探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

「婚約相手が浮気しているかも……」婚約中でも慰謝料は請求できる?

「婚約相手が浮気しているかも……」婚約中でも慰謝料は請求できる?


結婚前の婚約期間中にパートナーに浮気された場合、慰謝料の請求はできるのでしょうか?
「婚約相手が浮気しているかも」と疑っているのなら、婚約者の浮気に対するベストな対処法を確認しておきましょう。

婚約中の浮気に慰謝料請求は可能?

婚約中の相手が浮気をしてしまうというケースは、残念ながらたびたび起こりうるものです。
婚約中の浮気が発覚した場合にはどう対処したら良いのでしょうか?

そもそも婚約というのは結婚の約束をすること。
しかし、何かの折に「結婚しよう」と伝えただけの口約束では、婚約が成立しているということにはならないので気をつけましょう。

ただし、プロポーズをして結婚の約束をし、互いの両親にあいさつをしたり、結納を交わしたり、結婚式場を予約したりと、結婚に向けての準備を始めている状態ならば話は別。
婚約が成立し、ふたりで結婚に向けて準備している段階なら、双方は貞操を守る義務を負っています。

そのため、婚約中の浮気に対して慰謝料請求や損害賠償請求を起こすことも可能になってくるのです。

婚約破棄の慰謝料に相場はある?

一般的に、相手の浮気によって婚約破棄に至った場合、慰謝料の額は50万円から200万円ほどになるとされています。
しかし、慰謝料にはこれといった相場はなく、状況によってその額も大きく変わります。

例えば精神的苦痛の度合いが激しい場合や、新婦が妊娠している状態で新郎が浮気したという場合などには、慰謝料が高額になる可能性もあります。
さらに、結婚式場や新婚旅行を予約していた場合のキャンセル料金や婚約指輪の代金、結婚による退職で減少した収入の額などを損害賠償として請求できることも多いです。

婚約中の浮気はどうやって調査すべき?

婚約中という人生の大きな節目を迎える大切な時期にパートナーの浮気が発覚するのは、心身ともにつらいこと。
なかには、証拠を掴めずに泣き寝入りをしてしまうという人もいます。

しかし、大事な時期だからこそ事実関係をきちんと明らかにすることが大切です。
婚約中の浮気に対して慰謝料請求を行なうためにはまず、相手の不貞行為の証拠を掴むことがなによりも大切です。

浮気の証拠集めを個人でどうにかするというのはかなり難しいもの。
確実に浮気の証拠を集めようと思うのなら、興信所に依頼することも選択肢に入れておくと良いでしょう。

婚約中の浮気に対しての慰謝料請求で重要なのは、とにかく確固たる証拠を掴むことです。
結婚というのは新たな人生をスタートさせる大切な節目です。
後々悔やむことないよう、慎重な行動を心がけてください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら