探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気の基準とは?シーン別の基準や男女の違いも紹介

浮気の基準は人それぞれ個人差が大きく、判断するポイントが明確ではありません。自分はその気がなくても、パートナーによって浮気と判断されてしまう場合もあります。どのようなケースで浮気と感じてしまうのでしょうか。シチュエーション別の判断基準を確認します。男女の間においても「浮気だ」「浮気ではない」と異なる見解がよくありますので、男性・女性の考え方の違いも把握し、何気ない行動が浮気と誤解されないように注意するためのポイントを理解しましょう。

シーン別の浮気となる基準

浮気の基準は明確ではありません。シチュエーションごとの考え方について、浮気となるのか、ケースごとに見ていきましょう。

浮気の基準1:カラダの関係を持つ

一般的に誰もが浮気だと認める基準となるのが、カラダの関係をもつことでしょう。性行為は決定的な浮気の判断材料になります。特に既婚者が別の人と関係をもつことは法律上でも不貞行為と認定される条件となり、離婚の際に裁判で争う場合には浮気をした側にとって、間違いなく不利に働きます。仮にその性行為に恋愛感情がないからといってもこの場合の浮気は不貞行為として成立します。

浮気の基準2:キス

カラダの関係、性行為に至らなくてもキスを浮気と考える人も多いのでは? キスは愛情表現の代表的な行為。パートナー以外の異性とキスをするのは特別な意識があると考えられます。海外でも欧米を中心に単なる挨拶としての習慣もありますが、あくまでそれは挨拶であり、愛情表現としてのキスとは異なります。性行為と同様にお互いに気持ちが無い限り成立しないもので、キスは性行為以上に相手への特別な思いがあると考えるケースもあります。一般的にキスは相手との距離を近くするためのものであると考えられるため、キスによってそれ以上の関係に進む可能性を秘めており、いつカラダの関係に発展してもおかしくありません。そのため、本当にキスだけであっても「カラダの関係もあるはずだ」と判断されるケースが多いでしょう。

浮気の基準3:カラダに触れる

性行為やキスまでの関係で無くても、カラダに触れるだけで浮気と判断されるケースがあります。異性であっても親密な友達関係というものはありますが、ハグに代表されるようなスキンシップを浮気と感じてしまう人も一定数存在します。カラダに触れるという行為自体が、相手に好意を持っていないと通常は行えないもの。自分は単なるスキンシップの延長で特別な感情はないとしても、パートナーにとっては気持ちの良いものではありません。状況によって、例えば異性と二人きりで出かけている状態でスキンシップがある、ないで判断が分かれるケースがあります。

浮気の基準4:手を繋ぐ

手を繋ぐことも相手への好意がなければ難しい好意の一つ。例えば、団体行動をしていて、はぐれないように手を繋ぐことをきっかけに気持ちがグッと近づいた、なんてこともありますよね。一方的に手を繋ぐことは基本できませんので、相手によっては好意の印と受け取ってしまうことが考えられます。

浮気の基準5:2人だけで会う

異性とわざわざ約束をしたうえで、意識的に2人きりで会うという行為は、お互いに好意をもっていなければ成立しません。2人で会う状況に陥るケースとしては共通の趣味を持っている場合が多いでしょう。最初はただの趣味の仲間が、いつの間にかそれ以上の関係に発展していったなんてことも。趣味の時間で会う以外にわざわざ時間を作って会うことは好意の気持ちをもっていることを否定できません。

浮気の基準6:LINEなどで連絡を取る

連絡といっても仕事の報告等の事務的な内容はここでは該当しません。浮気として考えられるものは、プライベートな内容で異性と連絡を取ることです。特に、LINEのようにお互いが認証しなければやり取りができないようなものは、端緒は仕事であっても、好意がなければIDを教えることはないでしょう。「LINEでつながっているということは……」というような疑いの目をパートナーに持たれる可能性があります。綿密な連絡を取るということは、浮気を疑われる危険性が高まりまるということでしょう。

浮気の基準7:プライオリティが高くなる

カラダの関係や、キスなど具体的な行動がなくても浮気の基準になることがあります。それはプライオリティ、優先順位です。パートナーとの予定があるのに、気になる相手との予定を優先するような状態は、自分自身でも気持ちがパートナー以外に向いているな、と気がつくのではないでしょうか。パートナーを大切にしたのなら、浮気に発展する可能性がある相手のプライオリティを高めてはいけません。一時的な感情なのか、冷静に判断する必要があります。

男女によって異なる浮気の基準

まったく同じ行動をとっても、男性と女性とでは感じ方に違いがあります。違いを生み出すポイントについて男性の基準、女性の基準について確認します。

男性が考えがちな浮気の基準

男性はパートナーが他の男性に気持ちが移ってしまうのではないかという心配よりも、他の男性「から」狙われてしまうのではないか、考えてしまう傾向にあります。これは元々男性のDNAに刻まれた狩猟本能によって、例えば相手に彼氏がいても、チャンスがあれば、アプローチしてしまうといった、男性の本能によるものなのです。そのため、

食事をするだけでも、相手によってはそのままホテルに行ってしまうのは?

その気があって2人で会う約束をしているのではないか?

お酒が入ると、危険な気がする

など、女性よりも「シチュエーション」に敏感だといわれています。

女性が考えがちな浮気の基準

女性は自分のパートナーが女性とどんな行為であれば許せるのか、許せないのか、実際の行動を基準に考える傾向があります。カラダの関係やキスなどはもちろん、

2人きりで親密に話す

2人きりで会う

2人だけの秘密がある

なども個人差はあるものの、パートナーが他の女性と親密である時点で嫌悪感を抱くようです。余計なトラブルを避けるためにも、男性はなぜその女性と会わないといけないのか、どのような関係なのかを事前に誠意をもって説明する対応が必要です。

未婚・既婚によって異なる浮気の基準

浮気の法的な基準は未婚、結婚で違いがあるのでしょうか。それぞれの考え方、法的扱いの違いについて確認します。

浮気と不倫の違いは?

不倫の定義は、婚姻関係を結んでいる相手がいるにも関わらず、パートナー以外の異性とカラダの関係になることを言います。単なる浮気との明確な違いは、性行為があるか、ないかという点に違いがあります。

未婚のカップルは自由恋愛

未婚のカップルは基本的に自由恋愛の関係です。どこから浮気になるのかは、カップルがそれぞれで定義し、確認し合う必要があります。浮気があったとしても法的に不貞行為と認められることはありませんが、もし「付き合っている間は浮気をしない、した場合は違約金を払う」と記載した誓約書をお互いに交わしている場合は、法的にも有効となります。

既婚の夫婦には民法で定義がある

既婚の夫婦において、パートナー以外の異性とカラダの関係、つまり性行為を行うことは不貞行為に該当し、民法に違反する行為で、起訴の対象となります。あくまでもカラダの関係を持つことだけが該当するため、恋愛感情を持つことや、2人きりで会う、キスをするなどは該当しません。また、未婚は基本的に該当しませんが、条件が揃えば訴えることも可能です。婚約を交わしている、婚約指輪を渡している、結婚式の予約をしているなどの場合は起訴の対象となり得ます。

浮気の基準で迷ったら浮気の証拠を集めましょう

浮気の基準には様々な状況を把握しなければなりません。「パートナーの浮気によって心を痛めている」ときは、まずは冷静になることが重要です。冷静に状況を見極めて、「浮気」となりうる証拠を集めるようにしましょう。

自分だけで証拠を集めることが難しいと感じたら、私たち探偵興信所PIOにご相談ください。

浮気調査に関する相談や見積もり作成を無料で受け付けており、誰でも気軽に相談できる環境が整っていますから、気軽にご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら