探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

行方不明者を探せ! まずは交友関係から心当たりを探すべし

行方不明者を探せ! まずは交友関係から心当たりを探すべし

もしあなたの家族の誰かが行方不明になったらどうしますか?
多くの方が心当たりを探そうと必死になり、手当たり次第にさまざまな場所を探そうと思います。
しかしただ闇雲に探しても見つけることは難しいですし、効率は決して良いとはいえませんよね。

それでは行方不明者を見つけるためには、どのようなことから始めていけば良いのでしょうか?
今回は行方不明者を探す時に必要な方法をご紹介していきます。

「自分で行う捜索範囲」を考えておく


行方不明者を探す際に最も重要になるポイントの1つが「スピード」です。
非効率的な捜索をしていると、場合によっては行方不明者の命に関わるため、できる限り早く行方不明者を見つけなければなりません。
そのため「自分で行う捜索範囲」などのボーダーラインをあらかじめ用意しておくことが大切です。

 行方不明者の交友関係をできる限り特定しておく
まずは行方不明者の交友関係を把握しておきましょう。
SNSを利用し交友関係を把握して、可能であればその知人や友人に電話をかけ、行方不明者の居場所を尋ねるようにします。
ここでヒントが見つかれば大きな手がかりとなりますが、実際はそう上手くいかない場合もあることでしょう。

そういった場合は行方不明者のパソコンの履歴を確認する方法もあります。
行方不明者が持っていたSNSアカウントを特定することも視野に入れながら、交友関係をできる限り広く把握しましょう。

 行方不明者のよく行く場所をピックアップする
交友関係の記録と並行して、思いつく限り行方不明者と関わっている「場所」をいくつかピックアップしましょう。
目安としては「30個」ほど、行方不明者が通いそうな場所を洗い出しておきます。
もし30個も見つけられないようならば、先ほどリストアップした知人、友人に聞きながら、できるだけ多く用意できるよう努めましょう。
そして場所をピックアップできたら、心当たりがある場所へ行き捜索活動を行います。

「自分で行う捜索範囲」を超えてしまったら

もし前述した内容を行っても成果がなく、自分の力で探せる範囲を明らかに超えていると感じた場合は、興信所に行方不明者の捜索を依頼するという方法もあります。

費用はかかりますが、依頼することで張り込み調査や聞き込み調査など自分では行えない範囲の捜索ができます。
SNSなどインターネットでの情報収集も効率良く勧められるので、行方不明者の発見に大きく近づきます。

捜索期間が長期的になると、行方不明者の命に関わる可能性が高くなるため、捜索が難航するようならばこういった興信所の活用も頭の片隅に入れておきましょう。
誰しも行方不明を捜索する状況では焦ってしまうものですが、冷静かつ確実に情報収集することが早期発見につながる鍵となります。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら