単身赴任中に妻が浮気したらどうする?チェックすべき特徴や対策すべき方法を紹介

家族と離れて暮らす単身赴任。物理的に距離が離れているため、夫婦はそれぞれ相手の目が届かず浮気しやすい状況と言えます。単身赴任中に「単身赴任した方」が浮気するのはよく聞きますが、自宅に残っている方が浮気発覚するのも少なくありません。

今回は単身赴任中に妻が浮気をしたときの対策法、また浮気のチェック方法をご紹介します。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

目次

単身赴任中浮気しやすい妻の特徴とは?

夫婦どちらも仕事に就いている場合は、妻・夫どちらも単身赴任の可能性はあるでしょう。ただ、男性側が単身赴任するケースは多いです。今回の記事では、「夫が単身赴任中に妻が浮気するパターン」を解説していきます。

まずは、単身赴任中に浮気しやすい妻の特徴を見ていきましょう。どの夫婦にも言えますが、互いの関係が良好で夫婦関係に満足していれば浮気する可能性は低いです。

浮気相手が身近にいる

浮気は、まず相手がいないと始まりません。単身赴任で夫が自宅を離れている間、元同級生や元交際相手が身近にいないでしょうか。働いていたり趣味関係でサークルやチームに所属していたりすると、その関係者で浮気相手が見つかるかもしれません。

一度疑うとすべて怪しく思えてしまいますが、元交際相手は浮気相手になる可能性が高い存在です。単身赴任前から誰かと会っている様子があったり、同窓会が直近で開催されたりしている場合は頭の中に入れておくと良いでしょう。

寂しがりで夫に依存している

恋愛体質で、常にパートナーを持ちたがる・連絡を取りたがるといった女性は、既婚・未婚に関係なく浮気しやすいと言えそうです。特に単身赴任中は夫がおらず、寂しさのあまり浮気に走るかもしれません。

単身赴任先から妻に連絡するのはなかなか難しいかもしれませんが、相手が求めているのであればこまめにやり取りするのがおすすめです。

日常的に「関係が良好だった」とは言えない

浮気が起こるのは、単身赴任があったからではなく日常的に少しずつ感じていた夫婦関係の不和が原因かもしれません。日頃から妻との関係は良好に保てていたでしょうか。

冒頭でもお伝えした通り、互いが満足していれば浮気が起こることはまずありません。しかし、妻・夫どちらも相手には言えない不満があれば、そこで魅力的な異性に強く求められると「嬉しい」と感じてしまうのではないでしょうか。単身赴任先から妻の浮気を疑う場合は、「その予兆がなかったか」を思い返してみるのも一つの手段です。

妻側も仕事をしている

全ての働く妻が浮気するとは限りませんが、夫が単身赴任で自宅を留守にしている場合、育児など家のことがひと段落している女性としては「帰っても夫がいないから、残業してしまおう」「普段は断っているけれど、飲み会に参加してみようかな」と職場関係に積極的な行動をとります。

浮気相手は職場関係者が多いのは一般的な考え方ですよね。すると、夫の単身赴任で普段以上に職場関係者と過ごす時間が増えた妻は、浮気が始まりやすいと言えるのです。

もちろん仕事だけでなく、子どもの習い事や行事など、趣味の集まりでも同じことが言えるでしょう。

単身赴任中に浮気しないようにするには

単身赴任中は浮気が起こりやすいのは事実です。しかし、「だから仕方ない」とは言えないですよね。ここからは単身赴任中の浮気を防ぐ方法をご紹介します。

時間や頻度を決めて連絡を取り合う

連絡をしっかりと取り合うことができれば、妻が感じる「寂しい」「孤独」といった状態はフォローできます。この時、「LINEするね」と適当に連絡を設けるのではなく、「夜〇時からはテレビ通話をしよう」など時間と頻度を決めておくのがおすすめです。うっかり単身赴任先で忙しく、妻に連絡できなかったというミスを防げるでしょう。

最近ではリモートワークが進むにつれ、zoomやSkypeなどの利用者も増えました。身近なツールでもオンライン通話できるので、離れていても「食卓を一緒に囲む」といったことも可能です。

単身赴任先に妻を招待する

単身赴任先の距離にもよりますが、もし可能なら単身赴任先に妻を招待してみてはいかがでしょうか。互いに休みの日にいつも暮らす地域とは違う土地を観光したりショッピングしたりするのは、夫婦にとって良いリフレッシュになります。

単身赴任中の浮気は、夫婦どちらもが不安になるものです。単身赴任している夫が心配するように、妻としても夫が心配かもしれません。互いの不安を解消する意味でも、離れて暮らしていても会う機会を作るのは大事です。

自宅に帰る機会を作る

週末は自宅に戻る、月に一度は自宅に帰るなど、定期的に自宅に帰るようにしましょう。こちらも単身赴任先に妻を招待するのと同じように、単身赴任中の夫婦コミュニケーションにおいて大切なことです。

もし妻の浮気を強く疑っているのなら、内緒で帰宅しても良いかもしれません。時と場合によりますが、妻が浮気をしている場合は夫の突然の帰宅で浮気が発覚することがあります。もし何もなければ、浮気の心配は解消されるでしょう。

単身赴任先から浮気を調べる方法

単身赴任中で自宅から離れていても、妻の浮気の可能性が高ければ探偵や興信所の浮気調査を利用できます。調査会社の中には直接事務所に行かずとも、リモートで連絡をやり取りして調査依頼できるところもあります。

浮気調査は「浮気が行われている該当エリア」で依頼することが望ましいため、単身赴任先の近くの調査会社ではなく自宅近辺の調査会社にしましょう。事務所に出入りせず、リモートで依頼する分、妻には「探偵を雇っている」事実がバレにくいメリットもあります。

単身赴任中に夫がする浮気の調査

単身赴任と浮気の疑念  

単身赴任とは、仕事の都合で一人だけが他の場所に赴任し、家族と離れて生活することを指します。このような環境下で、配偶者が浮気をしているのではないかと疑念を抱くケースがあります。遠距離生活は夫婦関係に負の影響を及ぼしやすく、不安感から浮気を疑うようになるのです。

探偵調査の必要性

単身赴任中に配偶者の浮気が疑われる場合、自力で調査をすることには限界があります。そこで、プロの探偵に調査を依頼し、確たる証拠を掴むことが重要となります。探偵には調査の専門性とノウハウがあり、冷静な判断のもと、適切な対応をとれるためです。

探偵会社の選定と所在地  

探偵会社を選ぶ際は、信頼性や実績、調査料金などを比較・検討する必要があります。また、探偵会社の所在地も検討すべきポイントです。単身赴任先の自身の近くにある会社か、それとも配偶者の自宅近くの会社かで、調査対応に違いが出てくる可能性があります。状況に合わせて、適切な所在地を選ぶことが賢明です。

ただし、探偵の調査には多くの人手と費用がかかります。そのため、探偵は調査対象者の近い場所で探す方がメリットが多いのです。この点については詳細を後述します。

調査の実施と進捗確認

探偵会社に正式に調査を依頼すると、具体的な調査が開始されます。調査の進め方についてもプロの意見を求め、プライバシー保護についても十分な配慮を行います。その後は、定期的に探偵から進捗状況の報告を受けることになり、疑問点などを伝えながら調査を進めていきます。

調査結果と対応

一定期間の調査を経て、探偵から最終的な調査結果が報告されます。配偶者の浮気の有無と、詳細な状況が明らかになります。この結果を受け、今後の対応を検討する必要があります。場合によっては弁護士などの専門家に相談し、離婚や関係修復などの選択肢を慎重に検討します。

探偵の仕事はあくまでも調査であり、法的知識や捜査権限はありません。何か困ったことがあれば、必ずそれぞれの専門家に相談するようにしましょう。  

探偵調査の留意点

一方で、探偵調査には課題や留意点もあります。調査に係る費用が高額になる可能性や、長期化するリスクがあります。また、収集した証拠の法的な証拠能力が問われる場合もあり、プライバシー侵害の恐れも存在します。このように、メリット・デメリットを十分に理解した上で、探偵調査に臨む必要があるでしょう。

例を出すと見積書や契約書の内容を聞いたとき、それが多少細かい内容でも懇切丁寧に教えてくれるかというのが、判断の一つのポイントとなります。きちんと分かるまで教えてくれる場合は信頼してもよいかもしれませんが、そうでない場合は、相性という意味も含めて他の探偵事務所を検討した方がよいかもしれません。

自宅付近の探偵に依頼する場合の注意点

遠隔地からの浮気調査の困難さ

単身赴任などで、配偶者から遠く離れた場所に長期間滞在しなければならない場合があります。そういった状況下で配偶者の浮気が疑われると、離れた場所からの調査には限界があります。そこで、自宅付近に拠点を置く探偵会社に調査を依頼することが必要となってくるのです。

配偶者に内緒で戻り自宅付近の探偵に依頼する

一つの選択肢として、内緒で一時的に自宅周辺に戻り、その地区の探偵会社を実際に訪れて調査を依頼する方法があります。この方法のメリットは、確実に調査が行えること、また探偵と直接対応できることです。しかし一方で、配偶者にバレる可能性や、交通費がかかるというデメリットもあります。プライバシーへの配慮や、信頼できる探偵会社の選定など、注意すべき点が多数あります。

オンラインツールを用いて自宅付近の探偵に依頼する

最近では、オンラインの探偵調査サービスを活用して、遠隔から自宅付近の探偵に調査を依頼することもできます。この方法のメリットは、遠隔でありながらプライバシーが守れること、依頼の手間が省けることです。しかしデメリットとして、実際に会って依頼する場合と調査の質が異なる可能性や、オンラインツールを利用することの難しさがあります。探偵会社の選定や調査範囲の確認など、事前の確認が重要です。

また、当然ですが通信費が必要になります。単身赴任先の住居がWi-Fiに対応していない場合には、大量のデータ通信に対応できるようスマートフォンの料金プランを確認したほうがよいかもしれません。

自宅付近に住む信頼できる人に探偵対応を依頼する

自宅付近に住む信頼できる友人や知人に、実際に探偵と対応してもらう方法も考えられます。この場合のメリットは、遠隔にいながらも現地対応が可能で、コストも抑えられることです。しかし第三者を介在させることでリスクも高まり、質の違いも出る可能性もあります。秘密保持契約の締結や、責任範囲の明確化など細かい注意点があります。 

また、協力者が同性、つまり配偶者からすれば異性だった場合、この二人が浮気する可能性もなきにしろあらずです。第三者に依頼する場合は、本当に信頼できる人かよく見極めましょう。そして、快く引き受けてくれた場合には、相応のお礼をしましょう。協力者にとって自分の貴重な時間を、あなたたち夫婦の問題解決に捧げてくれているわけです。人に何かを依頼して動いてもらうには、必ずお礼(金銭とは限らない)が必要なことを肝に銘じておきましょう。 

遠隔地と現地の探偵の併用

遠隔地と現地の探偵を併用するのも一案でしょう。メリットとして、双方の長所を生かせる点が挙げられます。しかしデメリットは、二重の費用がかかり、遠隔と現地の役割の調整が難しいことです。探偵会社の適切な選定と、それぞれの役割分担の明確化が不可欠です。

調査結果の取り扱いと法的側面

いずれの方法で調査を行うにしても、最終的には確実に証拠能力のある調査結果を得ることが重要です。特に離婚を視野に入れている場合は、その証拠が法的にも有効であることが求められます。調査結果のプライバシー保護についても、細心の注意を払う必要があります。

自宅付近の探偵に依頼した失敗例10選

1. 信頼できない探偵に依頼してしまった

探偵に調査を依頼する際、最も気をつけなければならないのが探偵会社の信頼性です。実績や評判を確認せずに、料金が安いだけの理由で選んでしまうと、後に大きな失敗につながる可能性があります。適切な調査が行われない、個人情報が流出するなどのトラブルに巻き込まれかねません。

また、探偵も人間ですので必ず相性の問題があります。もし、あなたと相性が合わなくても、それは探偵のせいでもあなたのせいでもありません。必要なことは、もし相性が合わないと感じたら契約する前に辞退することです。相性が合わないのを我慢し続けても、あなたにとってはもちろんのこと、探偵にとってもよいことはありません。お互い気持ちよく調査できるように、相性や直感といった部分を大切にしましょう。

2. 緻密な打ち合わせが不十分だった

探偵と調査内容について、綿密な打ち合わせを行わなかった場合も失敗例に挙げられます。調査範囲や方法の詳細を確認せず、依頼した探偵と自身の役割分担も曖昧なままでは、期待した調査が行えない恐れがあります。打ち合わせの段階で具体的に詰める必要があります。 

調査には必ず目的と目標があります。目的とは「〜のために」、あるいは「〜を解決するために」といったもので、目標とは「◯◯の状態になったら調査終了」や「◯◯が分かったら調査終了」というものです。目的がはっきりしないと、調査の方向性がブレてムダな工数や費用がかかります。また、目標をはっきり決めておかないと終わりがはっきりせず、同様にムダな工数や費用がかかるのです。 

3. オンライン調査ツールの活用に失敗

オンラインで探偵に調査を依頼する場合、そのツールの特性や使い方を理解しておくことが重要です。ツールの利用方法に不備があれば、スムーズな依頼ができません。さらに、セキュリティ対策が不十分だと個人情報が流出するなど、重大なリスクを招きかねません。

あなたと、探偵事務所両者の通信環境を確認しておくことも必要です。探偵事務所と普段からオンラインMTGを行っていれば問題ないでしょう。しかし、そうでない場合は必ずテストしておいた方がよいでしょう。あなたの単身赴任先の住居においても同じことが言えます。

多少通信環境が悪くなるタイミングがある程度なら、まだ我慢できるかもしれません。しかし、頻繁に通信が遮断されるような状況だと、ストレスを感じるばかりでなくそもそも会話が成り立たない可能性すらあります。

事前に両者の通信環境を確認してから契約するようにしましょう。

4. 第三者を介在させすぎた

自宅付近の知人に、探偵との対応を依頼する場合があります。しかしその際、知人の数が多くなりすぎると、秘密が保てずに調査の存在が配偶者にバレてしまう恐れがあります。また、口約束だけでなく、しっかりと秘密保持契約を結ぶ必要もあります。  ただし、契約書のような形式張ったやり方になると、協力者から報酬を求められる可能性もあります。金額にもよりますが、浮気調査か協力者への報酬か、どちらの方が大切かは自分でよく考えるようにしましょう。

5. 離婚を前提に動きすぎた

浮気調査の目的が離婚にあると決めつけすぎると、大きな失敗に陥る可能性があります。確固たる証拠がないまま離婚を前提とした行動をとれば、後に離婚調停でつまずくかもしれません。柔軟な対応が求められるでしょう。

離婚を前提に調査をはじめても、調査途中で心配ないことがわかったり、浮気の事実が分かっても「やっぱり離婚したくない」とあなたの考えが変わることもあります。調査をするのは問題ありませんが、主導権はあなたにあります。そのため、状況やあなたの考えが変わったときには即座に調査を中止するようにしましょう。

6. プライバシー侵害のリスクを軽視した

適切な手順を踏まずに、必要以上に広範囲の調査を依頼してしまうと、当事者以外の個人のプライバシー権を侵害するリスクが高くなります。個人情報の取り扱いにも細心の注意を払わなければ、法的なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

GPS発信機や盗聴器を取り付けられるのは、夫婦の共有財産だけです。浮気(していると疑われる)相手の所有物に、無断でこれらの物を取り付けると犯罪になる可能性があります。間違っても探偵にそのような指示をしないこと、あるいは万が一探偵がそのような調査をしていたら即刻止めさせるようにしましょう。

7. 費用がかさみすぎた  

探偵調査は時間とともに費用がかさむ傾向にあります。特に遠隔地と現地の探偵を併用すると、二重のコストが発生します。期間が長期化すれば予算オーバーは避けられず、結果的に大きな出費となってしまいます。費用の見積りと管理は欠かせません。また、配偶者や浮気相手の性格によってはなかなか証拠が分からないように慎重に不貞行為をしているかもしれません。慰謝料請求のために証拠確保を急ぎたくてもなかなかそうならず、費用がかさむこともあります。

8. 証拠の収集に失敗した

浮気調査で最も重要なのは、法的に裏付けのある確かな証拠を収集することです。しかし、録音や録画には法的な根拠が必要不可欠です。手順を無視した証拠収集は無効と見なされかねません。さらに、収集した証拠の保管を怠るとそれも無駄になります。

証拠はあなたの運命を決める重要なものです。収集・保管・分析のどのフェーズにおいても慎重に扱うようにしましょう。  データの場合は必ずバックアップを取り、原本があるものについてはコピーを取るようにしましょう。

9. 一時的な現地滞在が露見した  

自身が一時的に自宅付近に戻り、現地調査に同行したり探偵と直接面談したりする場合があります。しかしその際、不審な行動をとれば配偶者に気付かれてしまう恐れがあります。周囲への釈明が不十分であれば、さらに疑惑を深めかねません。

また、配偶者本人に知られなくても、配偶者の親族や友人に知られてしまう場合があります。そのようなことを見越して慎重に行動すること、あるいははじめから話をつけておき、協力者になってもらうことも必要です。しかし、協力者になってもらう場合、拒否されるとその情報が配偶者の耳に入ることも考えた方が良いでしょう。協力者になってもらうのは、相当信頼のおける人だけにしておいたほうが良い場合が多々あります。

10. 調査への心構えや覚悟が足りなかった

浮気調査を依頼する際は、離婚に向けた覚悟が必要不可欠です。しかし、それを怠ると精神的な準備不足から、適切な対応が取れなくなります。一方で、過剰な要求を探偵にしてしまうと、トラブルの原因にもなりかねません。冷静な心構えが欠かせません。

まとめ

単身赴任中の妻の浮気。一度は心配したことのある方は多いかもしれません。ご紹介したように浮気が始まる前は予兆があるため、妻との連絡をこまめに取り夫婦間のコミュニケーションをしっかり持つことが大切です。

単身赴任先にいるからこそ、浮気を自らチェックするのは至難の業です。確かな証拠を掴みたい場合は探偵や興信所の浮気調査を利用し、プロの意見も取り入れながら問題を解決していきましょう。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 浮気・素行相談員 S.Y

浮気・素行・離婚関連の相談員プロフェッショナル。相談員歴8年。
年間400人以上もの相談を受けている。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page