探偵の浮気調査がバレる原因とは|調べ方のテクニックを解説

「パートナーの浮気調査を探偵に依頼したいけれど、万が一パートナーにバレたら関係性が崩れてしまう」

そんなお悩みを抱えていませんか。

本来、探偵の浮気調査は調査対象者にバレにくいものです。確実にバレないとはいいきれませんが、押さえるべき「バレる原因」をきちっとわかって調査しているので確実性は高いです。

探偵に浮気調査を依頼したことが「なぜバレるのか」がわかれば、より不安を少なくした状態でパートナーの浮気の証拠を入手できます。

本記事では探偵の浮気調査がパートナーにバレる原因について解説。探偵が調査対象者にバレない工夫についても触れていきます。

パートナーとの復縁のために探偵への依頼を検討している方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

原因は何?探偵の浮気調査がバレるケース

探偵の浮気調査が調査対象者にバレる原因の多くは、探偵ではなく依頼者の行動です。

自分でパートナーの浮気を暴こうと行動したり、探偵の調査報告を待たずに問い詰めたりすると、探偵に浮気調査を依頼したことがバレる可能性が高まります。

また探偵のミスにより調査対象者にバレるケースも。他には防ぎようがない予測不能な事故によって、調査対象者にバレることも考えられます。

自分で浮気を暴こうとする

浮気調査を依頼する人のなかには「自分でも何かパートナーによる浮気の証拠を掴めないだろうか」と考え、独断で行動する人がいます。

たとえば、以下のような行動です。

パートナーのカバンにGPSやボイスレコーダーを仕掛ける

パートナーのスマホを勝手に詮索する

スマホのアプリを使用する

自家用車であとを追う

浮気している人はそのパートナーや周囲にバレないように、慎重になる傾向があります。そのため調査対象者が、あなたの不自然な行動を敏感に察知するかもしれません。

探偵に浮気調査を依頼したなら、できる限り日常生活の行動を変えないことを心がけ、相手から不自然さを感じ取れれないように注意しましょう。

本人に問い詰める

探偵の報告を待たずに、直接本人に浮気しているかどうかを問い詰めるケースです。

浮気調査中に直接問い詰めると、調査対象者の警戒心が高まり、探偵の浮気調査がバレる可能性があります。

探偵に浮気調査を依頼したなら、その探偵を信じて報告を待ちましょう。

探偵側のミス

プロの探偵であれば調査中にミスする確率は低いですが、探偵も人間です。ミスの可能性がまったくないわけではありません。

探偵は契約前に、調査対象者の行動パターンやクセなどをヒアリングします。

浮気調査開始前に綿密な打ち合わせをおこなうことで、探偵はあらゆる事態を予測し、対策を考えられます。探偵側によるミスが発生する確率を下げられるでしょう。

浮気調査を依頼する際に、できるだけこまかく情報を伝えておくことが探偵のミス回避につながります。

浮気調査開始後も、気づいたことがあれば探偵に報告しましょう。探偵とあなたの連携プレイが、パートナーの浮気を白日のもとにさらすのです。

不可抗力の事故

探偵に浮気調査を依頼したからといって、絶対にバレないとはいいきれません。

探偵はいかなる状況も想定して慎重に調査しますが、不可抗力の事故が起こることもあるでしょう。

たとえば浮気調査中に運悪く交通事故に遭ったり、探偵が張り込んでいた建物が火事になったりするケースです。

とくに自然災害に関しては、探偵の調査能力とは無関係。このような回避できない想定外の事故が起こる可能性はゼロではありません。

探偵の浮気調査がバレた場合はどうなる?

浮気しているパートナーに探偵の浮気調査がバレたとしても、依頼者が法的に罰せられることはありません。

しかしパートナーとの復縁を目的に浮気調査を依頼した場合は、あなたとパートナーとの関係性に亀裂が入る可能性があります。

また探偵の浮気調査がパートナーにバレると、浮気の証拠が入手しにくくなることも考えられます。これは、浮気している人がこれまでよりも慎重に行動する傾向があるためです。

くわしく見ていきましょう。

パートナーとの関係性が悪くなる

探偵の浮気調査がパートナーにバレることで、あなたとの関係性に亀裂が入る可能性があります。

探偵に浮気調査を依頼する理由は人それぞれです。

離婚するためにパートナーが浮気している証拠が欲しい

パートナーの浮気相手に慰謝料を請求したい

パートナーと復縁するために事実が知りたい

もしあなたが復縁を目的として探偵に浮気調査を依頼する場合、パートナーにバレることで信頼関係が崩れ、復縁が難しくなるかもしれません。

浮気の証拠が入手しにくくなる

パートナーに浮気調査を依頼した事実がバレると、これまで以上にパートナーが慎重になり、浮気の証拠が入手しにくくなる可能性があります。

たとえば警戒心を強くもったパートナーが、その浮気相手と会ったり連絡を取ったりする頻度が低くなるとします。すると、探偵が浮気調査しても証拠を手に入れることができません。

つまり、たたいてもたたいてもホコリが出ない状態です。

離婚や慰謝料請求などを目的とし、パートナーの浮気の証拠が欲しい場合は、パートナーに浮気調査がバレないように注意しましょう。

探偵の浮気調査テクニック|バレにくい工夫

探偵は浮気調査がバレないように工夫しています。

たとえば浮気調査中の服装や態度。探偵は調査環境に合ったものを用意し、違和感がないように振舞いながら調査をおこないます。

また1つの案件に対し、複数の探偵チームを組むことで、調査対象者に浮気調査がバレることを防ぎます。さらに調査対象者と目を合わせないことも浮気調査のテクニックです。

探偵による浮気調査のテクニックの一部を紹介します。

浮気現場に合った装いをする

探偵は現場に適切な服装で浮気調査をおこないます。

たとえば、浮気調査の現場がオフィス街であれば場になじむようにスーツを着用します。温泉や遊園地などは、カジュアルな装いで調査します。

また浮気調査中の服装が、いつも同じものにならないようにすることもポイント。上着を替えたりメガネをつけたりして、1日の間でも印象を変え同じ人物に見えないようにするテクニックもあります。

浮気現場に溶け込み、違和感をなくして調査対象者にバレないように努めているのです。

2~3名の調査員で行動する

探偵は対象者1人につき2~3名のチームを編成して行動します。

これにより、もし浮気調査中に1人の探偵が調査対象者に不審がられても、他の探偵にチェンジが可能です。

たとえば、調査対象者を尾行するのは探偵A。事前に依頼者から聞いた情報を頼りに、探偵Bが調査対象者の行先に先回りして様子をうかがうこともあります。

浮気調査中は対象者と目を合わせない

探偵が浮気調査をおこなう際は、対象者と目を合わせないように注意しています。これは、調査対象者に監視されていることを悟らせないようにするためです。

調査対象者は視線を感じると警戒心が高まる傾向があり、周囲の人やあなたに浮気がバレないように浮気行為を控えることがあります。これにより調査対象者による浮気の証拠が見つかりにくくなるため、調査中の探偵は調査対象者と目を合わせないように尾行、張り込みをおこないます。

浮気調査の知識やスキルがない人は、調査中に挙動不審になったり急にUターンしたりして不自然な行動を取りやすいため、浮気調査がバレやすくなります。

浮気調査の経験を積んだベテランの探偵であれば、浮気現場に溶け込み、自然な振る舞いで調査対象者が怪しまないように調査します。

優れた調査能力をもつ探偵に浮気調査を依頼しよう!

探偵の浮気調査は調査対象者にバレにくいものですが、依頼者自身が意図せずバレる原因をつくってしまうことがあります。

パートナーの浮気を疑いながら、平常心でいられる人は少ないでしょう。しかし探偵にパートナーの浮気調査を依頼したなら、その調査能力を信じて待つことが大切です。

できる限りいつもどおりの振る舞いを心がければ、浮気調査がバレる可能性の確率を低減できます。

また浮気調査の知識とスキルをもった探偵を選ぶことも重要です。

私たち探偵興信所PIOには、優れた浮気調査のテクニックをもった探偵が揃っています。

パートナーとの関係性を修復する目的で、探偵に浮気調査を依頼したいと検討しているならぜひ弊社にご相談ください。

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page