探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

事実婚のメリットとデメリットは?事実婚をする前に決めておきたいことまとめ

昨今、入籍する法律婚ではなく事実婚を考えるカップルが増えてきています。今回は、事実婚のメリットデメリット、事前に決めておきたいこと、パートナーが浮気した場合について解説していきます。事実婚に憧れるけれど不安もあるという方は、目を通してみてください。

事実婚のメリット

まずは、事実婚のメリットを3つご紹介していきます。

夫婦別姓が可能

事実婚は法律婚とは違い、夫婦別姓で生活可能です。現在の法律では役所へ婚姻届けを出すと、夫婦はどちらかの氏を選び、同じ氏を名乗らないといけません。長い間選択的夫婦別氏制度が議論されていますが、未だ結論が出ないままです。今後法律婚でも夫婦別姓が実現する可能性もありますが、現状では不確定です。自分の名字を残したい、仕事上氏が変わるのは不便といった理由で事実婚を選ぶカップルも少なくありません。

国の婚姻制度に縛られない

事実婚は、国の婚姻制度に疑問を感じる場合にもメリットがあります。法律婚は、どちらかの戸籍に入り、婚姻に当たる事務手続をしないといけません。手続きも複雑で、仕事を休んで対応しないといけないこともあるでしょう。事実婚であれば、面倒な手続きなしに自分達が理想的と思う生活スタイルを貫けるでしょう。

別れても戸籍に影響しない

事実婚であれば、戸籍上は独身です。法律婚であれば、別れることになると離婚した旨の記録が残ってしまいます。事実婚では、戸籍に何の変化もありません。もし今の相手と別れ、新しい相手と法律婚する場合も相手にばれにくいです。将来何が起こるか分からないので慎重に行動したいという人にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

事実婚のデメリット

事実婚には、メリットもあればデメリットもあります。主なデメリットを3つまとめてみました。

子供の親権の問題

事実婚の場合、子供ができると法律婚より手続きが複雑です。入籍していないカップルの間に生まれた子供は、嫡出でない子として扱われます。母子間は法的に親子として認められますが、父親は認知の手続きをしないといけません。普通の出生届では受理されないことを知らずに父親だけで窓口に行くと、門前払いされることもあります。子供も欲しいと考えているカップルは、事前に話し合いをしておきましょう。

経済的な不利益

事実婚は、法律婚のような所得税や相続税などの控除が受けられません。経済的なことを考えると、入籍した方がいい場合もあるでしょう。お金は生活に直結する問題で、慎重に考える必要があります。悩む場合は、税理士やファイナンシャルプランナーなど専門家に相談してみることもおすすめです。

相続の問題

事実婚の場合、パートナーの法定相続人になれません。財産が多いカップルであれば、相続の際にパートナーの家族とトラブルに発展することも少なくありません。事前によく話し合い、行政書士、税理士、司法書士、弁護士など専門家のアドバイスを受けながら遺言書を作成しておくといいでしょう。

事実婚をする際に決めておきたいこと

事実婚をすると決めたら、2人で決めておきたいことがあります。2人の生活をより良くするために大切な準備をまとめているので参考にしてみてください。

事実婚を証明する準備

まずは、事実婚を第三者に証明できる準備をしておかないといけません。パートナーの委任状や事実婚の夫婦である証明がないと、万が一パートナーが事故や病気で入院した際手続きができずに困ってしまうこともあるでしょう。

有効な書類として認められることが多いのは、以下のような書類です。

住民票(世帯を一にし、続柄の欄に「妻(未届)」または「夫(未届)」と記載されていると手続きがスムーズ)

公正証書の作成

パートナーシップ制度の書類

資料を揃えて、必要な時にすぐに証明できるようにしておきましょう。

事実婚を周囲に話しておく

事実婚を周囲に話しておくと、社会に認めてもらうことに繋がります。周囲に話しておかないと単なる同棲カップルだと認識され、家族扱いされず辛い思いをするかもしれません。結婚式を挙げる、事実婚をしたことを結婚衣装の写真を添えた手紙で知らせるなどアピールしましょう。

子供が出来た時の問題

子供のことは、事前によく話し合っておかないといけません。

子供を作るかどうか

子供ができたら法律婚するかどうか

子供にどちらの姓を名乗らせるか

子供から事実婚について疑問の声が上がったらどのように説明をするか など

その時によって対応を柔軟にすることもいいですが、事実婚を始める前にお互いの気持ちや考えは知っておくべきでしょう。

事実婚のパートナーが万が一浮気したら?

事実婚のパートナーが浮気したらどうなるのか不安に感じる人も少なくありません。実際相手の浮気が原因で事実婚を解消するカップルも多いです。法律婚と同じように慰謝料が請求できるのか、事実婚ならではの注意点があるのか解説していきます。

慰謝料請求は事実婚も認められる

慰謝料請求は、事実婚でも法律婚と同じように認められます。浮気相手に慰謝料請求することも可能です。事実婚だからと躊躇する必要もありません。

慰謝料相場は?

慰謝料の相場はパートナーとの関係の深さ、パートナーの浮気の悪質さ、パートナーの年収などによっても変わりますが、100~300万円が相場です。事実婚は法律婚と同じように扱われますが、離婚するケースと比較すると相場は低めとなるケースが多いでしょう。また同居の長さ、子供がいるかどうか、将来にわたる約束をしているかなどが重視されるので、それらを上手く証明しないといけません。不安なら弁護士に相談してみることをおすすめします。

証拠を掴みたいなら探偵への依頼がおすすめ

慰謝料の請求には、法律婚、事実婚関係なく浮気の決定的な証拠が必要です。慰謝料請求で認められることが多い証拠は、浮気相手と肉体関係があったことが分かる動画や写真などです。個人で入手が難しいと思ったら、探偵に依頼することをおすすめします。調査のプロである探偵は、慰謝料請求の際に有利に働く証拠を掴むことが得意です。探偵興信所PIOでは、無料見積もり相談も実施しています。気になることがあれば、まずはお問い合わせください。

事実婚のメリットとデメリットの両方を知ろう

事実婚にはメリットもありますが、デメリットもあります。2人でよく話し合い納得できる方法を選択してください。自分達の幸せは、自分達でつかみ取りましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら