探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

興信所による人探しの料金は?依頼するメリット・節約方法を紹介

家出した家族、過去に出会った知人を探すために、興信所への依頼を検討する人は多いでしょう。興信所による人探しの料金は、依頼内容によって異なり、情報量や調査期間など、人探しの難易度が高い案件は料金が高額になる可能性があります。

本記事では興信所に人探しを依頼した際の料金について紹介します。興信所が用意している料金タイプや依頼するメリット、料金を節約する方法にも触れていきます。

興信所による人探しを検討している方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

興信所に人探しを依頼したら料金はいくら?

興信所による人探しの費用相場は4~100万円。費用に差が生じるのは、依頼主によって状況が異なるためです。

ひと言に人探しといっても状況はさまざま。家出調査なのか、昔の知人の居場所を突きとめたいのか、あなたが探したい人の情報をどこまでもっているのかなど、ケースによって費用は変動するため、一概にいくらとはいいきれません。

また、人探しの調査期間や調査員の人数によっても料金が変動。人探しの難易度が高いほど料金がかかります。

興信所によって料金タイプが異なる

興信所には、大きく分けて3つの料金タイプがあります。

調査期間や調査員の人数がセットになっている定額タイプや1時間あたりの調査費用が決められている時間料金タイプ、成果に応じて費用が変わる成功型報酬タイプなどです。

詳しく見ていきましょう。

調査が長期間に及びそうなら定額タイプ

定額プランは、いわゆるパック料金。調査員の人数や調査期間が決められているため、追加料金の加算が心配な方も安心です。

状況によっては1週間で見つかることもあれば、数ヶ月かかるケースもあります。

人探しの調査が数週間から何ヶ月もかかる見込みがある場合や、人探しの予算が確定している方におすすめの料金プランです。

ただし、比較的短期間で対象者が見つかった場合は、相対的に費用が高くつくことが考えられます。

対象者が短期間で見つかりそうなら時間料金タイプ

調査員1人につき1時間あたりの調査費用が決まっているタイプの料金形態です。調査対象者の居場所におおよその見当がついている方におすすめします。

興信所による人探しの期間は、平均して10日~2週間です。この日数よりも短い期間で探したい人が見つかる可能性が高いなら、時間料金タイプがよいでしょう。

ただし、調査時間や調査人員が増加すると支払う費用が高くなるため注意しましょう。

発見の成功率を高めたいなら成功報酬タイプ

最初に着手金を支払い、人探しの成果に応じて追加で支払うタイプです。

成功報酬タイプには、調査期間や調査員の人数に限界がありません。臨機応変に調査時間を変更できます。人探しにかかる金額よりも、対象者が見つかることを優先に考える方におすすめです。

料金は文字通り人探しが成功したときに報酬が発生しますが、何をもって成功とするかはケースによって異なります。

探している人の所在を明らかにすることなのか、調査対象者の姿を確認することなのかなど、あなたがどのような結果を求めているのか、事前に興信所との認識を合わせておきましょう。

人探しは自分でできる?興信所に依頼するメリット

自分で人探しをすることは可能です。

ただ、個人でおこなう人探しは、興信所よりも人員の確保が難しいでしょう。仕事や家事などの日常があるため、時間的な制約から人探しが長期に及ぶ可能性があります。

加えて、人探しを自分でおこなうと、結果として探したい人が発見できないケースもあるでしょう。興信所に依頼するよりも費用を抑えられるかもしれませんが、効率がよいとはいえません。

人探しのノウハウや知識をもった興信所の調査なら、対象者を発見できる確率が高まり、あなたの負担を軽減できるメリットがあります。

発見できる確率が高まる

興信所の調査員は人探しのプロです。調査力に長けた経験豊富な調査員の手に人探しを委ねると、探している人を発見できる確率が高まります。

とくに家出人を探したい場合は対象者が遠くに行く可能性があり、時間が経過するほど見つかりにくくなります。対象者がどこへ行ったのかわからなくなるため、個人で探すことが難しいでしょう。

調査が広範囲に及ぶと人探しが困難になるだけでなく、料金が高くなる可能性があります。

探している人が見つかる確率をアップさせるには、できるだけ早く興信所に相談することが大切です。

自分にかかる負担を軽減できる

興信所による人探しは、あなたの手間や精神的な負担を軽減できます。

自分で人探しをおこなうと時間や労力を使います。また、自分で入手した情報が真実とは限りません。限られた時間を使い、人探しのために遠方へ足を運んでも、徒労に終わることが考えられます。

さらに、精神的な負担になるケースもあります。最終的に探している人が発見できるかどうかがわからず「いつまで探し続けるんだろう」と感じ、諦める人もいるでしょう。

効率よく人探しをするなら、興信所への依頼がおすすめです。

興信所の人探し|調査料金を節約する方法

興信所の人探しにかかる費用を節約するなら、できる限り対象者の手がかりを集めることが大切です。情報がたくさんあれば調査員が調べる範囲が絞られ、人探しの難易度が下がり、調査期間や人員削減につながります。

また、複数の興信所に見積もりを出してもらい、費用を比較することも有効です。

手がかりを集める

興信所に人探しを依頼する際は、対象者に関する情報をできる限り提供しましょう。

探したい人の名前や写真、生年月日に加え、かつて居住していた地域や勤務先や役職、交友関係、趣味嗜好など、できるだけ多くの情報があると調査がはかどります。

家出人を探す場合は早めの対応が肝心です。持ち物や服用している薬、手紙、日記などからヒントが得られる可能性が高いでしょう。

調査の範囲を決める

探したい人の居場所がある程度わかっているなら、少数の調査員でも人探しが可能です。調査の規模を縮小し人員を減らすことで、興信所に支払う人探しの費用を削減できます。

もし、あなたがすでに自分で調査し、足を運んだ場所で得た情報があるなら、興信所の調査との重複を防ぐためにも興信所に伝えましょう。

複数の興信所に相談する

人探しの費用を比較するために、1~3社の興信所に相談し、見積もりを依頼しましょう。同じ料金タイプでも、興信所によってかかる費用が異なります。

人探しの予算や探したい人の状況、あなたとの関係、希望する調査期間などを興信所に伝えてください。

興信所に相談する際は料金だけでなく、人探しの実績や相談時の対応も含め検討するとよいでしょう。

人探しをしたいなら興信所に無料相談がおすすめ

「時間や労力をかけずに人を探したい」なら、人探しの経験と知識をもった興信所がおすすめです。

とくに家出人を探す場合は、1日も早く調査に取り掛かることが発見する確率が高まります。

個人で闇雲に人を探すよりも、まずは興信所に相談してみませんか。まずはできる限りの情報を集め、興信所へ問合わせることが探したい人の発見につながります。

探偵興信所PIOでは無料相談をおこなっています。あなたの予算や状況に合わせて人探し調査の詳細をご提案いたしますので、お気軽にご連絡ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら