探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

「家出人」と「行方不明者」と「失踪者」の違いとは?

サムネイル

「家出人」と「行方不明者」と「失踪者」の違いとは?

ある調査によると、日本では年間約10万人もの人が行方不明になっているそうです。

いなくなってしまったことが明確な場合、状況によって異なった分類がされます。

家族や大切な人が急に目の前から消えてしまった場合、「家出人」「行方不明者」「失踪者」、どれに分類されるのでしょうか?

家出人とは?

自発的な家出であることが明確な場合は家出人に分類されます。

たとえば、身の回りの衣類や持ち物などを持ち出していなくなった場合などです。
いなくなったことの理由を簡単に推測することができる場合も家出に分類されます。
10代のプチ家出のように、友人の家を転々としている状態などが相当します。

家出した後で自殺をする可能性が高かったり、事故によって死に至る可能性が高い家出人のことを特異家出人と呼びます。
家出人が遺書を残している、精神疾患や障害を患っている、高齢者や認知症を患っているなどの場合がこれにあたります。

本人の意志による家出とは違い外的な要因がある場合には特異家出人として扱われ、本人の命が危機的状況に陥る可能性が高いことから、一般の家出人とは区別されて考えられます。
犯罪などに巻き込まれている可能性が高いとみなされれば警察による公開捜査が行われることもあります。

行方不明者とは?

行方不明者と家出人の大きな違いは、いなくなった動機や行先に関する情報がなかったり、あったとしても少ない点です。

たとえば、家出をしたがっている様子もなく、借金取りに追われているなどの理由もないのに忽然と消えてしまった場合は行方不明者に分類されます。

自発的な家出であることが分かっている場合とは違い、未成年者が突然行方知れずになった場合や何らかの事故や犯罪に巻き込まれている可能性が高い人物を示す言葉として扱われます。

失踪者とは?


失踪者とは、姿を消す動機があり何らかの原因でいなくなってしまったことがわかっている人物に対して使われます。

行方不明者とほぼ同義の言葉として使われることが多く、足取りがつかめなくなってしまった人という意味合いで使用することもあり、生死不明よりも弱いニュアンスを持つ言葉として使用されることも。

定職についていなかったり、精神的に不安定な状態にある人が行方不明になってしまった際に使われる場合もあります。

捜索願を提出することが大事


大切な人が目の前から消えてしまうとつらいですよね。一刻も早く警察へ行き、捜索願を出すことが大切です。
特異家出人のような限られた場合をのぞき、一般家出人として処理されると特別な捜索が行われることはありません。

しかし、行方不明者が交通違反や職務質問などで警察から身元照会を受ける際に、捜索願が出されていれば家族や提出者に連絡が届きます。

警察に届ける他にも、行方不明になってしまった人を探すために何かできないかと考える人は多いことでしょう。

そんなときは、興信所や探偵のプロに捜索を依頼することもひとつの方法です。
プロの捜査によって知りえなかった事実が明らかになれば、解決の糸口が見つかるきっかけとなるかもしれません。

 

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら