探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

大きな取引の前に! チェックすべき取引先のポイント

大きな取引の前に! チェックすべき取引先のポイント

大きな仕事を成し遂げるためには、信頼のおける取引先を確保したいものです。
しかし、どんなにいい条件に思える取引であっても、取引をする相手と契約を完了する前に必ずチェックしておきたいポイントがあります。
取引先の業績や信用に不安がある場合、どんなふうにチェックすればいいのでしょうか?

今回は、仕事をスムーズに成功させるために知っておきたい取引先のチェックポイントをご紹介していきます。

取引先の職場の雰囲気はどうか


相手企業の信用度は、社内の雰囲気ではかることができます。たとえば、電話対応のやりとりひとつであっても、社内が荒れている片鱗が感じ取れる場合があります。
言葉使いや電話口でのテンション、電話に出るまでの時間など細かくチェックしておきましょう。

また、相手がどんな企業であるかを知る上で大切なのは、営業マンが実際に取引先を訪れたときに感じた雰囲気です。
営業に訪れた際は単にものを売り込むだけでなく、相手企業のことをより多く把握することが大切です。
取引先と直に接する機会が多い営業担当が得てくる情報には、取引を成功させるためのカギがひそんでいます。

さらに、職場の雰囲気から業績不振かどうかを感じ取れる場合があります。
従業員たちの表情が暗く、無気力な様子で働いていたり、頻繁に解雇される人がいる企業には注意が必要です。

業績不振な企業の特徴を把握して


社員の顔ぶれが頻繁に変わっているような企業では、業績だけでなく、社員たちの士気が下がっている可能性があります。
社長やリーダーとなる人物の指揮能力に問題があったり、社内の人間関係が崩壊しているという場合も。

また、他の取引先からきこえてくる評判にもよく耳を傾けることも大切なポイントです。
同じ業界同士であれば、他の企業の噂や業績の情報は入ってくるもの。細かな情報であっても参考になることがあります。

さらに、自社の営業マンからの聞き取りだけでなく、相手企業の関係者への聞き込みによって得られる情報は有益です。
社内への不満や愚痴を他社の社員にすぐこぼしてしまうようなら、よほど業績や社内の雰囲気がよくないという証拠になります。

こういった企業と取引を開始してしまうと、何らかのトラブルに巻き込まれたり、損害が出てしまったりというケースに陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

支払い能力がある企業かどうか

取引条件や内容を急に変更しようとしてきたり、経営の話になると歯切れが悪くなるといった企業の場合は、支払い能力に問題が生じている可能性があります。
最悪の場合、支払が遅れたり、納品されるはずの品物が滞るといったリスクが生まれることも。

決算の情報があまりない小さな企業の場合、経営の実態がなかなか見えてこないこともあります。
取引を考えている企業の評判が聞こえてこない場合や、企業の内情に大きな不安がある場合には、取引の前にしっかりとリサーチをすることが大切です。
自社では難しいという場合には、プロの手を借りて調査を行うと安心ですよ。
探偵や興信所に調査を依頼すれば、秘密裏に調査を行うことも決して難しいことではありません。

不透明な企業との取引は、自社の評判を下げてしまうことにもつながります。
新たな取引を開始するときには、相手の企業が本当に安全なのかをしっかりと確かめることが大切です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら