家出調査で大切なポイントを解説!探偵が用いる調査手法と成功の秘訣

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国20都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

家出の理由

家出の理由は多岐にわたりますが、心理的な要因としては、家庭内の不和や虐待、親との関係の悪化などが挙げられます。

また、学校や職場でのいじめやストレス、恋愛関連の問題、経済的な困難や家庭環境の変化、親の離婚などの家庭の問題から、精神的な健康問題やうつ病、不安障害などの精神的な疾患も、家出の背景にある可能性も考えられるでしょう。

冒険心や自立への欲求、特定の人物や集団への憧れなど、肯定的な理由で家出するケースもあります。

家出の理由は、個人の状況や心理的な状態に大きく依存しているのです。

家出調査とは

家出調査は、失踪した人を見つけ出すために行われますが、その内容は、失踪者の最後の所在地からの情報収集、目撃者への聞き取り調査、過去の行動パターンの分析、家出人が使用可能な金融資産や連絡先の確認などが含まれます。

また、家出人の心理状態や家庭環境、直近の生活の変化なども考慮して調査が進められ、現代の特徴として、ソーシャルメディアやオンラインの活動履歴を調べることもあります。

探偵事務所や専門家は、これらの情報を組み合わせて、失踪した人の居場所を突き止め、家族との再会を目指して調査を行なっていくのです。

家出調査の方法

それでは、家出調査で行う主な方法を、見ていきましょう。

1.初期段階の情報収集

初期段階での情報収集として、家出人の生活環境、性格、最近の出来事を含む聞き取り調査を家族や友人から行います。

2.ソーシャルメディアなどのオンライン活動の分析

家出人のソーシャルメディアアカウントやオンライン活動を調べて、家出人の行動パターンや居場所の手がかりとなる情報を探します。

3.金融取引と通信記録の確認

家出人の銀行取引や携帯電話の通信記録を分析し、行動の痕跡を追います。

4.現場訪問と目撃者への聞き取り

家出人が最後に目撃された場所や関連する場所を訪れ、目撃者への聞き取り調査を行います。

5.公的機関との協力

警察などの公的機関と連携し、捜索範囲を広げ、情報を共有します。

6.心理学的アプローチ

家出人の心理状態や動機を理解し、行動を予測するために、心理学的な分析を行います。

7.継続的なモニタリング

新しい情報が得られると、戦略プランの見直しが行われ、それに合わせて捜索を継続しますが、これには依頼者の協力が不可欠です。

家出に気づいてどのくらいで調査を開始するべき?

家出調査を開始する最適なタイミングは、家出に気づいた直後です。

早期に調査を開始することで、発見率が高まりますが、特に家出後の最初の48時間は非常に重要で、この期間内に発見される確率が最も高いとされています。

時間が経過するにつれて、発見率は低下する傾向にありますので、家出に気づいたらすぐに探偵や関連機関に相談し、迅速に調査を開始することが推奨されます。

よって早期の行動が、家出した人を無事に見つけ出す鍵となるのです。

調査費用と調査期間

家出調査の費用と期間は、調査の難易度や範囲によって大きく異なりますが、一般的に、費用は調査の複雑性、必要なリソース、調査員の専門性に応じて決定されます。

簡単な案件では比較的低コストで行える可能性がありますが、時間がかかる、情報が少ない、または広範囲にわたる調査では費用が高くなることがあります。

一方、調査期間も様々で、短期間で解決するケースもあれば、長期にわたる調査が必要な場合もあり、依頼する探偵事務所や専門機関によっても異なるため、事前に確認しておくことがおすすめです。

依頼者ができる事

家出調査の依頼者ができることには、いくつかの重要な点があります。

1.正確な情報を提出する

まず、家出人の最後の所在地や活動に関する詳細な情報、それから家出人の写真や身体的特徴、普段の服装などの詳細な情報も提供する必要があります。

また、家出人の交友関係や行きつけの場所、興味・関心がある分野についての情報、さらに、家出人が使用している可能性のあるデバイスやSNSアカウントの情報提供も、調査の手がかりとなります。

2.不必要に動かさないこと

依頼人は、家出人の情報を保持すること、物品を触らないようにすること、そして不必要な刺激を与えないようにすることも、調査において重要です。

これらの対応が、調査の効率化と迅速化につながり、家出人の安全な発見のために不可欠です。

まとめ

家出調査は、失踪者を探し出すために専門的な手法を用いて進められます。

調査は、失踪者の最後の確認情報の収集から始まり、その人の生活環境、心理状態、最近の出来事に関する情報が重要な手がかりとなりますので、家族や友人からの聞き取り調査、ソーシャルメディアやオンライン活動の分析、金融取引や通信記録の確認が行われます。

また、調査は現場訪問や目撃者からの情報収集も重要で、公的機関との連携、さらに心理学的なアプローチも取り入れ、家出人の動機や行動パターンの理解、継続的なモニタリングによる調査の見直しなど、常に調査プランは調整されます。

家出調査の目的は、失踪者の安全な発見と家族との再会を実現することにあり、依頼者からの家出人の詳細な情報提供、物品の保護、不要な刺激の回避など、調査を効果的に進めるための協力が不可欠です。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 調査員 Y.K

調査歴10年。
年間200件以上もの調査を行う。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page