探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

妻の浮気!あなたが離婚に向けてすべきこと

信じていた妻の浮気が発覚したら、ショックを受けるのも無理はありません。

そんな妻とは縁を切りたいと思い、離婚を決意する方も多いでしょう。

そこで今回は、妻の浮気による離婚に向けてすべきことや、慰謝料をもらっても損をするパターン、離婚の進め方について解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の3つです。

・離婚に向けてあなたがすべきことを把握できる。

・慰謝料をもらっても損をするケースが分かる。

・妻の浮気のよる離婚をスムーズに進められる。

それでは1つずつ解説していきます。

離婚に向けて妻の浮気を明確にしよう

妻と離婚をする前に、妻の浮気を証明するための証拠を集める必要があります。

なぜなら、証拠の無い状態で妻に迫っても、浮気の事実を認めない可能性があるからです。

また、妻に慰謝料を請求する際にも浮気の証拠が必要になるため、必ず集めておくようにしましょう。

浮気調査で妻の浮気を明確にする

妻の浮気を明確にするには、浮気調査で証拠を集める必要があります。

浮気調査は自分で行うパターンと探偵に依頼するパターンがありますが、おすすめは探偵に依頼するパターン。

浮気調査のプロである探偵なら、自力で調査するよりも妻にバレずに有力な証拠を集められますよ。

浮気の証拠となるもの

浮気の証拠となるものは、妻と浮気相手との間に肉体関係があるかどうか判断できるものです。

具体的な例としては、主に下記の通り。

・妻と浮気相手がラブホテルに出入りしている写真や動画。

・妻と浮気相手がどちらかの自宅に出入りしている写真や動画。

・妻と浮気相手が性交渉をしている写真や動画。

どのような証拠でも離婚・慰謝料請求に使えるわけではないため、浮気の証拠になるものは必ず把握しておきましょう。

浮気の証拠にならないもの

皆さんからすると「これは浮気の証拠になるだろう」と思っているものも、離婚や慰謝料請求には役立たない可能性があります。

浮気の証拠にならないものの例としては、主に下記の通り。

・妻と浮気相手がキスをしている写真や動画。

・妻と浮気相手のツーショット写真。

・妻と浮気相手が連絡を取っているLINEやメールの履歴。

浮気の証拠になるものがどれかは自身で判断しづらいため、やはり浮気調査のプロである探偵に任せてしまった方が効果的と言えるでしょう。

慰謝料をもらったはずが損をする3つのケース

妻の浮気によって受けた精神的苦痛に対して慰謝料を請求する場合、時にはあなたが損をしてしまうケースもあります。

具体的な例としては、主に下記の3つです。

・妻が親権者になった

・夫の年金納付額が多い

・退職金をすでにもらっている

妻への慰謝料請求であなたが損をするケースをしっかり把握して、後悔しない選択をとれるようにしましょう。

妻が親権者になった

浮気した妻が親権者になった場合、あなたには毎月子どもの養育費を支払う義務が生じます。

養育費の支払い義務は子どもが20歳になるまで続くため、離婚時に子どもが幼ければ幼いほど多額の養育費を支払う必要があるのです。

夫の年金納付額が多い

離婚時に妻と分け合う必要がある年金。

もし妻よりあなたの年金納付額が多い場合、年金の分割によって保険料の一部が妻に与えられた結果損をするケースがあります。

また、年金分割の比率は50-50と決まっているため、自分のもらえる金額を増やしてもらうことができないのです。

退職金をすでにもらっている

あなたがもらった退職金は、すべて自分のものではなく離婚時の財産分与対象になります。

その結果、慰謝料額よりも多い金額を妻と分け与えることになるケースも充分にあり得ます。

妻の浮気で離婚する場合の進め方

ここからは、妻の浮気で離婚する場合の進め方について解説していきます。

妻と離婚する場合は、原則下記の順で進めていくことになります。

・協議離婚

・離婚調停

・離婚裁判

それでは1つずつ解説していきます。

協議離婚

協議離婚とは、夫婦同士の話し合いで離婚を決める方法です。

またこの際に、離婚の話し合い以外にも慰謝料請求の有無や金額も決めましょう。

しかし、あくまで話し合いになるため、お互いの言い分に納得できずに離婚が進めない可能性もあるので注意してください。

離婚調停

夫婦間の話し合いが進まない場合は、裁判所で協議を斡旋してもらう離婚調停に進みます。

調停委員と裁判官に間を取り仕切ってもらい、冷静に話し合いをして離婚を成立させましょう。

また、離婚調停は弁護士を雇って代理人にできるため、話し合いが苦手な方は無理せず利用してみると良いでしょう。

離婚裁判

離婚調停でも話が進まない場合は、離婚を求める裁判を行います。

離婚裁判では浮気の事実と証拠を考慮して判断を行うため、妻の浮気を明確にする証拠が必要になります。

必ず探偵に浮気調査を依頼して、妻の浮気をしっかり証明してみせましょう。

浮気調査の依頼を迷っているなら、無料相談を利用してみよう。

妻の浮気による離婚をスムーズに進めるなら、確固たる浮気の証拠が必要不可欠です。

また、慰謝料請求でも活躍するため、必ず探偵に浮気調査を依頼しましょう。

私たち探偵興信所PIOでは、浮気調査に関する相談を無料で受け付けています。

経験豊富なアドバイザーがあなたの悩みを親身になって聞いてくれるので、ぜひ気軽にお問い合わせしてみてください。

本記事が、あなたのお役に立つことができれば幸いです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら