探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

Facebookで不倫を見破るには?バレない方法も伝授

スマートフォンの普及により、日常の出来事やプライベートな写真を掲載するSNSを使う人が急増しています。アドレス帳に登録されている電話番号から自動的にSNS上でもつながったり、友人の可能性がある人が予測されて表示されたりして、つながりが広がっていくシステムです。こうして、気軽に人とのコミュニケーションできる一方で、問題になっているのがSNS上での不倫です。中でもFacebookは、実名登録を推奨しているので、お互いに信頼しやすい環境が整っていると言えるでしょう。この記事では、Facebookでの不倫の特徴を上げて、どうやって証拠を集めるかご紹介します。

Facebookが不倫につながるパターンとは

初めにFacebook上で不倫する人は、どうやって不倫相手と出会うのかご紹介します。

元恋人や知人と再会

Facebookは、他のSNSと違って実名で登録することから、元恋人や昔の知り合いとつながりやすい仕組みです。アカウントを開設して知人を「友達」登録すると、そのデータをもとに共通の知り合いが表示されます。Facebookがきっかけで、連絡を取り合うようになった昔の知り合い人と浮気するケースが見られます。

実名登録なので信用されやすい

Facebookのアカウントは基本的に実名での登録を推奨しています。そのほか、勤務地や学歴といった情報を記載する人もいるので、プロフィールを見て安心してしまい、知らない人でもFacebook上の情報のみで信頼することがあります。また出会いを目的にした人と知り合い、浮気につながるパターンもあります。

Facebookでパートナーを検索する際に知っておきたいこと

Facebookで浮気調査する際には、アカウントの登録が必要です。ここでは、まだアカウントを開設していない人向けにどういった設定にすれば浮気調査していることに気づかれにくいかご紹介します。また、パートナーのアカウントを見つける方法や、パートナーと一緒に使っているパソコンがある人向けの調査方法もお伝えします。

パートナーを検索する前にアカウントの設定を見直そう

Facebookを見るにはアカウントの登録が必要で、まだ登録していない人はアカウント開設時に気をつけておきたい点があります。アカウントの登録では、携帯電話の電話帳とSNSを連携させるよう求められますが、これを承認してしまうとパートナーに気づかれてしまうので承認せずスキップしておきましょう。また、友達リクエストができる画面が出てきますが、これもやらない方が良いです。メールアドレスで検索されて、アカウントが特定させる恐れもあるので、登録前にフリーメールを取得し、どこともリンクしていない状態で始めるのがベストです。

パートナーのアカウントの探し方

パートナーのアカウントを探す方法として、見つけやすいのはフルネームでの検索です。大抵の場合、この方法で見つけられますが名前を英語表記にしていたり、同姓同名が多かったりすることもあります。アカウントが特定できなかったら、メールアドレスや電話番号で検索すると出てくるかもしれません。

一緒に使っているパソコンがあれば、浮気の証拠を見つけやすい

もし、一緒に住んでいるパートナーの浮気を疑っているなら、共同で使用するパソコンをチェックしてみましょう。Facebookはログインする度にパスワードを入力しなくて良いので、自動的にその人のページに入れる可能性があります。また、自動的にログインされない場合でも、パスワードが勝手に表示されることもありますが、他人のアカウントにパスワードを使ってログインするとプライバシーの侵害に当たります。ただし、夫婦の浮気調査の場合だとプライバシー侵害の度合いが低く損害賠償が認められないか、認められても少額で済む事があります。配偶者が浮気をしていても、プライバシーの侵害になることに違いないことを覚えておきましょう。

Facebookで浮気を見破る3つの方法

最後にFacebookで浮気の証拠を見つける際に見ておくべきポイントを3つご紹介します。

パートナーの投稿にタグ付けされている人を探す

Facebookには、タグ付けという機能があり、これを使えば写真に写っている人の名前が出てきて、そのタグをクリックするとその人のページに飛べます。ただし、浮気相手の写真をタグ付けする人は少ないので、よく遊んでいる友達のページをチェックし、ふ女性と写っている写真がないか探してみるのも一つの手です。

パートナーの友人の投稿をみる

パートナーの友人の投稿は全てチェックしておきましょう。例えば、複数の友人と会うと言って出かけた日に、その人たちの投稿をチェックしましょう。そのうちの何人かが同じような光景の写真をアップしているか見ておきましょう。その日のパートナーの服装も覚えておいて、写真に写っていないか確認し、コメント欄にも目を通しておくと手がかりが見つかるかもしれません。

「いいね」や友達をチェックする

パートナーが誰に「いいね」を押しているか確認しましょう。また、パートナーの投稿した記事に誰がコメントを書き「いいね」をしているかもチェックしておき、誰と久しくしているかを特定しておくと解決の糸口になるかもしれません。

浮気が確定した場合の行動

Facebookで証拠を集めるうちにパートナーの浮気が確定したら、相手への不信感でいっぱいになり、感情的になってしまうかもしれません。ここでは、パートナーが浮気していると気づいた際に取るべき行動を3つご紹介します。

不倫相手とはFacebook上で関わらない

配偶者の不倫相手と見られる人のアカウントをFacebookで見つけても、連絡を取って不倫の事実を突きつけないでおきましょう。不倫が原因で精神的苦痛を与えられたとして、不倫相手に慰謝料を請求する場合、配偶者と不倫相手の間に肉体関係があったかどうか証明する必要があります。強い証拠となるのは、配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りしている瞬間を撮影した写真などです。配偶者の不倫相手と話したい場合、そういった強い証拠をつかんでからにした方が有利になるでしょう。

浮気相手の名前、職場、顔写真などの情報を集めておく

浮気の事実を確認しても、すぐにパートナーに言わずに浮気相手の名前や職場、顔写真などの写真を集めておきましょう。離婚するにせよ、パートナーとの関係を改善するにせよ、浮気の証拠を集めておいた方が身のためです。離婚する場合は、Facebookで集めた情報をもとにパートナーと浮気相手の間に肉体関係があった証拠を集められると慰謝料の請求が可能です。パートナーとの関係を再構築する場合は、浮気をきちんと認めさせ、二度と同じことを繰り返さないと約束させる必要があります。確たる証拠がなければ、浮気を認めず言い逃れする人も少なくありません。そうしたことからも、Facebookで得た情報を元に強い証拠を集めた方が良いでしょう。

Facebook以外もチェックして浮気の証拠を探す

先ほどもお伝えした通り、浮気の証拠としては、パートナーと不倫関係の肉体関係を証明するものを集めなければいけません。そういった証拠は、Facebook上では見つけられないので、他の方法で探す必要があります。最も一般的な方法として、パートナーを尾行して浮気相手とホテルに行く瞬間を狙います。調査は夜に行われることも多く、そういった環境では、高性能な機材が必要になってきます。

SNSで集めた情報をもとにさらに強い証拠を集めましょう

これまで、Facebookを活用した浮気調査についてご紹介しました。実名登録で、友達とのつながりが見えやすいFacebookだからこそ、情報を探していけば有力なものが見つかる可能性が高いでしょう。これらの情報をもとに自分で調査も可能ですが、途中で気づかれて関係が悪化する恐れもあるので、浮気調査のプロである探偵に依頼するのも一つの方法です。

PIO興信所探偵社では、浮気調査に関する相談を無料で受け付けています。

浮気相手の実名や勤務先がわかっていると、捜査の時間が短縮される可能性もあります。少しでも依頼したいと思ったら、ぜひお気軽に相談してみてくださいね。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら