探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵による人探しの料金はいくら?調査方法と依頼するメリット解説

探偵に人探しの依頼をする理由や、その対象者は人によってさまざまです。お世話になった恩師や初恋の人、音信不通の家出中の家族の所在を知るため。またパートナーの浮気を疑い、浮気相手を探したい方もいるのではないでしょうか。探偵への人探しを依頼するとき、気になるのは料金です。

本記事では、探偵による人探しの料金相場と依頼の際に必要な情報、探偵の調査方法と依頼するメリットについて紹介します。人探しの依頼を検討しているなら、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

探偵による人探しの料金相場

探偵の料金相場は幅広く、人探しであれば5~100万円とピンキリです。事前に持っている情報量によって難易度が変動します。調査が難しい場合は、100万円以上になる可能性も。

また探偵社により料金が異なります。探偵の料金体系には「1時間いくら」と決められた時間料金制、定額プランなどのパック料金制、結果報告後に料金が決まる成功報酬制などがあります。

ではあなたと捜索相手の関係性別に、探偵による人探しの料金相場を見てみましょう。

行方不明になった家族

家出した同居の家族、もしくは行方不明の身内を探してほしい場合、探したい人物の名前や住所などの情報がわかっているなら、料金相場は5~12万円です。探したい人物が自分から身を潜めている場合、調査が難しくなる傾向にあり、料金相場は40~80万円となります。

もし警察に相談して断られた場合でも、探偵なら調査可能です。警察による行方不明者の捜査は、事件性がなければおこなわれません。

ただし家出人として探偵に調査を依頼した後に事件性があると探偵が判断した場合は別です。何らかの事故や事件に巻き込まれた可能性があるなら、特異行方不明者として警察に届ける必要があります。

配偶者の不倫相手

あなたが配偶者の不倫を疑い、その不倫相手を探す場合は10~100万円が料金相場となります。浮気・不倫調査は不倫相手の情報をあなたがどれくらい持っているかによって料金が変わります。情報量が少なければ、その分探偵の調査事項が多くなるためです。

もし配偶者の不倫相手に関する情報を持っているなら探偵に事細かく提示しましょう。年齢や髪型、体型などの容姿からでも、対象者を特定できるかもしれません。

過去の知人

初恋の人や学生時代にお世話になった恩師、お金を貸したまま行方不明になった友人などを探したい方もいるでしょう。過去の知人を探したい場合、あなたの持っている情報の新しさが武器になります。

古い情報であっても探偵による人探しの調査は可能です。しかし調べる事柄が多くなるため、料金は一概にいくらとは言いきれません。最寄り駅やおおよその住んでいる地域、年齢なども貴重な情報となります。

インターネットで知り合った人物

SNSやマッチングアプリ、オンラインゲームなどインターネットで知り合った人物を探すことも可能です。本名やおおまかな居住地などがわかっていれば比較的早く調査が終わり、料金も安くなる傾向があります。しかし顔の見えないネットでのやりとりでは、本名や住所を偽っていることがあります。もし名前や住所が不明な場合、料金はピンキリとなります。

ただ、SNSアカウントや相手とのやりとりから情報を得られるかもしれません。たとえば「近所によく行くカフェがある」「いつも注文するメニューがある」など、これまでに会話した内容から、住所が判明することもあります。

探偵による人探しに必要な情報・調査方法

人探しを探偵に依頼する際、あなたが持っている対象者の情報はすべて提示しましょう。探偵はあなたからの情報をもとに調査します。

対象者を見つけるためには、名前や住所などの基本情報が必要です。また本人の私物にも情報が詰まっていると考えられます。その他諜報活動により情報を得て調査することも可能です。詳しく見ていきましょう。

名前・住所・勤務先などの基本情報

探したい人物の基本情報として名前や住所、勤務先などが挙げられます。役職や生年月日、携帯番号など、こまかな情報があればさらに調査の的を絞れます。

現在の住所や勤務先が不明でも、旧住所や出身地などからも調査可能です。もし就いている職種・業種がわかれば探偵に伝えましょう。

そのほか本人の病歴・通院歴、性格や趣味嗜好、資格などもわかれば調査の進捗に影響します。人探しにおいてはどんな些細な情報であっても、わかることは探偵に伝えてください。

本人の所持品

探偵は、探したい人物の所持品から情報を取得可能です。情報源として役立つ本人の所持品として以下のものが挙げられます。

●所有車

●パソコン

●古い携帯電話

●衣服

●手帳

●手紙

●レシート

●服用中の薬

●ごみ

無関係と思えるものやどんなに小さなものでも、探偵には貴重な情報源です。手がかりを探しまとめておきましょう。

諜報活動による公開情報

探偵がおこなう人探しの調査方法にはオープンソースインテリジェンス、つまり公開情報調査があります。インターネット上に公開されている情報を調査する方法です。しかし単純な検索とは異なります。

誰でもアクセス可能な公開情報からの調査だけでなく、探偵社独自のデータベースを利用した調査が可能です。なお住民票や戸籍などは本人や同居の家族しか開示請求できないため、探偵には使用できません。

もしデータベースの調査で情報が得られなければ、聞き込みや張り込み、尾行などの調査へ移行します。

探偵に人探しを依頼するメリット

自分で人探しをしたいと思っても、関係性や情報が古い場合は限界があります。一方で独自のノウハウや知識を活かした探偵による人探しは、自分で探すより見つかる確率がぐんと上がります。

あなたが時間や労力をかけて探しても、情報が少なければ苦労は免れられないでしょう。また人探しに没頭するうちに、周囲へ情報が流れてしまうこともありえます。

では探偵に依頼するメリットについて紹介します。

成功率が高い

対象者を自分で探すよりも見つかる可能性が高いことが探偵に依頼するメリットのひとつです。探偵はさまざまな経験や知識を培った、いわば人探しのエキスパート。素人がインターネットや自分の足で探すよりも、人探しのプロが持つノウハウに頼った方が早く見つかるでしょう。

また成功率を上げるためには情報量と依頼までの速さにかかっています。行方不明者を探す場合は、いなくなってから探偵に依頼するまでの期間が短いほど見つかる確率が高まるのです。

負担を軽減できる

家族や身内が失踪した場合は、本人が無事かどうか心配でいてもたってもいられないのではないでしょうか。しかし自分で探すとなると時間や労力をともないます。

あなたには仕事や家事などの日常があるはずです。いつも通りの仕事をこなし休日返上で人探しをおこなうのは、体力的、精神的ともに負担がかかります。

素人には真似できない調査が探偵には可能です。あなたの負担を軽減し、確実な情報を求めて調査できますよ。

秘密厳守

自分で人探しをおこなっていると、知らず知らずのうちに情報が漏れてしまうことがあります。あなたが人探しをしていると知った人が心配し、SNSなどで個人情報を拡散することもあるでしょう。

対象者が意識して所在を隠している場合、捜索しているという情報が流れると、相手に警戒されかえって見つけにくくなってしまうかもしれません。探偵は秘密厳守で調査をおこなうため、あなたや対象者の情報、調査内容が流出することはありません。

人探しはスキルと経験を兼ね備えた探偵に依頼しよう

人探しを自分でおこなうことはできますが、見つけるには膨大な時間や労力を使わなくてはなりません。その点、探偵は人探しのプロです。豊富な知識やスキル、経験を活かし調査にあたります。あなたの負担を軽減し、秘密を守りながら人探しできるのが探偵です。

私たち探偵興信所PIOはご依頼主様に寄り添い、親身になってお話をうかがいます。相談は無料でおこなっているので、人探しでお悩みならぜひ気軽にご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら