探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

会社を守るために。応募者の経歴詐称を見抜く方法

会社を守るために。応募者の経歴詐称を見抜く方法


会社を盛り立て支えるために
必要不可欠な戦力を確保するためには、どんな人物を採用するかが最も大切な要素ですよね。

良い人材を見つけようと応募者と向き合う人事担当者の頭を悩ませるのが、経歴詐称問題

学歴や職歴・犯罪歴を偽った履歴書が提出されるケースは多く、詐称して入社してくる人物の中には解雇予告手当を狙ったり悪意を持ってトラブルを起こすような者がいる場合もあります。

詐称に騙されないためにも怪しい人物を見抜く方法を覚え、会社のために役立てていきましょう。

人材選びの際にチェックすべきポイント


経歴詐称を見抜くには、以下のような項目に注意して人材を選ぶことをオススメします。

・卒業校の思い出や行事・特色などに対する質問に答えられるか?

学歴詐称を見抜くためには、卒業証書やその写しの提出を求めるのが最も確実な方法ですが、卒業校に関する質問をすることで信憑性を図ることもできます。

面接の前に応募者の卒業校についてリサーチし、学部に関する質問や学校の行事・特色を質問し情報と発言に相違がないか、挙動などについてもチェックしてみましょう。

・提出を求めた書類をきちんと提出してくれるかどうか?

職歴を偽るケースは多いものですが、個人情報保護法の施行以降は前職に応募者について問い合わせても答えて貰えないことが多くなっています。

その時に頼りになるのが、雇用保険被保険者証・前職の源泉徴収票・前職の退職証明書・年金加入記録などの書類による情報です。

雇用保険被保険者証では間近の職歴を確認できますし、前職の源泉徴収票からは退職した日付を確認することもできます。

また、年金事務所などで発行してもらえる年金加入記録は、企業名や加入期間を知ることができるので、中高年の採用に役立てると良いでしょう。

「退職証明書」は、
・使用期間
・業務の種類
・その事業における地位
・賃金
・退職の事由
について証明されたものを提出してもらってください。

応募時に前職を辞めていない応募者の場合には、在職証明書の提示を求めることもできます。
これらの書類の提出を求めた時に、拒否・なかなか提出されない・提出された書類と履歴書の相違が見られる場合には要注意人物と言えるでしょう。

・経歴調査に関する承認書に署名・捺印をしてくれるか?

個人情報開示に否定的な昨今ですが、本人の許可を取っていれば正規に調査を行うことができるため経歴調査承認書に署名・捺印をしてもらうのも良い方法です。

経歴調査承認書があれば前職や昔働いていた企業などに確認を取ることもできますし、承認書に署名・捺印を拒むような方には理由を伺うべきでしょう。

相手を疑うような質問は、有能な応募者が「疑われている」と感じ辞退してしまう可能性も考えられます。

会社の方針で全員に提出を求めているということをしっかり伝え、応募者に不快感を与えないよう気をつけることも大切です。

面接時の受け答えだけでは、なかなか見抜くのが難しい経歴詐称。
しかし、書類や質問によって見分けることができる場合も多いので、しっかりと対策を行っていきましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら