探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

素人が浮気調査をしてはいけないこれだけの理由

夫あるいは妻が浮気をしていると知ったとき、あるいは疑ったとき、誰もが真実を知りたいと思うはずです。

真実を知るには、実際に浮気現場を押さえることが最も有効なのですが、素人が簡単にできるものではありません。これは様々な点において困難なのです。

その困難さはどこにあるのでしょうか。詳しく解説します。

素人調査の難しさ

(1)テクニック面

浮気調査をするからには、調査結果が裁判資料として有効でなければなりません。

なぜなら裁判は、離婚をあなたに有利なように進めると共に、慰謝料を獲得するために行うからです。

これは例えば、夫と愛人が一緒にラブホテルに出入りする写真です。しかしたとえ2人が一緒にいたとしても、大勢の人がいる中のワンショットであっては、とても浮気証拠とはなりません。

浮気が分かる会話の録音も資料とはなりますが、音声を原稿に書き直すなど手間が必要です。

そこで、裁判資料として最も有力なのは、

 ・ラブホテルに出入りする写真

 ・相手自宅に何度も出入りする写真

が最も適しています。

しかし、素人が遠くからカメラを操作し、こうした写真を撮るのはかなり困難と言わざるをえません。

遠くから撮影するためには望遠レンズが必要ですが、望遠レンズは手ブレしやすくなります。また浮気の現場は夜間が多いですが、こうした状況では当然ながら撮影は難しくなります。

さらには自分の存在を全く消して尾行するのは至難の技です。

夫は、遠くからでもあなたの後ろ姿や歩き方を見ただけで、気づいてしまうでしょう。足音だけでも分かるかもしれません。

それでも夫を尾行するのは・・・・どうでしょう。自信ありますか?

(2)法律面

テクニック面をクリアしても、次は法律面の壁があります。

ターゲットを尾行や待ち伏せする場合、どこかに車を停めたり、どこかに立ってカメラを構えたりしなければなりません。その場合、駐車禁止エリアに車を停めてはなりませんし、交通事故にも注意する必要があります。尾行や追跡においては、道路交通法を遵守しなければならないのはもちろんです。

また不用意に他者の敷地に踏み入れれば、無断侵入の罪となります。

さらには、ターゲットの車に勝手にGPS発信器等を取り付けて調査するのは、違法との判例があります。

浮気調査を行うにあたっては、これら法律面に十分に留意しなければなりません。

(3)心情面

次に、最もハードルが高いのが、この心情面です。

仮に、あなたが夫を尾行したとします。

夫はあなたに気づいていません。夫はあなたが想像していたとおり浮気をしていました。駅で愛人と待ち合わせし、手をつないで電車に乗り、ラブホテルに消えたのです。

そして3時間後、夫と愛人は絡み合うように密着してホテルを出てきました。

さあ、撮影のチャンスです。

しかしあなたは、一切気づかれることなく物陰に隠れ、冷静にシャッターを切らなければなりません。

しかしあなたはそのとき、冷静でいられるでしょうか。指が震えることなく、シャッターボタンを押せるでしょうか。でも、すぐにでも駆け出して問い詰めたいですよね。しかし、これら一切の衝動を抑えなければならないのです。

浮気現場を見たダメージは大きい

(1)心理的ショック

このように、素人が浮気調査をすることには様々な困難が伴います。

夫あるいは妻が、浮気していると疑った場合は、誰もが真実を知りたいと思います。しかし

「知りたい」からといっても、必ずしも「目の前で見ていい」とは限らないのです。

困難さもありますが、それよりは生々しい現場を目の当たりにしたショックは、あなたの精神に大きなダメージを与えます。

自分で調査すれば調査費用は抑えることができますが、困難のほうが大きいと考えるべきでしょう。

(2)ダメージはその後の生活も難しくする

自力調査の問題はまだあります。

あなたが夫の浮気現場を見たあと、あなたは自宅へ帰ります。きっと心はざわつき、冷汗が流れ、顔面蒼白、動悸もしていることでしょう。

夜、夫が帰宅します。

問題はここからです。

昼間、夫は愛人と仲良くラブホテルに行き、あなたは情事のあとの夫と愛人も目撃しました。そんな様子を見ながら、あなたは表面平静を装って振る舞わなくてはなりません。

心情やホンネを一切隠し、今までどおり行動しなければならないのです。

(3)言ったら負け

しかし人間とは不思議なもので、嫌なことを誰かに話すと気が楽になります。毒素を吐き出したようなものです。

と同様、昼間見たことを自分の心にしまっておくのが心苦しくて、

「あなた、昼間一緒にいたの、だあれ?」

「あなた浮気しているでしょう。 わたし見たんだから!」

などと言えば、あなたの心は軽くなります。

しかし、こう言ったらおしまいです。

夫は

「何バカなことを言ってるんだ」

と薄笑いしながら、スマホのメールやLINEのデータを消しているのです。

そして翌日から浮気そのものは水面下に潜行し、分かりにくくなってしまいます。愛人と会う頻度を抑えたり、帰宅時刻を早くしたり、週末によく出かけていたゴルフがなくなったりと。

つまり浮気調査や尾行したことは、一切相手に言ってはならないのです。

言えば、調査していることを相手に教えてしまうのと同じですから、当然警戒されてしまいます。

このように、自分で浮気調査しながら、平静を装うのは非常に困難なことなのです。

しかし、調査を他者に頼めば、これを防ぐことができます。

浮気調査は専門の探偵事務所へ

浮気調査とは、

“千載一遇のチャンスをいかに逃さず証拠としてキャッチするか”

ということでもあります。

夫と愛人の行動を予測し、待ち伏せし、写真に収める。

そして写真を裁判の証拠とし、慰謝料を勝ち取る。

このチャンスはそうそうあるものではありません。

この貴重なチャンスを逃さないためには、浮気調査は信頼できるプロに任せるのがベストです。危険が多い自力調査にメリットは一つもありません。

プロの探偵事務所は、一連の調査を一糸乱れぬチームワークでクリアできます。是非とも検討されることをお勧めします。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら