探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

うつ病の人が失踪する理由と捜索時にすべきこととは?

うつ病の人が失踪する理由と捜索時にすべきこととは?

ストレス社会のなかで「うつ病」を発症する人は少なくありません。

行方不明者の中には、うつを抱えているために不安定になり、さまよう人も多いのです。

ここでは、うつ病の方が失踪してしまう理由と捜索時にすべきことをご紹介します!

■うつ病の人が失踪する理由

・周囲の理解が得られない
うつ病は精神的ストレスによって発症する、心の病気の一種です。
悪化すれば仕事ができないどころか、ベッドから起き上がることすらできない場合があります。

しかしそれを周囲に理解されないと「現状から逃げ出したい」という思いが先走って、失踪につながってしまうのです。

・自傷や自殺行為の恐れ
うつ病を理解されず、自分の居場所を見失ってしまうと自傷や自殺行為に走る恐れがあります。
「自分は生きている価値がない人間だ」と勘違いして、それらを実行できる場所を探し求めてしまうのです。

うつ病を抱えている人の失踪を防ぐためには、まず周囲が本人の行動の違和感に気づくことが大切です。
わずかなサインでも見逃さないようにしましょう。

■失踪者捜索時にやるべきこととは

周囲の行動が完璧だったとしても、うつ病の方の失踪を完全に防ぐことはできません。

もしもの時のために失踪者を捜す時にやるべきこと、そして注意ポイントを把握しておきましょう。

・警察への届け出
失踪が発覚したら、まず警察へ届け出ましょう。
遺書などがあった場合は命に関わることですから、その旨を伝えて迅速な手配やパトロールをお願いします。
早急な捜索が必要ない場合でも、失踪者が保護されたときには迅速な連絡が期待できるでしょう。

なお、捜索願を出すときには、提出者の『身分証明証』と『印鑑』が必要になります。
そして失踪者の情報を詳しく伝えましょう。近年に撮った本人の写真も用意しておくと、捜索の役に立ちます。

・探偵や興信所への相談
よほどの緊急性や事件性がない限り、警察は積極的に動いてくれません。
警察への届け出が済んだら、捜索の専門家がいる探偵・興信所へ相談してみましょう。

捜索を依頼した場合は費用がかかりますが、独自ルートによる積極的な捜索が期待できます。
こちらも失踪者本人の詳細な情報と写真を提供しておきましょう。

失踪者が若い方や健常者の方の場合、行動範囲は広くなるため、捜索はその分難しくなります。
捜索に入るまでの時間が長くなればなるほど居場所が掴みづらくなるので、届け出や相談は早急に行いましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら