探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵は何をどこまで調べられる?調査方法や調査内容まとめ

探偵と聞くと、ドラマや映画でみるイメージから何を依頼しても調べてくれそうなイメージを抱きますよね。

しかし、実際のところ探偵はどこまで調べられるのか、具体的な調査方法は何なのかなど、探偵に関する正しい情報を反映したドラマや映画は少ないです。

そのため、本当に探偵に依頼したい場合も、どこまで調べられるか分からないから躊躇してしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、探偵は一体どこまで調べられるのか、認められている調査方法や調査内容、探偵が決して行わない調査方法について解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の2つ。

・探偵はどこまで調べられるのか、正しい情報が分かる

・探偵の主な調査内容や行わない調査方法が分かる

・探偵のイメージが膨らみ、実際に依頼しやすくなる

本記事を参考に、探偵が実際行う調査方法や調査内容を把握しましょう。

探偵はどこまで調べられる?認められている3つの調査方法

探偵として仕事をするには、公安委員会へ届出をする必要があります。

届出をしたうえで、探偵業法において認められた調査方法を用いて仕事をするのです。

そんな探偵業法において認められている調査方法は、下記の3種類。

・尾行

・張り込み

・聞き込み

それぞれどういった調査方法なのか、具体的に解説していきます。

尾行

尾行とは、徒歩尾行や車両尾行など、あらゆる方法を駆使して調査対象者を追跡する調査方法のこと。

探偵と言えば尾行というイメージを持っている方も多いでしょう。

調査対象者にバレないように存在を消して追跡し、調査対象者の拠点や依頼遂行に必要な情報を収集します。

張り込み

張り込みとは、調査対象者の居場所付近で待機し、調査対象者が動くまで監視する調査方法のこと。

調査対象者が動くタイミングはバラバラのため、長い場合何十時間も監視を続けることも。

そのため、体力や精神力はもちろん、高い忍耐力も求められる難しい調査方法と言えるでしょう。

調査対象者が動き出したら、新しい情報を入手するためにそのまま尾行を始めるケースが多いです。

聞き込み

聞き込みとは、調査対象者の周辺人物と話し、調査に必要な情報を聞き出す調査方法のこと。

調査対象者の情報を上手く聞き出すために、周辺人物との信頼関係や信用を丁寧に築く必要があります。

探偵が行う調査内容

探偵がどこまで調べられるのか知るためには、実際に行っている調査内容を見ていくと良いでしょう。

ここからは、探偵が行う調査内容と主な調査の流れについて解説していきます。

探偵が行う主な調査内容

探偵事務所によって取り扱っている調査内容や名称が違いますが、具体例を挙げると下記の通りです。

・浮気調査(不倫調査)

・素行調査

・家出人調査

・盗聴器発見調査

・信用調査

・結婚調査

・ペット捜索調査

・企業信用調査

このうち、浮気調査や素行調査などは、探偵の仕事の中でも依頼がかなり多い調査内容と言えるでしょう。

調査の主な流れ

本記事では、浮気調査を例として解説していきます。

浮気調査の流れとしては、下記の順で進んでいきます。

・探偵にメールや電話で相談する

・探偵事務所に実際に赴いて相談する

・見積もりを作成してもらう

・正式に調査を依頼する

・調査について打ち合わせを行う

・調査を本格的に開始する

・依頼人に中間報告を行う

・依頼人に調査結果を報告する

・アフターフォローを徹底する

これを見ると、探偵はただ調査をするだけでなく、依頼人からの相談を聞いたり今後の流れまで丁寧にフォローしてくれることが分かりますよね。

探偵が行わない2つの調査方法

探偵業法で認められていない調査方法を用いると、たとえ探偵でも法律違反として罰せられます。

そういった認められていない調査方法を知れば、探偵がどこまで調べられるのかイメージしやすいでしょう。

それでは最後に、探偵が行わない調査方法について解説していきます。

具体的には下記の2種類。

・電話回線に盗聴器を設置する

・電話番号・車のナンバーで個人を特定する

それでは1つずつチェックしていきましょう。

電話回線に盗聴器を設置する

固定電話や電話回線などに盗聴器を設置すると、有線電気通信法に違反してしまいます。

また、盗聴器の設置時に壁や床などを傷つけてしまった場合、こちらも器物損壊罪として罰せられる可能性が高いです。

電話番号・車のナンバーで個人を特定する

電話番号や車のナンバーで個人を特定する行為は、多くの探偵事務所で扱われていません。

尾行や張り込み、聞き込み以外の調査方法は、些細なミスで探偵業法違反に該当してしまう危険性が高いです。

もし、連絡が取れず居場所も分からない人を探したい方は、まずは探偵に電話やメールで相談してみると良いでしょう。

探偵は、探偵業法で認められた範囲を調査できる

いかがでしたか。

探偵は、ドラマや映画のように何でも調査してくれるわけではありません。

電話回線に盗聴器を取り付けたり、電話番号や車のナンバーで個人を特定したりなど、法律違反に該当する可能性が高い調査は行わないようにしています。

基本的な調査としては、尾行や張り込み、聞き込みなどを用いたもののみと言えるでしょう。

現在、パートナーの浮気や婚約者の素行を知りたくて悩んでいる方は、ぜひ探偵興信所PIOに問い合わせてみましょう。

私たち探偵興信所PIOでは、調査に関する相談をすべて無料で受付しています。

法律を厳守しつつ依頼者が後悔しない調査を実施していますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら