探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気現場に遭遇!やってはいけないNG行動とおすすめの対処法を紹介

信頼していたパートナーの浮気現場に遭遇してしまったら、平常心を保てる人は少ないでしょう。感情が高まり、思わぬ行動をとってしまう方がいるかもしれません。しかし、まずは落ち着くことが大切です。あなたが冷静さを取り戻さなければ、今後の行動で選択を誤る可能性があります。

本記事ではパートナーの浮気現場に遭遇したときのNG行動や対処法を紹介します。浮気を目撃した後におこなうことにも触れていきますので、最後まで読んで参考にしてください。

浮気現場に遭遇したときのNG行動

まずは落ち着いてください。これが今、最優先であなたがすべきことです。深呼吸をして冷静になってから、あなたの身に起こった状況を整理しましょう。

パートナーの浮気現場に遭遇という予測不能な事態に居合わせたあなたは今、混乱しているのではないでしょうか。感情に任せて、浮気現場に乗り込むことはやめましょう。

あなただけでなく、あなたのパートナーやその浮気相手がどのような行動に出るかわかりません。あなたの行動によっては、被害者であるあなたが加害者になる可能性もあります。しかし、何もせず離れるのもNGです。パートナーが浮気をしている様子を証拠として写真に収めましょう。詳しく解説します。

浮気現場に乗り込む

浮気現場に遭遇した際、あなたは冷静でいられない可能性が高いでしょう。怒りに身を震わせ、湧き上がる悲しみをぶつけようと現場へ突入したい気持ちは、どうか抑えてください。

予測不能な展開だけに、その場に居合わせた人が混乱し、どのような行動にでるかわかりません。感情のままにパートナーやその浮気相手に暴力を振るってしまうと、あなたがこの先の展開で不利になります。

その場にいるあなたがパートナーや浮気相手に見つかっていてもいなくても、とにかく浮気現場に踏み込まないようにしましょう。

何もせずその場を離れる

パートナーの浮気現場に遭遇した瞬間は、目を疑う現実を前にし、その場を離れたいと考えてしまいます。しかし何もせず立ち去ってはいけません。今後どうなるのか、あなたがどうしたいのか今は考えられないでしょうが、浮気の証拠は残しておくべきです。

あなたがその場にいる今、浮気の証拠を押さえなければ、後々パートナーを問い詰めたときに話をはぐらかされて、二度と浮気の証拠が出てこなくなり後悔するかもしれません。

浮気現場に遭遇したときの対処法

冷静さを取り戻したあなたがすべきことは、浮気の証拠として写真や動画を撮影することです。続いてパートナーの浮気相手の特徴を覚えておきましょう。万が一証拠の写真が撮影できなかった際、この情報は後から役に立つかもしれません。

無事証拠を手にできたなら、浮気現場には介入せずその場を立ち去りましょう。浮気現場を目撃した当日はパートナーとの連絡を絶ち、距離を置くことをおすすめします。詳しく見てみましょう。

浮気の証拠を残す

あなたがその場にいたことがバレないのが理想ですが、バレていたとしても証拠は残しておくべきです。

証拠を残す際は、スマホに搭載されているカメラを使用しましょう。もしその場所が自宅のベッドだとしたら、浮気の決定的瞬間を写真に収めましょう。またラブホテルへ入っていく瞬間に遭遇したのなら、その場がラブホテルだとわかるようにシャッターを切ります。ホテル名が入るよう画面を調節したり、建物の全体像を収めるようにしたりするとよいでしょう。

なお、浮気の証拠は静止画、動画どちらでもかまいません。パートナーとその浮気相手が浮気をしている事実がわかる映像を残しましょう。映像が難しい場合は、スマホのボイスレコーダーを使用し音声だけでも録音して保存します。

慰謝料請求や別離など、今後どのように事態が転じても応じられるようにするには、浮気の証拠が必要です。

浮気相手の特徴を確認する

あなたの大切なパートナーと浮気した相手ですから、その顔を見たくない気持ちもあるでしょう。しかし今後のためにチェックしておく必要があります。万が一証拠を残せなかったときは、あなたが確認した特徴から、パートナーの浮気相手を特定できるかもしれません。

憎きパートナーの浮気相手はどのような特徴があったでしょうか。髪型や背丈、体型などをチェックしましょう。持ち物や服装などもこまかく覚えておくと、より今後の可能性が広がります。

浮気現場に介入せず立ち去る

証拠を入手できたなら、すぐにその場を離れましょう。あなたが見つかっていた場合、もしかしたら呼び止められるかもしれませんが、介入するのは危険です。立ち止まらずそのままその場を去りましょう。

証拠を押さえられたと気づいたパートナーやその浮気相手が逆上し、あなたに襲い掛かってくる可能性は否定できません。浮気以上のトラブルを避けるためにも、早々に撤収するのがよいでしょう。

浮気現場に遭遇した当日はパートナーと距離をとる

浮気の証拠を押さえられたあなたは、つらい気持ちを抑えその場で冷静に対処できました。しかし本当の意味で冷静ではないはずです。浮気現場に遭遇した当日はパートナーとの連絡は絶ち、心身を落ち着かせる時間を設けましょう。

パートナーと同じ家で暮らしているなら、ホテルや友人宅に泊まったり実家へ帰ったりするのがおすすめです。

今後のことは後日ゆっくり考えましょう。あなたの手元には証拠があるので、どのようにも対処可能です。あなたは今、自分で感じているよりも疲れています。なかなか寝付けないかもしれませんが、ゆっくりと休息をとりましょう。

浮気現場に遭遇した後におこなうこと

あなたはパートナーの浮気現場に遭遇した際、証拠を残しました。しかし、手元の証拠だけでは不十分な可能性があります。パートナーの浮気を確証づけるために、さらなる証拠を集めましょう。

決定的な浮気の証拠が揃ったら、パートナーとの今後について考えます。別れや関係性の修復、もし結婚しているなら離婚の選択肢もあるでしょう。あなたの気持ちと状況に整理がついたら、パートナーとの話し合いが待っています。詳しく見ていきましょう。

浮気の証拠を集める

大切なパートナーの浮気現場に遭遇し、これ以上ないくらいの悲しみに打ちつけられたあなた。しかし、あなたが必死の思いで残した証拠だけでは、浮気を確証づけるには足りない可能性があります。

たとえば、あなたがパートナーの浮気相手に慰謝料を請求するケース。パートナーの浮気相手があなたの知らない人だった場合、その人物を特定するためには、浮気現場に遭遇した際入手した証拠以外にも情報が必要です。

ただしパートナーのスマホを勝手に覗いて、その浮気相手の情報を探るのは控えましょう。他人のスマホを勝手に操作すると、プライバシーの侵害や不正アクセス防止法に抵触する可能性があるため、あなたがパートナーに訴えられるかもしれないからです。

法的効力のある確実な浮気の証拠を掴みたいなら、探偵に相談するのがおすすめです。

パートナーとの今後について考える

パートナーに対するあなた自身の気持ちや、今後の希望する関係性など客観的に見つめなおしてみましょう。今後の可能性として考えられる行動は以下の通りです。

●浮気相手と別れるよう説得し関係を継続する

●関係を継続しながら距離を置き、お互いに冷却期間を設ける

●別れる

あなたとパートナーが結婚しているなら離婚も選択肢に含まれます。2人に子どもがいるなら親権や養育費に関する内容も考えなくてはなりません。

パートナーと話し合う

いよいよ浮気の証拠をパートナーに突きつけます。話し合いは浮気現場に遭遇した日から時間を置いておこないましょう。両者とも冷静さを取り戻すことが大切です。パートナーの話を聞いた上であなたの希望を伝えましょう。

パートナーやその浮気相手に慰謝料を請求する場合は、交際にいたったきっかけや交際期間、会っていた頻度などを聞き出し、音声を録音しておきましょう。話し合いは感情的にならず落ち着いて臨むことが大切です。

浮気現場に遭遇してお悩みなら一度ご相談ください

パートナーの浮気現場に遭遇したあなたは、心身ともに疲弊状態にあるはずです。まずはゆっくり休んでから今後について考えましょう。

万が一、浮気現場に遭遇した際に証拠を押さえられなかった場合や、確実な浮気の証拠を望むなら、探偵の力を借りるのがおすすめです。探偵が浮気調査で押さえる証拠には法的拘束力があります。

パートナーやその浮気相手に慰謝料を求めるなら、法的に有効な証拠が必要です。探偵興信所PIOには、豊富な経験とスキルを兼ね備えた探偵が揃っています。あなたがパートナーの浮気現場に遭遇し、証拠集めでお悩みならぜひご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら