探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気の慰謝料はどのくらいが相場?計算方法はある?

パートナーに浮気をされたら、浮気相手に慰謝料を請求しようと考える方がほとんどです。

しかし、いざ慰謝料を請求しようとしても、「一体どのくらい慰謝料を払ってもらえるの?」と疑問に思うもの。

なるべく高額の慰謝料を請求したいものですが、事前に計算方法や相場を知っておかないと自分では決めにくいですよね。

そこで今回は、浮気の慰謝料相場や計算方法、慰謝料を高額にするポイントについて解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の3つ。

・浮気の慰謝料相場が分かる。

・慰謝料の計算方法や減額の要因が分かる。

・高額の慰謝料を獲得できる。

本記事を参考に、自分を裏切ったパートナーになるべく多くの慰謝料を請求しましょう。

浮気の慰謝料はどのくらいが相場?

まずは、浮気の慰謝料相場について解説していきます。

浮気の慰謝料相場は3パターンある

浮気の慰謝料相場は、離婚や別居の有無によって大きく異なります。

具体的な例としては下記の通り。

・浮気が原因で離婚に至った場合は200~300万円。

・浮気が原因で別居に至った場合は100~200万円。

・浮気はされたが離婚しない場合は50~100万円。

自分の状況と照らし合わせながら、請求できる慰謝料の額をイメージしておきましょう。

パートナーと浮気相手の両方に慰謝料は請求できる?

慰謝料は、浮気したパートナーだけでなく浮気相手にも請求できます。

もし浮気相手にも慰謝料を請求するなら、必ず浮気関係を解消する旨を記載した誓約書を書いてもらいましょう。

【計算方法はなし】浮気の慰謝料が減額される7つの要因

気になる浮気の慰謝料請求ですが、実は決まった計算方法がありません。

慰謝料というものは、被害者が受けた精神的苦痛の代償として支払うお金のこと。

被害者が受けた精神的苦痛の度合いによって金額が変わるため、機械的に計算するのは不可能なのです。

それを踏まえたうえで、ここからは浮気の慰謝料が増減される要因について深堀していきます。

具体的な要因は下記の7つ。

・浮気発覚前の夫婦仲

・夫婦の婚姻期間

・浮気の期間

・子どもがいるかどうか

・反省・謝罪の有無

・浮気の主導者は誰か

・慰謝料を請求する相手側の収入・資産状況

それでは1つずつ深堀していきます。

浮気発覚前の夫婦仲

パートナーの浮気が発覚する前から夫婦仲が険悪な場合、慰謝料は減額されます。

反対に、今まで円満だった夫婦仲が浮気によって悪くなったなら、慰謝料が増額される可能性もあるでしょう。

夫婦の婚姻期間

婚姻期間が長い場合、慰謝料が増額される傾向にあります。

反対に、婚姻期間が短い場合は、慰謝料が減額される可能性もありますよ。

浮気の期間

パートナーがどのくらいの期間浮気していたかどうかでも、慰謝料の金額は変わります。

浮気をしていた期間が長い場合は増額、1回きりの浮気や短期間であれば減額されることがほとんどです。

子どもがいるかどうか

子どもがいるのに浮気をしていた場合は、子どもがいない場合と比べても慰謝料は高めです。

また、子どもがいて離婚する場合は、慰謝料に加えて養育費も請求可能です。

請求できるトータル金額もさらに増額されます。

反省・謝罪の有無

もし、パートナーが浮気の事実を素直に認めて反省や謝罪をしていた場合、慰謝料が減額される可能性もあります。反対に、浮気の事実を認めずに反省や謝罪の意思が感じ取れない場合は、慰謝料も自ずと増額されていきます。

浮気の主導者は誰か

パートナーが主導で浮気をしていた場合、パートナーに対する慰謝料が増額される可能性が高いです。反対に、浮気相手が主導となって関係を続けていた場合は、浮気相手に対する慰謝料が増額されます。

慰謝料を請求する相手側の収入・資産状況

パートナーや浮気相手に慰謝料を支払う財力がない場合、慰謝料が減額される場合がほとんどです。反対に、ある程度財力がある場合は、慰謝料の増額も認められやすいです。

浮気の慰謝料を高額にする2つのポイント

最後に、浮気の慰謝料を高額にする2つのポイントについて解説していきます。

具体的なポイントとしては下記の通り。

・深刻な被害を受けたことをアピールする

・浮気を証明できる有力な証拠を入手する

それでは1つずつ解説していきます。

深刻な被害を受けたことをアピールする

慰謝料は、被害者が受けた精神的苦痛の度合いによって金額が変わります。

もし、高額の慰謝料を獲得したいのであれば、自分がどれだけ深刻な被害をうけたかをしっかり主張しましょう。

浮気を証明できる有力な証拠を入手する

浮気の事実をしっかり主張できていたとしても、パートナーがその事実を否定していれば希望の慰謝料額を獲得できない可能性があります。

そんなときに重要なのが、パートナーが言い逃れできないような証拠を入手すること。

肉体関係の事実が明確に分かる証拠があれば、なお心強いでしょう。

浮気の証拠を入手するなら探偵を雇うのがおすすめ

いかがでしたか。

浮気の慰謝料には計算方法が存在しません。

自分が受けた精神的苦痛がどれほどのものかによって金額が決まるため、アピールや浮気の証拠が重要となってきます。

そこでオススメしたいのが探偵の浮気調査。

浮気調査のプロである探偵なら、肉体関係の事実が明確に分かる有力な証拠を入手できます。

私たち探偵興信所PIOでは、浮気調査に関する相談を無料で受け付けているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら