探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵の調査は違法?ストーカーにならないのか?

探偵と言えば、張り込みや聞き込み、尾行など、調査対象者を追跡して情報収集するイメージを持っている方が多いでしょう。

そんな中、下記のような疑問を持っている方はいませんか?

・探偵の調査はストーカーにならないのか?

・探偵の調査が違法にならないのはなぜ?

確かに、街中で尾行や張り込みをする探偵に対して、ストーカーにならないのか心配になりますよね。

そこで今回は、探偵の調査とストーカーとの違い、違法にならない理由や違法として扱われるケースについて解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の3つです。

・探偵の調査がストーカーにならないのかどうかが分かる

・探偵の調査が違法にならない理由やなるケースを把握できる

・探偵に対する信頼感が強くなる

本記事を参考に、探偵に関する正しい知識を身に付けましょう。

探偵の調査はストーカーにならないのか?

まずは、探偵の調査はストーカーにならないのか解説していきます。

探偵にとって尾行や張り込みはつきもの

探偵にとって、尾行や張り込みはつきものです。

調査対象者の居場所付近で張り込みし、調査対象者が移動を開始したら情報収集のために尾行します。

これだけ聞くと、ストーカーが行う付きまといや監視とあまり変わらないように思えますよね。

中には実際に、探偵の調査がストーカーと同一視されてしまうケースも。

しかし、探偵とストーカーが同じ存在ではない明確な理由が存在します。

探偵の調査はストーカーにならない

探偵の行う調査は、ストーカーにはなりません。

そもそもストーカーは、「ストーカー規制法」に定義が記載されています。

その定義とは、特定の人物に対して恋愛・好意の感情、またはそれが満たされないことから来る恨みを晴らすためにつきまといや監視行為をすること。

探偵の場合、調査対象者を尾行したり張り込みをしたりするのは、恋愛感情などではなく仕事だからです。

あくまで依頼人のために仕事をしているだけなので、ストーカーの定義には当てはまりません。

ストーカーの依頼を間接的に受けてしまったら法律違反

探偵は直接ストーカーになることはありませんが、ストーカーの依頼を受けてしまった場合は法律違反となります。

また、依頼者がストーカーであることを知りながら依頼を請け負ってしまっても、もちろんストーカーの共犯として罰せられます。

探偵の調査はなぜ違法にならない?

ここからは、探偵の調査が違法にならない理由などについて解説していきます。

探偵業法により認められている

探偵の調査は、原則として合法と認められています。

その理由としては、探偵は探偵業法に記載されている「探偵業務の定義」に該当する調査を行っているためです。

探偵業法には、「依頼人から依頼を受け、尾行・張り込みといった方法を用いて調査対象者を調べ、結果を報告することが探偵業務」と記載されています。

そのため、探偵の調査は正当なものとして扱われているのです。

探偵だからと言って何でもして良いわけではない

探偵は法律で認められているからと言って、何でもして良いわけではありません。

例えば、尾行などの調査が調査対象者にとってつきまとい、迷惑行為だと認識された場合、軽犯罪法や迷惑防止条例違反となってしまうことも。

また、調査対象者に恐怖や不安を与える調査については、探偵業法違反になりかねません。

探偵の調査が違法になる3つのケース

最後に、探偵の調査が違法になるケースをご紹介します。

違法になる具体的なケースとしては、下記の3種類。

・公安委員会に届出をせずに営業する

・プライベートで尾行や張り込みをしている

・調査中に法律違反をした

それでは1つずつ解説していきます。

公安委員会に届出をせずに営業する

探偵として仕事をするには、管轄の都道府県公安委員会に届出をする必要があります。

もし、公安委員会に届出をせずに営業した場合は探偵業法違反となります。

プライベートで尾行や張り込みをしている

探偵の尾行や張り込みが認められているのは、仕事として行っている場合のみ。

もしプライベートで尾行や張り込みをし、相手にバレて警察に相談されてしまうと迷惑防止条例違反となります。

また、探偵として実際に働いている方でも、仕事とは関係なく尾行や張り込みといった行為をするとストーカー規制法違反となります。

調査中に法律違反をした

例えば、他人の敷地に監視カメラを設置したり、車にGPSを取り付けるなどの行為をした場合、住居侵入罪や器物損壊罪に問われる可能性があります。

また、上述した通り調査対象者に恐怖や不安を与える調査をした場合も、探偵業法違反として扱われます。

尾行や張り込みするなら、合法として認められている探偵に依頼しよう

探偵の調査は、ストーカーにならないのか疑問に思うかもしれませんが、探偵業法で認められたれっきとした合法の行為です。

ただし、公安委員会に届出をしていなかったり、私的に張り込みや尾行をしていた場合は、探偵であれど法律違反として罰せられる可能性が高いです。

探偵という存在でも罰せられるケースがあるため、自力で尾行や張り込みをするつもりの方はなお要注意です。

もし尾行や張り込みをしたい相手がいるなら、届出を出してしっかりと認められている探偵に依頼すると良いでしょう。

私たち探偵興信所では依頼相談を無料で受付しているので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら