探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

家族が行方不明になったときの捜索手段は?

家族が行方不明になったときの捜索手段は?

年間8万人以上と、日本でも行方不明者は後を絶ちません。

失踪は誘拐といった犯罪、自殺といった深刻な事態につながっているケースも多くあります。
原因はさまざまですが、もし家族が行方不明になってしまったら、どのような対応をすればいいのでしょうか。

ここでは、行方不明になってしまった家族を捜索するための手段をご紹介します。

まずは保護する必要があるかを判断しよう

家族が行方不明になってしまったら、まずは保護が必要かどうかを判断します。
たとえば未成年の家族が行方不明の場合はすぐに保護する必要があるため、警察や市に捜索を依頼しましょう。
成人していても、女性の場合は乱暴されるなどのトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあるため、早めの捜索が大切です。

またお年寄りの場合、認知症などの症状の有無で保護の判断をします。
認知症は初期症状でも徘徊してしまうことが珍しくありません。
少しでも気になる症状がある場合、迅速に保護する必要があります。

すぐに保護が必要だと判断した場合、できるだけ明るいうちに行動を開始し、警察や市に捜索を依頼しましょう。

廃墟が増える背景

上に紹介したように、認知症による徘徊や誘拐、強姦など事件性があるもの、子どもの迷子など行方不明になる原因はさまざまです。
また、自らの意思で姿を消してしまうパターンもあります。

金銭トラブルや対人トラブル、ストレスなどを抱えて逃げ出したい衝動に駆られ、いなくなってしまうという人も珍しくありません。
家族がいなくなってしまったからとあわてるだけでなく、いなくなった原因を調べることも大切です。
もし行方不明者の使用していたものが残っている場合は、そういった物をチェックしてみましょう。

手帳やパソコンに何か手掛かりが残っている可能性もあります。
何も思い当たる節がないのに姿を消してしまった場合、事件や事故に巻き込まれた可能性もあるため、警察に相談しましょう。

捜索方法は?

事件性の有無にかかわらず、まずは警察に捜索願を提出しましょう。
個人的にはビラ配りやポスターを張ったりして、地域の人に呼び掛けることもできます。

それでもなかなか見つからないということも多く、不明者がいる家庭では気が気ではありません。
もうひとつの方法として、プロの探偵、興信所などに捜査を依頼する方法があります。

警察とは違った捜索方法で調査を進めてくれるので、事件性が低く自ら姿を消したケースには
特に有効です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら