出入りを確かめるなどの手段で、浪費癖や借金の可能性を調べることができます。友人から金を借りている様子があったり、パチンコや競馬などが趣味だったり、どういった金銭管理をしているのかが調査でおおよそ分かることがあります。

婚姻歴

聞き込みや現地調査で、離婚歴や現在結婚しているかどうかを調べることができます。婚約中であるにもかかわらず、既婚者がいるというのは重大な嘘です。結婚自体を見直す必要もあるため、不審な点があればできるだけ早めに結婚調査の依頼を検討しておきましょう。

結婚調査で調べられないこと

結婚調査を利用すれば、上記でご紹介したような婚約者の実際を調べることができます。ただし、この中にも厳密に言えば調べることができないものも存在します。例えば、

・貯金残高や借入金額

・信用調査

・出生地、国籍など

は調べることができません。貯金残高や借入金額を金融機関に照会する権限を探偵や興信所は持っておらず、そのほかの信用調査や出生地・国籍を調べるのは、差別につながる可能性があるからです。

探偵や興信所の調査は、「探偵業法」によってその範囲と手段が定められています。この中で犯罪や差別につながる調査は禁止されており、センシティブな情報は例え婚約者が対象だとしても調べることはできません。

結婚調査をおすすめするケースとは

結婚調査がどのようなものかが分かったら、調べるべきケースをチェックしておきましょう。「怪しい点はあるけれど、調査するべきかどうか迷っている…」という方は、参考にしてみてください。

経歴詐称が疑われる場合

教えてもらったプロフィールに怪しい点があったり、職業や職場を偽っている様子があったりするケースです。小さな嘘であり、結婚生活に影響が出ないものであればよいかもしれませんが、そもそも「どうして偽る必要があるのか」を考えておかなければなりません。

例えば職業を偽っているケースだと、結婚後一緒に暮らすとなると、必ずその嘘がバレてしまう場面がやってくるはずです。にもかかわらず嘘をついたまま結婚する、というのは、怪しいと言えるでしょう。

DVの可能性や性格に問題があると疑われる場合

結婚後に起こるトラブルとして挙げられるのが、家庭内暴力・DVです。結婚したあとで相手と合わないと感じれば離婚することができますが、離婚が成立するのは「両者が離婚に了承した場合のみ」。結婚後に相手の性格に問題があり、暮らしを維持できないと分かっても問題を解決するには相当な時間と労力が必要となります。

そのため、交際中から性格に問題を感じたり、DVが疑われたりする場合は結婚調査を検討しましょう。聞き込み調査などをすることで相手の過去が分かり、類似したトラブルが過去に起きていたり周囲からの評判を知ることができたりします。

婚約延期が続く場合

結婚の約束をしたにもかかわらず、婚約延期が続くのであれば要注意です。延期をする理由は本人から説明があるかと思いますが、中には「離婚したばかりで結婚できない」「既婚者であるため結婚できない」といった原因も考えられるため、結婚調査の利用を検討してもよいでしょう。

友人や職場関係者を紹介してくれない場合

友人を紹介してもらえない、職場関係者を紹介してくれないというケースも、注意が必要です。先ほど挙げたケースと重なる点がありますが、もしかすると「既婚者であるため友人に婚約者を紹介できない」「職業を偽っているため職場関係者を紹介できない」という理由も考えられるでしょう。こちらも、結婚後の生活を考えると、これから長く生活を共にする夫婦のことです。いずれは友人と関わることも出てくるので、一人も紹介されないというのはやや不自然でもあります。

家族に会わせてくれない場合

婚約すると、必ず両家の顔合わせがあります。ただ、いつになっても相手側の家族を紹介してもらえない場合、伝えている経歴があまりにもかけ離れたものだったり何かしらの問題があって顔合わせが実現しない可能性があったりするでしょう。相手側の家族が反対しているケースも考えられます。いずれにせよ、安心して結婚するためには一度調査を依頼することをおすすめします。

金銭を要求されている場合

結婚するにあたって、「結婚後の生活のために出資に協力して欲しい」「〇万円あれば結婚できる」という風に、婚約を前提として金銭を要求されるケースがあります。お互い了解の上で婚約までにお金を負担することもあるとは思いますが、金銭がらみのトラブルが婚約前に起こっているのは、結婚詐欺によく見られるパターンです。

この場合、金銭を要求されている理由が本当かどうか、また婚約者の素性を知るために結婚調査を利用するとよいでしょう。

自分の親族が結婚に対して懐疑的な場合

相手のことをあまり知らないまま婚約するケースは、SNS恋愛やマッチングアプリで知り合う男女が増える現代ではよく見られるものです。それでも相手に怪しい点がなく、結婚生活を送れる自信があれば、もちろんそれもひとつの結婚の形でしょう。ただ、SNSに理解が少ない世代であったり、結婚に心配があると思う親族を持つ方だったりすると、「どうしても婚約者を信用できない」と反対を受ける場合もあります。

このとき、結婚の話を強引に進める前に、一度立ち止まって考えてみるとよいでしょう。結婚する当事者はその後の生活や挙式に想いを馳せるあまり、冷静な判断力を失っている可能性もあります。また、結婚調査をすることによって親族に対して「信じてもらえる」というメリットもあるのです。双方納得の上で結婚できるよう、また結婚を周囲から祝福してもえるよう、調査を利用するというのも一つの手段です。

結婚調査は相手にバレない?調査方法をご紹介

結婚調査を依頼するにあたって、気になるのがその調査の「リスク」ではないでしょうか。ネット上の口コミを見てみると、「結婚調査が相手にバレてしまった」というネガティブな情報もあります。最悪の場合婚約破棄となる場合もあるため、ここでは結婚調査がバレる可能性や調査方法、バレないようにするべきことをご紹介します。

結婚調査はどうやって行われる?

結婚調査は、「聞き込み」「張り込み」「尾行」によって調査されます。こうしてみると、「真似できそう」という単純な方法ではありますが、シンプルだからこそ「誰に聞き込みをするか」「どんな尾行経路を使うか」とプロはその手段を精査して調査します。

調査対象者、ここでは婚約相手となりますが、婚約相手本人に聞き込み調査をすることは非常に稀です。相手にバレた時点で調査を中止せざるを得ないため、バレない範囲を見極めて臨機応変に調べていきます。

よく口コミなどで結婚調査が婚約者にバレたというものが見かけられますが、基本的には探偵・興信所の結婚調査が発覚することはありません。そのためにも調査機関選びは大切で、任せられる実績と信用があるところを選び、依頼するようにしましょう。ほとんどの探偵・興信所では調査の契約前に無料で相談できる機会が用意されているので、このとき結婚調査の実績と調査によって何が分かるのか、調査報告書のサンプルなどを事前に聞いておくと安心ですね。

バレないように依頼人ができること

結婚調査を依頼したことを、婚約者にバレたくない!そう思うのであれば、自分でもバレないように工夫することが大切です。

結婚調査を依頼するにあたり、探偵や興信所に打ち合わせや報告などで出入りすることとなります。このとき、友人や知り合いに目撃されない時間帯やタイミングを徹底するのがおすすめです。気になるようであれば、普段の生活エリアから外れたところにある探偵や興信所を選んだり、場合によってはリモートで打ち合わせしたりするのもおすすめです。リモートの打ち合わせが可能かどうかは各調査機関によって異なるので、事前に確かめておくとよいでしょう。

また婚約者と同棲していたり、婚約者が自室に出入りしたりするのであれば、調査機関を調べた履歴を消去しておく、パンフレットや資料・名刺などを見つからない場所に保管しておきます。

探偵の調査は念入りに行われるため、バレる可能性は低いです。ただ、調査報告書や資料などを自宅でどう扱うかによって調査が分かってしまうケースも考えられるため、結婚調査を依頼する際には十分気を付けておきましょう

まとめ

探偵や興信所に依頼できる結婚調査。婚約者を疑うのは心境的に「相手を裏切っているのではないか」と思ってしまう方も多いです。故に怪しいと思った点も見過されがちで、幸せな生活が待っているはずの未来が壊れてしまう可能性も出てくるのです。ただ、一度結婚するとその後の生活には大きな影響が及びます。今結婚について、婚約者について悩んでいる方は、今回ご紹介したケースに心当たりがないか一度冷静に考えてみてください。結婚すると当人だけでなく家族にもかかわってくることなので、少しでも不安に思うことがあれば調査のプロに相談してみましょう。決して一人で解決しようとして調べたりせず、リスクの低い結婚調査を利用することをおすすめします。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら