探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

結婚調査・婚前調査とは?分かることや探偵の選び方などをご紹介!

みなさんは結婚調査・婚前調査をご存じでしょうか。「名家や家柄を大切にする家庭が頼むもの」「相手のことはよく知っているから婚前調査は必要ない」そう思う方も多いかもしれませんが、最近ではごく一般の方でも依頼することが増えています。結婚後に相手の性格や浪費癖、浮気癖に気付くとなかなか後戻りはできないもの。大切な家族と家族の結びつきである結婚にまつわる婚前調査について、今回は詳しく解説します。

結婚・婚前調査とは?

結婚調査、婚前調査とは結婚を予定している婚約者の身辺や人柄、評判などを調べるものです。結婚までする相手だから、「知らないことはないんじゃないの?」と疑問に思う方はいるかもしれません。しかし、最近ではSNSなどインターネットを通じて知り合った男女が結婚することが多いなど、「相手のことをよく知らないまま結婚する」ことが増えました。そのため、婚前調査のニーズとしても「まず教えてもらった名前は本当に合っているのか」「職業を詐称していないか」など相手の基本的なことを知りたがる依頼人もいます。

さらに結婚相談所や婚活パーティで知り合い、結婚するカップルも増加中。マッチングサイトを利用して知り合うケースもあるでしょう。これはお互い結婚の意思がある男女をめぐり合わせるシステムではあるものの、相手のことを深く知らないまま結婚へ進むこともあるため、「結婚する直前になって不安になってきた」という方もいるようです。ご家族としても、「教えてもらったプロフィールは信じてもよいのか」と裏付けが欲しくなることでしょう。

一度結婚してから、浮気癖や浪費癖、暴力的な性格が分かったとしてもすぐには離婚できません。離婚するには双方で納得する必要があり、もし相手が離婚を拒否すれば婚姻生活を続けなければならないのです。離婚すると戸籍にも記録が残るため、婚約者に対してどうしてもぬぐえない不信感を持つ方は、一度探偵や興信所にプロの調査を依頼することを検討してみるとよいでしょう。

まずは婚前調査について、調査の結果分かることをご紹介します。

婚前調査で何が分かるの?

婚前調査では、婚約者の身辺や人間関係を調べることで本人の性格や所属先(勤務先)、学歴や交友関係などを調べることができます。このあたりを詳しく解説していきましょう。

婚約者の人柄・周囲からの印象や評判

婚約者の周辺関係者に聞き込みを行うことで、人柄や周囲からの印象を調べることができます。もちろん問題のない方もいますが、周囲から聞き込みをすることで

・浪費癖がある

・パチンコやスロットなど、娯楽に没頭している

などが分かります。中には婚約者からの情報だけでは知り得なかった「人望が厚く、周囲からも人気が高い」などが調査で分かると、安心してその後の結婚生活も送れるでしょう。この婚約者の人柄や周囲からどう見られているか、という点に関しては、結婚する本人よりも家族や周囲の人間が気にすることも多いようです。家族を安心させるために、婚前調査を利用するのも一つの手段ですね。

婚約者の仕事について

婚約者に教えてもらった職業や職場で、実際に就業しているかどうかが分かります。また転職歴なども聞き込み調査から分かることもあるため、頻繁に転職しているかどうかが分かるのも婚前調査の特徴です。

もちろん中には前職について一部嘘をついていた、といったことが発覚するケースもありますが、中には結婚詐欺と呼べるレベルで経歴を詐称していることもあるため、事実関係を確かめることは大切です。

婚約者の交友関係や異性関係、婚姻歴など

婚約者周辺の人間関係を調べることで、どんな友人と親しくしているのか、過去に結婚しているのかなどを調査します。婚前調査を依頼する方の中でも、婚約者の過去の恋愛歴や異性関係、婚姻歴は特に気になるところでしょう。

何も問題がなければ安心できますが、中には既婚者であることを隠していたり、どこか怪しいと思ったら他にも恋人がいたりといったケースもあるためとても重要な調査です。また、異性関係を知ることで相手の浮気癖についても推測できるので、その後の結婚生活に役立てることができるでしょう。

婚前調査でも調べられないこととは?

探偵や興信所などの調査機関は、調査のプロです。しかし、専門家であっても婚前調査で調べられないこともあります。

貯金額や借入額

婚前調査では、婚約者の口座残高や借入額などを知ることはできません。これは、探偵や興信所が金融機関や信用情報機関に、これらの情報開示を要求する権限を持たないからです。

ここでひとつわかることは、中には「相手がどのくらいの財産を持っているかも調べられますよ」といったうたい文句で婚前調査を行う機関があったとしても、実際には不可能であるため注意が必要です。

ただ、婚前調査で身辺を調べると、「消費者金融店舗に出入りしていた」「金遣いが荒いと周囲から噂されていた」といったことが分かります。よって借金の可能性などは調査できるのですが、具体的な貯金額や借入額など口座情報を知ることは不可能なので、覚えておきましょう。

差別調査・前科歴など

探偵や興信所の調査において、その範囲や手段を定める「探偵業法」があります。この法律に反した調査を行うことは禁止されており、この中では「差別や犯罪につながる調査」はできないこととなっています。

このため、婚約者の差別に繋がる調査や前科を婚前調査では調べることができません。警察の前科情報を不正に入手する行為は違法となり、部落出身者等の差別調査も調査してはいけません。探偵業法だけでなく、別の法律にも抵触する恐れがあるため、センシティブ情報に関しては調べられないことを知っておくとよいでしょう。

婚前調査はバレない?

次に気になるのが、婚前調査を頼んでみたいけれど「婚約者にバレたらどうしよう」という点です。探偵や興信所に依頼するとバレるから、「自分でやってみよう」という方もいるかもしれません。ここでは婚約者に婚前調査へ依頼したことがバレるかどうかについて解説していきます。

「自分で調べる」「探偵で調べる」どちらがバレない?

婚前調査を探偵に頼むと、バレたら大変と自分で調べるという方法。これは明らかに調査を依頼するよりも、自分で調べた方がバレるリスクは高いです。

探偵は調査を長年経験しているため、直接調査対象者=婚約者を調べることはまずしません。怪しまれないよう人間関係を見極め、また事実を何重にも裏付けるのでより確実な情報が手に入ります。

自分で婚約者を調べるとしても、極端に言えば不可能ではありません。しかし、周辺の人間関係や評判などを聞き込むうちに本人に周囲をこっそり調べていることがバレたり、最悪の場合婚約関係にも影響が出るため慎重に行動することが望まれます。

バレてしまうケースもある?

ただし、ネットで婚前調査の口コミを調べてみると「婚約者にバレて婚約破棄になってしまった」といったものが見つかります。どんなに優秀な探偵を雇ったとしても、残念ながらバレてしまう可能性がゼロにはなりません。とはいえ探偵や興信所の調査が対象者に分かってしまうというのは、その調査力に少し疑問が残ります。まず、婚前調査にしろなんの調査にしろ、対象者にバレるのはその時点で調査を中断するレベルで起きてはならないことだからです。

現状ほとんどの探偵・興信所では婚前調査を扱っていますが、この調査の実例と経験があるかどうかを見極めてから選ばなくてはなりません。もし経験が少ないところや、見様見真似で婚前調査を行っている機関であれば、バレるケースも少なくないでしょう。探偵や興信所では調査の契約を行う前に、無料で相談ができることがほとんどです。その際に婚前調査の実績や調査報告書のサンプルを見せてもらうなどして、選ぶ際の判断材料にしてみてください。

バレてしまったときのデメリットとは?

婚前調査が相手にバレてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。ここではそのデメリットを3つのポイントに分けて説明します。

相手からの信頼を失う、不審に思われる

探偵調査で問題がなかったとしても、こうした調査を依頼していることが分かると相手から不審がられたり、信用を失ったりします。すべての方がショックを受けるわけではありませんが、相手の人生経験や感じ方によっては最悪の場合婚約破棄になってしまうこともあるでしょう。

婚前調査がバレてしまう原因は、「調査の段階で探偵を婚約者が発見してしまった」というパターンがすべてではありません。例えばパンフレットや契約書、調査報告書などを自宅に置きっぱなしにしており、それを見て察してしまうケースもあるでしょう。もし調査をするのであれば、相手に伝わってしまうような行動はできる限り慎むことをおすすめします。

こちらの素性も求められることがある

自分のことを相手が調べている、と分かると、相手のことも知りたくなる。調べても問題のない素性なのかと問いただしたくなるのが人間の性質です。もし婚前調査がバレて、婚約者が許してくれたとしても、相手もこちら側の状況をより深く知りたがるかもしれません。

探偵の調査が入ったとしても「自分側には知られて困ることはひとつもない」という方ならよいのですが、隠しておきたいことがあったり婚前に知られてはならないことがあったりするなら、そもそも婚前調査を依頼するかどうかの段階で、慎重に検討してみてください。

結婚後の関係に影響が出ることも

もし、婚前調査がバレた当時は許してくれたとしても、結婚後にその出来事がしこりとなって夫婦生活に影響が出るかもしれません。また、婚約者本人が許してくれたとしても、婚約者側の親族にとって「調査された」というのは心象が悪くなるものです。

そのため、婚前調査を行う際はできる限り

・本人に分からないように進める

・調査終了後も調査機関からもらった書類などは厳重に保管する

といった立ち回り方が重要です。繰り返しになりますが、最悪の事態を考えて婚前調査を行うかどうかもよく考慮して決定しましょう。

婚前調査を行った方がよいケースとは?

ここまでは婚前調査を行う上で気を付けるべきこと、バレたときのリスクなどをご紹介しましたが、状況によっては婚前調査をすることで離婚を回避したり安心した結婚生活を過ごせるようになったりできます。婚前調査を行うメリットと、行った方がよいケースを具体的に説明しましょう。

家族の信頼がどうしても得られないとき

記事冒頭でもお伝えしたように、最近ではネット上で知り合ったりSNSで知り合ったりと、自由恋愛が主流です。こうした出会い方の男女が結婚するとなると、まず親族側から「相手のことは信用できるのか」「情報が少なくて結婚に賛成できない」といった懸念をされることが多いです。

このとき、例え相手を疑う気持ちが本人になくても、家族からの了承と信頼を得るために婚前調査を行うという手段も考えられます。結婚は本人だけの出来事ではなく、その後もずっと続く家族と家族の結び付きです。みんなから祝福される結婚をするために、ぜひ婚前調査を利用してみてください。

結婚後も安心して暮らせる

婚前調査で発覚することのすべては、結婚後の生活に影響が出るものです。結婚してから分かったのでは遅い相手の性格や状況が、入籍前に把握できるのは婚前調査の最大のメリットでしょう。

もし婚前調査で何も問題がなければ、相手のことを心から信頼できるはずです。結婚生活はいつでも順風満帆なものではないため、二人で乗り越えないといけない状況になったときでも、相手の素性や本当の性格を知っておけば必ず信じられるでしょう。

まとめ

小説やドラマの中でよく見かける婚前調査。家柄を気にする方や職業的に婚約者の素性を知っておきたい方のためにある、というイメージが強い調査ですが、自由な出会い方と恋愛が主流となっている現在では一般的に普及しています。ささいなことでも、婚約者に対して怪しいと思ったのなら、一度調査の専門家に相談してみてもよいかもしれません。「家族から結婚を許してもらえない」「相手に不信感があるが、本人に直接聞くことはできない」と悩む方は、今後の夫婦生活のために、婚前調査を正しく理解し役立てましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら