探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気調査の依頼をしたとき調査中の過ごし方として気をつけること

浮気調査の依頼をしたとき調査中の過ごし方として気をつけること


パートナーの浮気調査を依頼する場合は、パートナーに依頼したことがバレないようにすることが大切です。
しかしそうは言うものの「調査」という日常生活ではあまり経験しないことを依頼している中で、どうしてもそわそわしてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、毎日の過ごし方いつもと異なると、パートナーに不信感を与えてしまうので、注意が必要です。
今回は浮気調査を依頼した際に気をつけるべき点をご紹介していきます。

浮気調査中の過ごし方で気を付けたい3つのポイント


大前提として浮気調査をする際に気をつけなければならないことが「普段通り生活する」ということです。
中でも以下の3つの行動をとってしまうと、逆効果になる可能性もあるため気をつけてください。

・「浮気しているのか」と問い詰める
一般的に浮気調査を行う際は「浮気を疑っているそぶりを見せないでいる」ことが望ましいと考えられています。
したがって浮気しているかどうかを疑った姿勢を見せてしまうとパートナーは自分の浮気を疑われているのではないかと警戒してしまうかもしれません。
こうなると浮気調査が難航する可能性がありますので、浮気調査中や調査の依頼を検討している段階では疑っていることはパートナーに悟られないことが得策でしょう。

・パートナーの予定を無理に聞きだす
上記の内容と通ずる部分もありますが、パートナーの予定を無理に聞き出そうとすることも控えておきましょう。
特に普段は予定を確認しないという場合は、パートナーの警戒レベルを高めてしまう可能性があります。

依頼主にとっては浮気調査を少しでも効果的に行えるためにと探偵や興信所に伝えるためにパートナーの行動パターンを把握しようとする方もいらっしゃいますが、それはあまり効果的ではありません。

・意外に見落としやすい「金銭管理」
探偵や興信所を利用する場合は比較的大きなお金が動くことになります。
このため銀行口座をパートナーが把握している場合は大きなお金が動くことに違和感や疑念を抱くパートナーも決して少なくありません。
このため金銭の動きがパートナーにバレないようにすることも、円滑に浮気調査を行うためには大切になってくるのです。

今回紹介したような点に気をつけておくことで、浮気調査の効率を上げることができるため、依頼を検討している方は今一度心得ておきましょう。
また、もちろん調査を依頼したからといって、必ず自分にとって良い結果になるとは限りません。
場合によってはターゲットに勘付かれてしまう可能性ももちろん0ではないことは理解しておく必要があります。

効果的な浮気調査をしたいと考えている方は一度興信所などで調査を依頼する際にどのような点に気をつければいいのかをあらかじめ聞いておきましょう。
浮気調査中に心得ておきたいことが分かるようになります。
証拠をしっかりと入手するためにも浮気調査中に誤った行動をとらないように心がけていきましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら