探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

身勝手な離婚を防ぐ「離婚不受理届申出」提出の重要性とは

身勝手な離婚を防ぐ「離婚不受理届申出」提出の重要性とは

離婚届は夫婦両方の署名が必要になりますが、筆跡の鑑定などが無く、三文判でも受理されてしまうため、勝手に出されてしまうケースもあります。
一度離婚が受理されると取り下げが容易ではないため、離婚協議などが長引くようであれば「離婚届不受理申出」を出して、受理を防ぐことが重要となるのです。

そこで今回は、離婚不受理届申出の重要性についてお話し
していきます。

離婚届の取り下げは容易ではない


離婚届は、夫婦両名の署名と捺印が必要になります。
しかし、筆跡の鑑定などが行われないため、相手の都合で勝手に出されてしまうケースもあります。
受理をなかったことにするためには様々な手続きが必要になり、裁判が必要になることもあるのです。

取り下げまでに時間がかかるケースも多く、その間に離婚歴が戸籍にのってしまうなど、さまざまな不利益が発生する恐れがあります。

そのため、勝手な離婚受理を防ぐために必要になってくるのが「離婚届不受理申出」です。
離婚届不受理申出を提出することで、一方的な離婚届を無効とし、話し合いや裁判の時間を確保することができるのです。

カッ! となって署名してしまった際も有効


離婚届不受理申出は、つい感情的になって離婚届に署名をした際でも提出することができます。
離婚は夫婦間の事情や感情が大きく絡んだもの。
どうしても感情になってしまうことが多いため、冷静になってから離婚を取り消したくなる人も存在します。
感情的な離婚を避けるための予防措置として、離婚届不受理申出を提出することもできるのです。

有効期間は取り下げの処理が行われるまでで、逆にいえば離婚のための最大のハードルになってくる場合もあります。
安易な離婚を防ぐための防護策もあることを念頭に置く必要があるのです。

早目の提出や手続きが焦点に

離婚届不受理申出では、自分の望まない離婚を防ぐために大切なものである一方で、相手に悪用されるとどうしても離婚が長引いてしまいます。

とくに法的な知識がないと話合いもこじれがちで、感情的になって泥沼の裁判となってしまうケースもあるのです。

この場合は冷静な第三者が入った方が良く、弁護士を雇うのが基本といえます。
しかし、離婚を有利に進めるたり、離婚を防いだりするための証拠集めなどは自分で行うことが難しいケースも多く、弁護士に頼むと多額の費用が発生する可能性があります。

裁判を避けて協議離婚で終わらせるためには、探偵事務所や興信所で相手の行動をしっかりと調査し、自分に有利な証拠を揃えることも大切になってくるのです。
相手が法的な根拠を無視した行動をとっていれば、より有利になる可能性が高いだけでなく、さまざまな相談が行える面でもプラスになります。

離婚届は一度受理されてしまうと取り下げが容易ではないうえに、手続きも長期化する傾向があるのです。
離婚届不受理申出を提出することで一方的な離婚を防ぐことができるだけでなく、話し合いのための時間を確保することもできます。
離婚届不受理申出の提出を上手に活用することが重要です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら