探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵の浮気調査はバレる?調査のやり方・費用相場と証拠集めを解説

パートナーの浮気が発覚した衝撃で頭を抱え、眠れない夜を過ごす方もいるのではないでしょうか。信じていた大切な人の裏切り行為に、憎しみを抱く方も。しかしパートナーの浮気は事実なのでしょうか?確実な浮気の証拠を押さえるために、探偵に依頼する手段があります。

本記事では、探偵による浮気調査のやり方や調査費用、浮気調査がパートナーにバレるケースを解説します。あなたが「探偵に浮気調査を依頼したいけれど、相手にバレないか不安」と感じているなら、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

探偵による浮気調査のやり方

探偵がおこなう浮気調査には、浮気を疑っているあなたのパートナーを対象とする場合とパートナーの浮気相手を特定するための調査があります。探偵のやり方は、主に聞き込みや張り込み、尾行による調査です。詳しく見てみましょう。

聞き込みによる調査

探偵の調査はソーシャルエンジニアリング、またはソーシャルハッキングとも呼ばれる方法を用います。これは立場や目的をカモフラージュしておこなう調査方法です。もとは軍の特殊な訓練を受けた諜報員や工作員が使用していたこの技術。

探偵が調査対象者の職場や取引先などに足を運び取材をおこないう際、ヘッドハンティングや融資の審査のためなど、目的を逸らして調査をおこないます。ときには世間話の延長で対象者について聞き出すことも。そのため、対象者本人や周囲に浮気調査がバレる可能性は低いでしょう。

聞き込み調査により、対象者の行動パターンがわかり浮気の事実が明るみに出る可能性があります。

張り込みによる調査

調査対象者が行動を起こすのを待って証拠を押さえる方法です。浮気調査では、パートナーとその浮気相手がホテルへ出入りする様子や、一緒に歩く姿などの証拠写真を撮影します。

探偵と調査対象者はお互いの顔を知らないため、もし目が合ったとしても探偵だとバレません。ただしわかりやすく見張っていれば、対象者に気づかれる可能性があります。そのため探偵は、目立たないように注意しながら張り込みます。

尾行による調査

探偵の浮気調査のなかでもポピュラーな方法のひとつです。人混みや距離が遠すぎると見失う可能性があり、人が少ない場所で対象者と近すぎると気づかれることがあります。対象者に認識されないように尾行するのは素人には難しい方法です。

探偵による尾行調査は2~3人の複数でおこなうケースが多く、もし怪しまれたら調査員を交代しながら対象者と間隔をあけて見つからないように配慮しながら後をつけます。

探偵による浮気調査の費用

「探偵に浮気調査を依頼したいけれど、高額な費用がかかるのでは」と考える方もいるでしょう。浮気調査の費用は探偵社によって異なります。各探偵社の料金体系や調査内容、状況により費用は変動します。

また、なるべく費用を押さえて浮気調査を探偵に依頼するなら、調査対象者に関するなるべく多くの情報を探偵に提供するとよいでしょう。では浮気調査の費用について詳しく紹介します。

浮気調査の費用相場と料金体系

浮気調査自体にかかる費用相場は30~100万円です。なかには1日4~6時間ほど2名体制で調査すると10~15万円が相場とされることもあります。しかし浮気調査は20~30時間ほどかかるケースが多く、状況によっては100万円以上かかる可能性があります。

料金体系は探偵社によって異なり、主に以下の3つが代表的です。

●時間制タイプ

●定額タイプ

●成功型報酬タイプ

時間制タイプは1時間あたりの費用が決まっているタイプの料金体系です。探偵の人数や時間に限りがないので、短い調査時間で完了する内容であれば安く済ませられます。

定額タイプは調査内容がすでに決定しているパックプランです。人件費や交通費なども含まれている場合が多く、調査期間が長くなる見込みがあるならおすすめです。

成功報酬タイプは契約時に着手金を支払い、調査が成功したときに残額を払い足します。万が一調査が失敗に終われば残額の支払い義務は発生しません。ただ案件によって成功の定義が異なるため、契約時に探偵とよく話し合う必要があります。

費用を安くするためには

浮気調査による費用を押さえるには、あなたが持っている情報量の多さが肝です。探偵はあなたからの情報をもとに調査をはじめます。あらかたの情報が手元にある状態と、手がかりがない状態からのスタートでは調査内容、調査時間が変動します。

情報がない状態からでも調査は可能ですが、その分時間がかかり調べる事柄が多くなるため費用がかさみます。安く済ませるのであれば、探偵に提供できる情報を事前にまとめておくとよいでしょう。

浮気の証拠になるもの

浮気調査は、あなたと探偵が力を合わせて証拠を掴みます。探偵が調査により入手できる情報は法的効力のある証拠です。探偵はあなたと協力しながら、決定的な浮気の証拠を求め調査に臨みます。

浮気の証拠となるものにはあなたのパートナーとその浮気相手が親密にしている写真、浮気を匂わせるSNSなどのやりとりの内容などが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

浮気相手との親密な写真

探偵は張り込みや尾行などの調査により、あなたのパートナーとその浮気相手の親密な写真を撮影します。たとえばホテルへ出入りする写真は肉体関係を推認する証拠です。

デジカメやスマホのカメラでも写真撮影は可能ですが、加工や細工が可能なことから推奨されていません。確実な浮気の証拠とする場合は撮影の日時、連続撮影した写真が有効です。

浮気をほのめかす内容のやりとり・レシートなど

あなたのパートナーとその浮気相手が2人で食事したであろう飲食店のレシート、ホテルのレシートは浮気の証拠になります。また浮気を匂わせるLINEなどのやりとりも同様です。

レシートは現物が有効なので保管しておくのがおすすめです。もし保管できない場合は写真に撮影しておくとよいでしょう。

探偵の素行調査は相手にバレる?

「探偵による浮気調査はパートナーにバレないか」と疑問を持つ方もいるでしょう。結論からいえば、探偵も人間なのでミスをする可能性はゼロではありません。ただ、パートナーにバレる経路は探偵のミスより依頼者の言動によるパターンが多いようです。

また不慮の事故によってバレることも。パートナーに浮気調査がバレるパターンを知れば、バレる確率を下げられるかもしれません。ケース別に見てみましょう。

探偵社のミス

探偵は浮気調査のプロですが、技術や経験のない探偵業者に依頼をした場合、ミスにより浮気調査がバレてしまう可能性は否定できません。たとえば対象者を尾行中、後をつけられていると悟られることがあります。

また対象者に気づかれなかったとしても、距離を図りながらの尾行で見失うことが。対象者が警戒している状態かどうかや距離感を見極めるには、スキルと経験が必要です。探偵へ依頼の際は、これまでにミスの経験の有無を聞いておくとよいでしょう。

依頼者の言動

調査対象者があなたのパートナーだった場合、「誰かに後をつけられている」と感じ、あなたにかまをかけてくることがあります。このとき「バレた」と焦って、不満とともに洗いざらい話してしますと探偵の苦労が水の泡に。

もしかまをかけられたとしても白状せずに「探偵に依頼するお金なんてない」など、とぼけて切り返すのがおすすめです。

免れられない事故

探偵、依頼者ともに綿密な計画を練って浮気調査をしていたとしても、免れられない思わぬ事故によってパートナーにバレるケースがあります。あまりないようですが探偵と対象者が顔見知りだったケースなどが挙げられます。

どんな調査も「確実にバレない」わけではありません。しかし腕の良い探偵であれば危険予測により、考えられる事態に備えることが可能です。

探偵と協力して浮気の証拠を掴みませんか

浮気調査は探偵の腕が試されるため、バレる可能性はゼロではありません。しかし確かなスキルを持つ探偵であれば、さまざまなパターンを予測し、事前に回避する対策ができます。

探偵の力とあなたの協力があってこそ、確実な証拠の入手を可能にさせる浮気調査。探偵とあなた、どちらが欠けていてもあなたの求める結果は見えてきません。

探偵興信所PIOは創業48年。現場経験を積んだベテランの探偵が多数在籍しています。パートナーの浮気でお悩みなら、無料相談でお話しませんか。私たちと一緒に浮気に証拠を掴みましょう!

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら