探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

引きこもりの子どもが突然の家出! 一体なぜ?

引きこもりの子どもが突然の家出! 一体なぜ?

引きこもりは、子どもの年齢に関係なく起こりうる状況です。引きこもりの子どもが、家出をするケースがあります。

人間関係を上手に築けない子どもが、外で生活できるはずはないと考えて、不安にかられる親は多いことでしょう。
引きこもりだった子どもが突然いなくなってしまうのは珍しいことなのでしょうか?

引きこもりが家出をする理由

学校や職場へ行かず、社会との関わりを断って家の中だけで生活をしてしまう引きこもり。

学校や職場での人間関係に嫌気がさしてしまったり、外へ出なくても快適な生活ができる環境の場合、引きこもり生活を招いてしまう場合があります。

自立しなければならない理由を本人が自分で見出すことができない限り、引きこもりは改善しにくいといえるでしょう。

小さな頃からの親の甘やかしや過干渉が原因で、引きこもりになってしまうケースは多いと言われています。
「このままの生活ではいけない」と自ら感じて、親の元から離れて自立しようと考える子どももいることでしょう。

その家出が自立心の第一歩ならばいいのですが、社会経験に乏しい子どもの家出なら、何らかの事件に巻き込まれてしまったという可能性も否定できません。
どこで何をしているのかわからない状態では心配ですよね。

多様化する子どもの交友関係

学校や仕事とのつながりのない子どもが家出をした場合、ただやみくもに行きそうな場所を探し回ったとしても、有益な情報を得られないことがあります。金銭を全く持っていない場合、突然一人で暮らし始めることは困難です。
どこにも頼るすべを持たないのに、急に家を出ていくことは不自然ですよね。

もしかしたら、親が把握していない友人を頼って家を出たかもしれません。
外に出られない引きこもりの子どもだから、友人はいないと決めつけていませんか?

もし、子どもが携帯電話やスマホを持っていたり、部屋の中でパソコンを使用しているなら、インターネットを通じて友人と出会う可能性があります。
出会い系サイトやSNSサイトなど、現代では実社会以外で人間関係を築くことは難しいことではありません。

学校や職場に相談できる相手や友人を作れなかった場合でも、仮想空間で出会った友人とは深い関係を築くこともあります。
そうした場合、すべての交友関係を洗い出すことが難しい場合もあります。

成人なら警察が動いてくれないことも


小さな子どもならいざしらず、成年に近い子どもの家出の場合は警察が動いてくれない場合があります。
自分の意志で自立した生活を始めたからといって、即事件につながるわけではありません。

しかし、携帯電話のような連絡手段を持たず、居場所にまったく心当たりがない場合は本人の意志に反して連絡が取れない状態に陥っている可能性も考えられます。
「何らかの事件に巻き込まれているのでは?」と不安を感じた場合、興信所や探偵を利用して子どもの居場所を突き止めることもひとつの方法です。

引きこもっていた子どもが、家でしたときは速やかに専門家に相談するようにしましょう。
また、普段から出来るだけコミュニケーションを取るようにすることが大切です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら