探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

結婚相手の浮気が分かったら…やってはいけないこと4つ

パートナーが浮気をしていることが分かったら、あなたならどうしますか?探偵や興信所に調査を依頼する、浮気相手を調べるなど、行動に移したいことがたくさんあるかもしれません。しかし、実はその行動はNGかも?今回は浮気を知った場合に「やってはいけない行動」を4つご紹介します。

その1 浮気を疑っていることがバレる

パートナーの浮気を見破るために、スマホのロックを開けようとしたり、相手が入浴中・外出中にスマホの中を見たりする方は多いです。確かにスマートフォンの中には浮気の証拠となるものが残っている可能性は高いのですが、例えばメッセージアプリを開き、未読状態だったものを既読に変えたり、ロック解除をしたままで相手に渡したりすると、こちらが浮気を疑っていることがバレることがあります。

浮気をこちらが知っていることを、どうして相手に知られてはならないのでしょうか。自分に置き換えてみると分かりやすいのですが、パートナーが浮気を疑っているようであれば、浮気を隠す、浮気相手との連絡履歴を消すなどの行動が予測できますよね。つまり、こちらが知りたい浮気の証拠を消されてしまう、もしくは巧みに隠されてしまうのです。

浮気を理由として離婚を申し出たとき、離婚に応じたくないと考えているパートナーであれば「やっていない」と言い逃れするはず。そして証拠を探そうと思っても、先に消されているのではなすすべがありません。今後の身の振り方を考えておくと、浮気が分かっても「私は浮気を知らない」という態度で相手と接する方が無難です。

その2 感情的になって訴える

パートナーの浮気は、ひどい裏切りともいえるでしょう。浮気をされた側は悲しく、悔しい思いでいっぱいです。それを相手にぶつけ問い詰める方もいますが、その後離婚や慰謝料を請求したいのであれば、冷静に対応しておきましょう。

問い詰められた相手はどう考えるでしょうか。「浮気をしているでしょう?」と問いただし、「しています」と認めるケースは多くありません。ここで「していない」と相手が浮気を隠すようであれば、話し合いは平行線上になり、長期化することも予想できます。そして先ほども説明したように、浮気がバレていると知った相手は浮気を隠そうとするでしょう。

浮気が事実かどうかを知るためには、相当な時間と労力が必要ですが、相手に故意に隠されるとさらにややこしくなります。また、相手の浮気を調べている間には精神的ダメージも負うため、長期間の相手への調査はおすすめしません。素人が調査をすることでいざ離婚をする際に自分の立場が悪くなる、知識がないために法律を犯してしまうなどのケースも考えられるのです。

その3 浮気相手と連絡を取る

相手のスマートフォンを調べたら、偶然浮気相手が見つかり連絡を取った。こんなパターンもあり得ますよね。パートナーに対する怒りも頷けますが、同時に「浮気相手も許せない」と考える方がほとんどです。相手の顔を見たい、説教してやりたいと思う方もいるでしょう。

ただし、浮気相手と連絡を取るのはリスクが高い行動です。浮気相手だとこちらが思い込んでいて、実は勘違いだったとしたらどうでしょうか。「証拠もないのに不倫だと決めつけるなんて、訴えてやる」と言われると、こちらの立場がとたんに弱くなります。例え本当だとしても、浮気相手が「証拠を出せ」というケースもあるでしょう。パートナーと連携を取り、アリバイ工作することも考えられるため、二人で共謀して浮気の証拠を隠滅される可能性もあります。

最も考えたいのは、あなたの精神面です。浮気相手を目の前にして、ほとんどの方が冷静な状態でいられないでしょう。浮気を知った時点で相当精神的に参っているにも関わらず、浮気相手と対面してしまうと、「何か仕返しをしてやりたい」と相手に乱暴な行動をとることがあるかもしれません。中には浮気相手と落ち着いて話し合い、パートナーの浮気を辞めさせることができる方もいると思いますが、その自信がないなら浮気相手とは会わないことをおすすめします。

その4 自分で証拠を集める

浮気が分かると、やりたくなるのは証拠集めではないでしょうか。インターネットを見ると、簡単に「浮気の証拠とはこういったもの」という情報を手に入れられます。ならば、パートナーと浮気相手がホテルに行くところと出るところを何度か写真に収められたら確実な証拠を手に入れられることでしょう。

「写真撮影くらいなら自分でできる」と思う方もいるかもしれません。しかし、浮気のスケジュールを完全に把握しており、あらかじめ二人がホテルに行く確証があり、ホテルの場所も分かっているというのは現実的ではありません。どこかが予想の段階に当てはまってしまい、浮気現場に遭遇するにはかなりの時間を要するでしょう。生活状況にもよりますが、相手との婚姻生活を続けながら長期的に調査するのは、相当難しいはずです。また、ホテルの前で待っておけばいつか証拠が集まるかもしれませんが、人物と場所そして日時がはっきりわかる写真を撮影するのは、かなりの技術がいります。

「じゃあ会社に行くといったパートナーを尾行しよう」と思う方もいるかもしれませんね。テレビや小説の中では簡単に描写されますが、尾行は相手にバレやすく、また見失いやすい調査方法です。車で尾行するにも、高度な運転技術が必要となります。徒歩でも自転車でも、自家用車でも、素人が尾行の真似事をすると衝突などの事故につながる可能性もあるため、やめておきましょう。

調査は探偵や興信所に依頼を

浮気を知った場合のNG行動を考えてみると、できることは何もないように感じるかもしれません。しかし、探偵や興信所に依頼すると安全に、確実な証拠が手に入ることがあります。

浮気が原因で離婚する場合、浮気の証拠として提出できるものの中に「調査報告書」があります。これは、探偵や興信所からもらえるもので、素人では難しいホテルに何度も出入りする写真などが記載されています。第三者の目からみても不貞行為が明らかとなるため、離婚裁判となったとき、証拠として提出できるものです。

また、探偵や興信所は豊富な知識と経験で調査します。素人の調査よりも無駄がなく、相手にバレる心配もありません。また、調査の裏付けは何重にもとっているため、自分で調べた場合に起こりがちな「浮気相手を間違っていた」という可能性がないのです。

まとめ

パートナーの浮気が分かったら、やはり相手を問いただし浮気を認めさせたい、辞めさせたいと思う方は多いでしょう。しかし、そのときの行動は離婚条件やその後の関係構築に大きく影響を及ぼします。まずは、今後どうしたいかを考えて、無暗に証拠を集めようと思わず、調査するなら探偵や興信所に相談しましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら